競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ドバイWC】ヴィクトワールピサが優勝!

 日本時間の27日未明に、メイダン競馬場で行われた世界最高賞金(1着600万ドル=約4億8000万円)のドバイワールドカップ(GI、AW2000メートル)は、M・デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。2着にトランセンドが入り、世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げた。ブエナビスタは直線で行き場を失い、8着に終わった。

 ドバイワールドカップのこれまでの日本馬最高着順は01年トゥザヴィクトリーの2着。アドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど、日本を代表する名馬たちでも勝利を挙げることができなかった。しかし、ヴィクトワールピサはその大きな壁を乗り越え、勝利をものにした。

 最高のコンビが、大震災にあった日本に勇気を与える結果を残した。

 逃げたのはトランセンド。3コーナー付近でヴィクトワールピサが後方から徐々に進出し、2番手へ。直線に入ると、逃げるトランセンド、追うヴィクトワールピサの叩き合いとなった。

 残り150メートル付近で、ヴィクトワールピサが先頭に立ち、後続の追撃をおさえてゴール。鞍上のデムーロ騎手はゴール直後、大きくガッツポーズを繰り出した。

 「日本人のために勝ちたいと祈っていました。家族のみんなありがとう。私は日本を愛しています。ありがとう」。デムーロ騎手は何度も“ありがとう”の言葉を繰り返した。

 同馬を管理する角居調教師は「本当に暗いイメージの日本国内でしたけど、3頭の日本馬で挑戦し、たまたま私の馬が勝てました。日本を元気にしてくれる結果になって良かった。先頭に立つのが早かったので、なんとか残ってほしいと思い、絶叫しました」。最後は報道陣に「サンキュー・ベリー・マッチ」と笑顔を振りまいた。

 勝ったヴィクトワールピサは、父ネオユニヴァース、母ホワイトウォーターアフェア、母の父Machiavellianという血統で、通算13戦8勝(うち海外3戦1勝)。国内の重賞は09年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)、10年弥生賞(GII)、10年皐月賞(GI)、10年有馬記念(GI)、11年中山記念(GII)を制している。



FC2 Management
[ 2011/03/27 05:58 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(3)

【弥生賞】サダムパテック快勝!皐月賞主役に堂々名乗り

【弥生賞】サダムパテック快勝!皐月賞主役に堂々名乗り
サンケイスポーツ 3月6日(日)16時7分配信


 6日、中山競馬場で皐月賞のトライアルレース「第48回弥生賞」(GII、芝2000メートル)が行われ、岩田康誠騎手騎乗で1番人気のサダムパテックが2分1秒0(良)で快勝。重賞2勝目を挙げ、クラシックの主役に堂々名乗りをあげた。

【写真で見る】弥生賞を制し、重賞2勝目をあげたサダムパテック

 アッパーイースト(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)、ターゲットマシン(牡3歳、美浦・宗像義忠厩舎)が先手を取る中、サダムパテックは好位5番手からの競馬。直線、残り1ハロン付近でエンジン全開、坂を一気に駆け上り、混戦となったゴール前の接戦を制した。

 昨年の朝日杯FS(GI)では1番人気に支持され、脚を余す形で4着に終わったサダムパテックだが、皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)と同じ舞台で中山リベンジを果たし、クラシックの主役に躍り出た。

 サダムパテックは、父フジキセキ、母サマーナイトシティ、母の父エリシオという血統で、JRA通算5戦3勝。重賞は10年東京スポーツ杯2歳S(GIII)に続いて2勝目。鞍上の岩田康騎手、管理する西園調教師はともに同レース初勝利。

 2着は松岡正海騎手騎乗で7番人気のプレイ(牡3歳、美浦・斉藤誠厩舎)、3着は京成杯2着で5番人気のデボネア(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)。この上位3頭には皐月賞への優先出走権が与えられる。



[ 2011/03/07 09:21 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

トランセンド文句なしのGI連勝、さあドバイへ!=フェブラリーS

トランセンド文句なしのGI連勝、さあドバイへ!=フェブラリーS
スポーツナビ - 2011/2/20 18:33


 JRA2011年度のGI開幕戦となるダート王決定戦、第28回GIフェブラリーステークスが20日、東京競馬場1600メートルダートで行われ、藤田伸二騎乗の1番人気トランセンド(牡5=安田隆厩舎、父ワイルドラッシュ)が優勝。好スタートからハナを奪い先頭に立つと、直後からプレッシャーをかけてくる後続勢をゴール前で逆に突き放す文句なしの逃げ切りで、昨秋のGIジャパンカップダートに続くGI連勝を達成した。良馬場の勝ちタイムは1分36秒4。
 同馬はこの勝利でJRA・GI2勝目、重賞は通算4勝目。藤田、管理する安田隆行調教師ともにフェブラリーSは初勝利となる。

