ヴァーミリアン 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JCダート】3連覇で復活!!ヴァーミリアン

【JCダート】3連覇で復活!!ヴァーミリアン
スポーツニッポン - 2009/12/2 7:01

 【JCダート前哨戦検証・JBCクラシック】今年のJBCクラシックは05年以来の名古屋(ダート1900メートル)で開催。結果は1〜3番人気の3頭の壮絶な争いとなった。マコトスパルビエロが逃げ、ワンダースピードが2番手。単勝1・3倍の断然人気に推されたヴァーミリアンの3番手インで脚をタメた。直線で武豊は内の狭いスペースを狙い、スパルビエロを頭差抜き去って、同レース3連覇の快挙。3着が首差でワンダー。鞍上の“技あり”の好騎乗が光った。「内を狙っていた。スペースができた時は大丈夫だと思った」と武豊。勝ち時計2分0秒2は名古屋で行われた05年(2分0秒9=1着タイムパラドックス)を0秒7上回る好時計。内から抜かれたとはいえ、頭差のスパルビエロの粘りも光った。逆に3着馬から8馬身離された昨年のJCダート2着馬メイショウトウコンは休み明けだったとはいえ、物足りない内容。
スポンサーサイト

【JBCクラシック】ヴァーミリアンが史上最多GI8勝目【レース映像あり】

【JBCクラシック】ヴァーミリアンが史上最多GI8勝目
サンケイスポーツ - 2009/11/3 15:53

 第9回JBCクラシック(3日、名古屋10R、GI、3歳上オープン、定量、ダ1900メートル、1着本賞金1億円=出走12頭)武豊騎乗のヴァーミリアン(牡7、栗東・石坂正厩舎)が1番人気に応え快勝し、史上最多となるGI8勝目を挙げた。勝ちタイムは2分00秒2(良)。

 アタマ差の2着には2番人気のマコトスパルビエロ(牡5、鮫島厩舎)が、3着には3番人気のワンダースピード(牡7、羽月厩舎)が入った。GI7勝を挙げているブルーコンコルド(牡9、服部厩舎)は6着に敗れた。

 レースはマコトスパルビエロが逃げる展開に。2番手にはワンダースピードがつけ、インの3番手にヴァーミリアンがつけた。直線に入ると、ヴァーミリアンは逃げ粘るマコトスパルビエロとワンダースピードの追い比べに。ゴール前で逃げ粘るマコトスパルビエロをねじ伏せ、アタマ差で勝利した。

 ヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母スカーレットレディ、母の父サンデーサイレンスという血統で、栗東・石坂正厩舎所属の牡7歳。通算成績は27戦14勝(うち地方10戦9勝)で、GIは07年の川崎記念、JBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典、08年のフェブラリーS、JBCクラシック、09年帝王賞に続き8勝目。鞍上の武豊騎手は05年タイムパラドックス、07、08年のヴァーミリアンに続きこのレース4勝目。


ヴァーミリアン、史上最多のGI・8勝を達成!/名古屋・JBCクラシック【競馬ニュース】

ヴァーミリアン、史上最多のGI・8勝を達成!/名古屋・JBCクラシック
netkeiba.com - 2009/11/3 15:52

 3日、名古屋競馬場で行われた第9回JBCクラシック(3歳上、交流GI・ダート1900m、1着賞金1億円)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.3倍)ヴァーミリアン(牡7、栗東・石坂正厩舎)が道中は先団を追走し、直線最内を突いて伸びると、逃げ粘りを図った2番人気マコトスパルビエロをゴール直前でアタマ差交わして優勝した。勝ちタイムは2分00秒2(良)。さらにクビ差の3着には3番人気ワンダースピードが入った。

 勝ったヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母がJRA1勝のスカーレットレディ(その父サンデーサイレンス)という血統。同厩の半兄に05年東海S(GII)など重賞4勝のサカラート(牡9、父アフリート)がいる。

 07年1月の川崎記念(交流GI)でGI初制覇を飾ると、同年のJBCクラシック(大井)、ジャパンCダート(GI)、東京大賞典(交流GI)も勝ち、JRA賞最優秀ダートホースに輝いた。さらに08年フェブラリーS(GI)、08年JBCクラシック(園田)、今年2戦目となった前走の帝王賞(交流GI)とGIの勝ち鞍を重ね、今回の勝利でディープインパクト、シンボリルドルフなどを上回る史上最多のGI・8勝目をマークした。通算成績29戦14勝(うち地方10戦9勝、海外2戦0勝、重賞12勝)。


3日、名古屋競馬場で行われた第9回JBCクラシック(3歳上、交流GI・ダート1900m、1着賞金1億円)の全着順は以下の通り。

1 ヴァーミリアン 2:00.2
2 マコトスパルビエロ アタマ
3 ワンダースピード クビ
4 メイショウトウコン 8
5 マルヨフェニックス 3
6 タガノシャンハイ 1/2
7 ワイティタッチ 7
8 ブルーコンコルド アタマ
9 マヤノグレイシー 1.1/2
10 スパイナルコード 3
11 トミノダンディ 1.1/2
12 ウイニングウインド 3

【東京大賞典】ヴァーミリアン連覇へ最内1番

 ダート競馬年末の風物詩、東京大賞典(29日、大井10R、交流GI、ダ2000メートル)の枠順が25日、確定した。

 前走のGIジャパンカップダートで復活Vを遂げたカネヒキリは8枠9番。そのJCダートで3着に敗れ、国内GI7連勝はならなかったヴァーミリアン。骨折から復帰した主戦の武豊騎手に手綱が戻ってこのレース連覇を目指す同馬は最内の1枠1番に入った。

 内田博幸騎手に乗り替わった3歳馬、サクセスブロッケンは7枠8番、船橋所属のフリオーソは7枠7番、古豪ブルーコンコルドは大外、8枠10番と決まった。


By サンスポ
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。