岩田康誠 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩田信頼!アンライバルドの瞬発力…ダービー

岩田信頼!アンライバルドの瞬発力…ダービー
スポーツ報知 - 2009/5/26 8:00

 ◆第76回ダービー・G1(31日、東京芝2400メートル) 圧巻の末脚で皐月賞を制したアンライバルド。戦前は、ロジユニヴァース、リーチザクラウンとともに“3強”と称されたが、能力が違っていた。パートナーの岩田康誠騎手(35)=栗東・フリー=にとっては、中央移籍4年目に迎えたダービー制覇のビッグチャンス。決戦へ向かう思いを語った。

 -皐月賞は3番人気の評価でしたが、終わってみれば、アンライバルドの強さだけが光りました。
「今までで一番折り合いが付いたし、落ち着いて臨めたレース。精神的に成長しているのを感じた」

 -レースは、3コーナーから外に出して、すごい瞬発力を見せました。
「外が伸びない馬場なので、直線では内へ入れていった。そして、追い出した時は、飛んでいるような感じになった。そのまま行けば勝てる確信はあったけど、ちょっと仕掛けが早いかな、とも思った」

 -この馬のセールスポイントは、どこにありますか。
「瞬発力は相当なもの。新馬戦の時から、すごいものを持っていると感じていた。若いから、気性の難しい面はあったけど、落ち着いて走れば問題ないと思っていた」

 -岩田騎手は瞬発力を絶賛しますが、過去に騎乗した馬で、似たようなタイプはいましたか。
「瞬発力のすごさは、アドマイヤムーン(07年宝塚記念&ジャパンC制覇時に騎乗)と同じものを感じる。一流の馬しかないものを持っている」

 -使われながら、レースぶりが安定してきた印象を受けます。
「VTRを見てもらえば分かると思うけど、新馬戦の時とは走り方が違う。使っていくにつれて、追い出してからのフォームがグッと沈むようになった。こういうところでも成長している感じがする」

 -デビューは、昨年の10月26日。印象はどうでしたか。
「またがった時は、普通の乗り味だと思ったけど、行き始めたらすごい脚を使う。気性的に難しいところはあったが、使いながら良くなれば、と思っていた」

 移籍4年目 -中央に移籍して4年目。ダービーは毎年騎乗していますが、思い出に残っているレースはありますか。
「中央に来る前だと、たまたまテレビを見ていたアグネスフライト(00年)が印象に残っている。あとは、強烈な勝ち方をしたキングカメハメハ(04年)かな。園田にいた時は、まさか中央のダービーに乗れるなんて想像もできなかったので、あまりダービーを見ることはなかった。中央に来て、ダービーの人気馬に乗れるのは、正直でき過ぎでしょう。おそらく1番人気。当時は夢にも思っていなかった」

 -今回は、初めて経験する左回りの東京コース。距離も400メートル延びます。
「落ち着いていれば、距離やコースが替わることは心配ないと思う。スタンド前の発走がどうかと思うけど、中山のスプリングSも同じ条件だった。イレ込むことはなかったし、こなしてきているからね」

 -ダービーは、1番人気になると思われます。最後に抱負を。
「あとは、馬を信じて乗るだけ。ダービーの独特の雰囲気に飲み込まれないよう、落ち着いてレースに乗りたい。まして、1番人気になりそうな馬だから。このチャンスを、なんとかものにしたいと思っている」

 ◆岩田 康誠(いわた・やすなり) 1974年3月12日、兵庫県生まれ。35歳。栗東・フリー。91年10月、兵庫・清水正厩舎からデビュー。小牧太(現在JRA)と並ぶ園田のトップジョッキーとして、通算2941勝を挙げる。05年に、ワールドスーパージョッキーズシリーズを優勝。翌06年、一次試験免除の特例を使い、JRAの騎手試験に合格。史上5人目の地方競馬出身のJRAジョッキーとなる。JRA通算4107戦557勝(うち重賞27勝)。G1は04年菊花賞(デルタブルース)、07年ジャパンC、宝塚記念(アドマイヤムーン)など8勝(数字はいずれも25日現在)。159センチ、49・5キロ。血液型AB。
スポンサーサイト
[ 2009/05/26 14:23 ] 騎手 岩田康誠 | TB(0) | CM(0)

皐月賞、岩田康はアンライバルド続投

 牡馬クラシック第1弾・皐月賞(19日、中山、GI、芝2000メートル)での岩田康誠騎手(35)の騎乗馬が31日、アンライバルド(栗・友道、牡3)に決定した。

 「引き続き手の内に入れている岩田騎手に乗ってもらえるのは心強い限りです」と友道調教師は答えた。同馬はトライアルのスプリングSを圧勝し、皐月賞ではロジユニヴァース、リーチザクラウンと並ぶ有力候補。本番に向けて厩舎で調整されており、馬の状態次第では、今週末にも速い時計を出す見込みだ。

 今回の決定に伴い、岩田康が主戦を務めていたセイウンワンダー(栗・領家、牡3)は内田博幸騎手(38)が手綱を取ることになった。領家調教師は「オーナーと協議した結果、騎乗を依頼し快諾を得ました。彼も同じレースに乗って、この馬のことを高く評価してくれています。高い技術を持っている騎手ですから乗り替わりは心配していません」と語った。内田博は来週、栗東トレセンで同馬の追い切りに騎乗する予定。

By サンスポ
[ 2009/04/01 13:37 ] 騎手 岩田康誠 | TB(0) | CM(0)

08年のJRA 岩田が総獲得賞金1位に

 日本中央競馬会(JRA)は29日、今年の騎手成績などを発表し、騎手のJRA獲得賞金は岩田康誠が28億6822万6000円で1位となった。2位は安藤勝己、3位は最多勝の武豊。騎手には獲得賞金の5%が進上金として配分される。

 また種牡馬部門のリーディングサイヤーは、アグネスタキオンがトップ。サンデーサイレンスは7位で、昨年まで13年連続で守ってきた最高位から落ちた。



By スポニチ
[ 2008/12/29 20:54 ] 騎手 岩田康誠 | TB(0) | CM(0)

岩田康誠騎手が失格!有馬記念は騎乗できず

 20日の阪神9R・北摂特別(芝1400メートル)で、岩田康誠騎手騎乗の4番人気コンティネント(牡4歳、栗東・音無厩舎)が小牧太騎手騎乗のカシノマイケルの進路を妨害。小牧太騎手は落馬し、競走を中止した。

 岩田康誠騎乗のコンティネントは失格となり、岩田康誠騎手は来週から騎乗停止となる。よって、来週の有馬記念(28日、GI、中山、芝2500メートル)で騎乗予定だったアドマイヤモナークには騎乗できなくなった。


By サンスポ
[ 2008/12/20 23:59 ] 騎手 岩田康誠 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。