か行の競走馬 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8歳カンパニー悲願のGI! 横山典「人間の想像を超えた馬」=天皇賞・秋【競馬ニュース】

8歳カンパニー悲願のGI! 横山典「人間の想像を超えた馬」=天皇賞・秋
スポーツナビ - 2009/11/1 19:45

 8歳老雄、悲願のビッグタイトル! JRA秋の最強馬決定戦・第140回GI天皇賞・秋が1日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、横山典弘騎乗の5番人気カンパニー(牡8=音無厩舎)が中団追走から直線鋭く抜け出すと、猛追する1番人気ウオッカ(牝5=角居厩舎)を寄せ付けず待望のGI初制覇。前哨戦のGII毎日王冠に続いてGI大舞台でも女王を破り、秋の最強馬の座に就いた。勝ちタイムは1分57秒2のレコードタイ。
 同馬はこれが通算34戦目、GIでは13戦目での悲願のビッグタイトル。また、8歳馬によるJRA平地GI勝利は史上初の快挙となった。

 一方、連覇の期待がかかっていた武豊騎乗のウオッカはインから猛然と追い込むも、3着に敗戦。史上2頭目の快挙、また史上最多タイとなるJRA・GI7勝目はならなかった。なお、1着から1馬身3/4差の2着には北村宏司騎乗の7番人気スクリーンヒーロー(牡5=鹿戸雄厩舎)が入った。

◇ ◇ ◇

 ついに届いたGIタイトル。大役を最高の形で務めた横山典が、笑顔満開で振り返った。
 「本当に馬が素晴らしいですね。また、これだけの仕上げをしてくれた音無先生や厩舎スタッフのみなさんが、カンパニーをここまで大事にしてきたからこそ、きょうの勝利があると思います。やっぱり、ここまで来る過程が大事ですから。その上で、自分もいい騎乗ができて、結果を残せて本当に良かったと思っています」
 カンパニーの全34戦中、昨年3月のGII中山記念1着からコンビを組み始め、今回が11戦目。横山典は「初めて乗った時からGIを勝てる馬だと思っていました」と、同馬の素質を高く評価していた。そのとおり、GIIならば鮮やかな競馬で勝つことができる。それでも、最大目標であるGIとなると、どうしてもあと一歩が足りない。
 しかし、この日はその“あと一歩”を埋めるのにお釣りが来るくらい、過去最高の状態に仕上がっていたのだ。
 「毎日王冠よりも出来が良くて、自分が乗った中では一番いい状態でしたね。パドックでまたがった瞬間、それは分かりましたし、返し馬も弾むようだった。言うことないな、と思いましたね」

 あとは不利なく自分の競馬をするだけ。そうカンパニーと自らに言い聞かせて挑んだ府中二千の戦い。3番枠から好発を決めると、道中はちょうど中団で折り合いはビタリ。
 「スタートも上手に切れたし、スムーズに流れに乗れました」
 対する最大のライバル・ウオッカは、毎日王冠とは前後を逆にするさらに後方集団での待機策。この女王の動きをどう見た? いや、まったく気にならなかった――横山典はキッパリと言いきっている。
 「ウオッカのことは気にせず、自分の競馬に徹しただけです。出来がとにかく良かったので、周りがどうこうよりも、カンパニーだけの走りをと思っていました。自分の馬のリズムに合わせる、それだけです」
 これまで府中のターフは女王ウオッカのための晴れ舞台だったが、この日の主役はカンパニーと横山典。この人馬ベテランコンビのためだけに用意された緑の絨毯であるようだった。上がり3F32秒9の脚を爆発させ、直線ド真ん中を突き抜けてきたカンパニーは、それくらいに強烈な強さを見せつけたのだ。
 「1頭になるとソラを使う馬ですから、なるべく(前を行く)スクリーンヒーローを引き付けて、集中させながら追い出しました。弾けてくれましたね」
 ジョッキーは最後のシビれる手応えを振り返ってニッコリ。ウオッカを2馬身近く寄せ付けなかったゴールは、過去敗れたGI12戦のウップンをすべて晴らした瞬間だった。

 「この馬と付き合ってから、かれこれ6年ですか。この日を夢見ていましたし、言葉にならないくらいうれしいですね」
 時折り、言葉を詰まらせながら最高の喜びに浸ったのは同馬を管理する音無調教師だ。大きいところを獲れる、と信じ続けて鍛え上げた6年間。“13度目の正直”にして、GIレースの中でも最高の栄誉を誇る伝統の秋の盾でついに宿願がかなった。
 トレーナーもまた、最大の勝因として「毎日王冠より上積みがあったし、馬体もさらに良くなっていました」と、馬の出来の良さを一番にコメント。そして、「何の不利もなかったし、ノリちゃん(横山典)がカンパニーのことを知り尽くしているからこその騎乗でしたね」と、100点満点の騎乗を絶賛した。