 一方、初のJRA・GI制覇を目指した地方の雄・フリオーソ(牡7=船橋・川島正厩舎)は、ミルコ・デムーロのゲキに応えて直線外から猛追したものの、1馬身半差の2着に敗れ悲願ならず。また、2月いっぱいで定年を迎える池江泰郎調教師の最後のGI挑戦となった池添謙一騎乗のバーディバーディ(牡4=池江郎厩舎)は、フリオーソからクビ差遅れての3着だった。


 「とにかく負けられないレースだと思っていました」
 レース後の、藤田のこの言葉がすべてを集約していた。昨年の覇者でJRA最優秀ダートホースのエスポワールシチー、暮れの交流GI東京大賞典を快勝して本格化の兆しを見せたスマートファルコンの強力ライバル2頭が不在。ただ1頭のJRA・GIホースとしては、藤田が語ったように地力の違いを見せなければならない一戦だった。それだけに大きなプレッシャーものしかかったが、トランセンドは満点の解答で示してくれた。

 展開が楽だったわけではない。ポンと好ダッシュからハナを主張し、向こう正面ではそのままの隊列で落ち着くかと思われたのも束の間、3コーナー手前から早くもマチカネニホンバレが外からピッタリと馬体を併せ、激しくプレッシャーをかけてくる。
 「終始突っつかれる展開でしたし、ずっとプレッシャーをかけられていた。正直、最後まで脚がもつか心配でしたね」と藤田。スタンドからレースを見守った安田隆調教師も「4コーナーでは『あ~、ダメだ……』と思いました」と苦しかった胸のうちを吐露する。
 普通ならば、どうしても追われる者の立場は弱いものだが、トランセンドは違った。脅威の二の足と粘り腰を全開させると、最後の直線残り200メートルで逆にマチカネニホンバレが脱落。そこからむしろグンと後続を突き放し、バーディバーディ、さらに大外からフリオーソが猛然と脚を伸ばしてくるものの、これは2着争いが精一杯。直線入り口の不利な戦況がまるでウソのように、「ゴール100メートル手前で勝利を確信しました」と安田隆調教師が振り返ったくらいの快勝で、GI連勝のゴールに飛び込んだ。

 「1着しか考えていなかったので、ゴールするまではホッとできませんでした」と語った藤田は、大役を終えた後のインタビューでファンの声援に応える大きな笑顔。「まだ遊びながら走っているし、好位からの競馬という課題もある」と改善の余地がまだまだ残されていることも付け加えたが、これはもちろん、さらなる飛躍への期待のあらわれだ。
 「このまま無事でいってくれたら、また頑張ってくれる馬です。とにかく無事に成長していってほしいですね」
 そして安田隆調教師は、あらためてドバイ(3月26日)へGOサイン。現時点では1600メートル・オールウェザーのGIIゴドルフィンマイルに選出され、これをすでに受諾しているが、今回のフェブラリーS勝利で世界最高賞金額のGIドバイワールドカップ(2000メートル・オールウェザー)に“格上げ”する招待状が届く可能性も十分にある。
 「藤田君とも話したんですが、この馬は1800メートルよりもう少し長い方が持ち味が生きる。2000メートルの招待状が来たら、当然そちらを選ばせていただきたいですね。ドバイでも騎手は藤田君で行く予定です」

 1着賞金およそ4億8000万円を誇るドバイワールドカップには、日本からブエナビスタ、ヴィクトワールピサの芝2大巨頭がエントリー。そこに史上5頭目のJCダート&フェブラリーS連覇王者のトランセンドが加われば、日本からはかつてない強力布陣での出陣となるだろう。
 同じ“チーム日本”の一員として、そしてブエナビスタらのライバルとして、トランセンドがドバイの地でも先頭で駆け抜ける。



[ 2011/02/21 01:35 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【京都記念】トゥザグローリー重賞V2

【京都記念】トゥザグローリー重賞V2
デイリースポーツ - 2011/2/14 9:28

 「京都記念・G2」(13日、京都)
 G1馬を母に持つ厩舎ゆかりの超良血馬が、2月いっぱいで定年となる池江郎師に大きなプレゼントを運んだ。1番人気のトゥザグローリーが外から鋭く突き抜け、2度目の重賞ゲット。豪華メンバーの有馬記念で3着に入った実力を改めて見せつけた。今後は栗東・池江寿厩舎に転厩。G1制覇へ、バトンは引き継がれる。2着は5番人気メイショウベルーガ、3着には2番人気のヒルノダムールが入った。
  ◇  ◇
 手綱を託されたイタリアの名手・リスポリもその強さにしびれた。G1馬も顔をそろえた伝統の一戦で、有馬記念3着のトゥザグローリーが豪快に突き抜け、重賞V2を達成。強力4歳世代の一角を担う良血馬が、今月いっぱいで定年を迎える池江郎師に70個目の重賞タイトルをプレゼントするともに、自身のさらなる飛躍をアピールした。
 好スタートからインの3番手を追走し、抜群の手応えで勝負の瞬間を待った。直線では馬場の七分どころへ。進路を外に取ると、鞍上のゲキが飛ぶ。先に抜け出した同世代のヒルノダムールを力強くパスし、メイショウベルーガの追撃を許さずにゴールを貫いた。
 「3角の位置取りから勝てるだろうと思っていた。本当に強い馬。乗っているだけでした。乗せてもらえて光栄です。池江(郎)先生に(重賞勝ちを)プレゼントでき、とてもうれしい」とリスポリは瞳を輝かせた。
 母トゥザヴィクトリーも手掛けた市川厩務員に、調教担当は池江助手。“チーム・ディープインパクト”でつかんだ鮮やかなVに「返し馬では掛かり気味にいくが、そういうイメージで乗られると困るので“レースでは問題ない”とだけジョッキーには話していた。体も精神面も大人になった。他人ごとみたいだけど、強かった。先生にいい報告ができる」と池江助手に笑顔がこぼれる。
 3歳の3月にデビューし、ダービー(7着)にまで駒を進めた。東京競馬場での観戦となった池江郎師は「1年足らずでここまできたのはすごいこと。よく頑張ってくれた」と話し、今後は息子である池江寿師にバトンを渡す素質馬の成長を喜んだ。20日のフェブラリーSでは、バーディバーディで最後のG1へ臨む。名伯楽の戦いはまだまだ終わらない。



[ 2011/02/14 11:39 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇
デイリースポーツ - 2011/2/14 9:28


 「共同通信杯・G3」(13日、東京)
 ディープインパクト産駒が4頭出走して話題を呼んだが、09年のセレクトセールで1050万円で取引された、ステイゴールド産駒のナカヤマナイトがまとめて撃破し重賞初制覇。インから末脚を伸ばし、先に抜け出していた2着ユニバーサルバンクを首差かわした。3着にディープ産駒のディープサウンド。1番人気で同じくディープ産駒のダノンバラードは、見せ場なく9着に敗れた。
  ◇  ◇
 狙い澄ましたようなイン突きだ。道中は後方で折り合いに専念していたナカヤマナイトが、ラスト1Fで内ラチと馬群の狭いところを突き抜けてゴール。騎士がこん身の一撃で相手を仕留めるような、鮮やかな競馬で重賞初制覇を達成した。
 いつもより後ろの位置取りになったが、柴田善は「ゲートの中でソワソワして、バランス良く出られなかった」と振り返る。イメージとは違う展開になったが、無理をせずに折り合いに専念。それが吉と出た。7戦全ての手綱を取るが「一戦一戦、背中の感触が良くなり、100%の力を出せるようになっている。思っている以上に成長が早い」と愛馬をたたえた。
 “ナカヤマ”の冠で思い出されるのは、昨年の凱旋門賞2着馬ナカヤマフェスタ。ナイトも深い関わりがある。実はナカヤマナイトという名は、ナカヤマフェスタの第2候補だった。ナイトがデビューする前、一昨年の秋に亡くなったフェスタの元オーナー・和泉信子さんが考えた名前。それだけに、信子さんの父であり、フェスタ、ナイトのオーナー・信一さん(84)は感慨深げだ。「(フェスタと)同じステイゴールド産駒ですからね。勝ててうれしいし、オーナーみょう利に尽きます」と笑顔を見せた。
 このあとは皐月賞(4月17日・中山)へ直行する。「あまり数を使いたくないし、これで休めるのはいい。中山と東京で勝ったわけだしね」と、二ノ宮師はクラシックを意識する。良血ディープインパクト産駒を蹴散らした勢いそのままに、クラシック戦線でも大暴れする。



[ 2011/02/14 11:35 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。