 タイトルホルダーとなり、そして秋の中距離王となったことで注目が集まるのは次走について。王道路線ならば世界の強豪が集う11月29日のGIジャパンカップになるが、音無調教師は「最初の予定通り、マイルチャンピオンシップ(11月22日・京都競馬場1600メートル芝)へ」と明言。そこで2000メートルとマイルの二冠王を狙う。また、マイルCSも一昨年、昨年と挑戦して5→4着。いずれも惜敗に終わっているだけに、今回の勝利の勢いでマイルGIも手中にしたいところだ。
 「年齢は8歳ですが、僕はこの馬を8歳馬だとは思っていない。普段の素振りとかを見てても本当に馬が若いですからね」と音無調教師が胸を張れば、横山典もそこは同意見。ウイニングランやその後の検量室前に引き上げても、なお走り足りない仕草で元気いっぱいな姿を見せたことを思い返し、クスリと笑いながらこう語った。
 「まだまだ馬が若いですよ。今日なんかは今までで一番元気があると思ったし、僕ら人間が考えている範囲を超えている馬かもしれないですね。9歳、10歳になっても活躍してくれそうです」

 女王の連覇も、そして若手の台頭も許さず、府中二千の頂点に立ったのは8歳の老将軍。老いてますます盛ん、とはカンパニーのためにある言葉だ。次なる舞台の淀マイルでも、もうひと花もふた花も咲かせてみせよう。
スポンサーサイト

カワカミ年内引退…西浦師「あと2戦」

カワカミ年内引退…西浦師「あと2戦」
2009年7月24日(金) 11時1分 サンケイスポーツ

 無敗5連勝で06年オークス&秋華賞を優勝したカワカミプリンセス(栗・西浦、牝6)が、エリザベス女王杯(11月15日、京都、GI、芝2200メートル)で引退することが確実となった。西浦調教師が23日、「年内で引退。あと2戦予定している」と語った。

 カワカミはヴィクトリアマイル8着の後に休養に入り、現在は北海道・浦河にあるBTCで復帰に向け調整中。秋のローテーションは、京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)か、府中牝馬S(10月18日、東京、GIII、芝1800メートル)のいずれかで復帰し、エ女王杯に向かう予定。その後に関しては、「有馬記念は結果次第」(西浦師)と無理はさせない方針。

 引退後は生まれ故郷の北海道・三石川上牧場に帰り、繁殖馬として余生を送る。

カネヒキリ全治1年…復帰に向け治療専念

カネヒキリ全治1年…復帰に向け治療専念
2009年5月14日(木) 10時45分 サンケイスポーツ

 5日の交流GIかしわ記念(2着)の競走中に左第3指骨骨折を発症したカネヒキリ(栗・角居、牡7)は検査の結果、全治までに約1年ほど要することが判明した。同馬は北海道安平町のノーザンファームへ放牧に出されており、復帰に向けて治療に専念する。

【ヴィクトリアM】カワカミ仕上がり抜群!馬体もキラリ

【ヴィクトリアM】カワカミ仕上がり抜群!馬体もキラリ
2009年5月14日(木) 7時11分 スポーツニッポン


 「ヴィクトリアマイル」の最終追い切り、カワカミプリンセスは打倒ウオッカに怪気炎を上げる走り。06年秋華賞以来、2年7カ月ぶりの復活Vへ、陣営のボルテージも上がってきた。

 2冠牝馬のプライドがのぞいた。DWコース単走で追い切ったカワカミプリンセス。序盤はスムーズに折り合う。しかし、4コーナー付近で、遅めキャンターの他馬が視界に入り“私の前は走らせない”とばかりに闘志を見せたという。ちょっと、てこずらされた柳田助手が苦笑いする。

 「前に馬を見つけるとムキになる。その後、またいい感じで走っていたけど。気の強さは変わらないよ」

 すでに6歳の春だが、円熟という表現は似合わない。気温の上昇とともに冬毛が抜け、輝きを増した馬体は見とれてしまうほど若々しさに満ちている。

 未明まで降り続いた雨の影響で馬場がぬかるみ、この日の稽古はあまり見栄えしなかった。6F86秒3~ラスト12秒4とタイムも地味かもしれないが、出来は抜群だ。西浦師は自信を持って語る。

 「先週までに、ある程度できている。今週は調整段階でオーバーワークにならないようにした。ぬかるんだ馬場を気にして時計はかかったけど、動きはいい。今年一番の仕上がり」

 デビューから秋華賞まで無傷の5連勝を飾ったが、古馬になると白星から遠ざかった。このままでは終われない。

 「何とか、もう一度(表彰式の)口取りをさせて牧場へ返したい」

 今季、このレースに照準を合わせてローテーションを組み立て、厩舎に置いて調整を続けた。

 「ずっと手元に置いて見てきたから馬の状態はよく分かっている。ここでピークになるように調整してきた。レースが楽しみ」

 “府中の申し子”と言われるウオッカに、昨年の最優秀3歳牝馬リトルアマポーラなどライバルは強力。それでも女王復権へ、陣営が一致団結。熱い気持ちで臨んでいる。
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。