トールポピー 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【秋華賞】ポピーでがっぽり!

 秋のGI第2弾・秋華賞。開幕戦のスプリンターズS3連単を◎〇▲(5530円)でゲットした本紙・加藤隆宏記者は、オークス馬トールポピーに自信の◎を打った。追い切り採点は『S評価』と状態アップは明らか。前日の前売りでは2番人気だが、秋華賞では2番人気馬が5連勝中とデータも後押し。トールポピーが2冠を達成して3歳牝馬の頂点に立つ!

 欧州ではザルカヴァ(凱旋門賞など7戦不敗)が君臨した3歳牝馬世代だが、日本は傑出馬不在。桜花賞、オークスに続き、秋華賞も波乱になるという前評判だが、◎トールポピーが頭ひとつ抜けていると確信している。

 阪神JFはクビ、オークスはアタマ差の勝利で、前哨戦のローズSは6着に敗退。唯一のGI2勝馬とはいえ、絶対的な存在でないことは確かだが、本命に推す理由はきちんとある。

 ポピーが2歳秋に初勝利をマークしたのは京都の2000メートル戦。陣営の見立ては長距離にも対応できる中距離馬であり、ジャングルポケット×サンデーサイレンスの配合からもそれは納得できる。1600メートルの阪神JFの勝利は、結果的に流れが向いたのが大きい。オークスは内へ斜行して他馬に迷惑をかけたものの、一番長くいい脚を使っていたのがこの馬。2000メートル~2400メートルでこそ、能力を存分に発揮できるタイプなのだ。

 器用なタイプではないので極端なスローペースとなって、瞬発力勝負になるのは嫌だったが、エアパスカル、ブライティアパルスといった逃げ先行馬がいる。緩い流れにはなりにくく、この馬の持久力は十分に発揮できる。

 ローズSはここへの叩き台。インで包まれ動けず、悪い馬場をずっと走らされた。6着は度外視していい。最終追い切りで抜群の切れ味を見せたように1度使った効果は大。仕上がりは万全だ。粘り強い末脚を駆使して、混戦から抜け出し、世代最強の座を射止める。

 レジネッタが相手の筆頭。今回のほうが2400メートルのオークスよりもはるかに条件がいい。あと怖いのは乱戦向きの根性娘マイネレーツェルだろう。


By サンスポ
スポンサーサイト

オークス馬ポピーが一番強い!/秋華賞

 最近の勝ち馬をみると皆、長距離で実績があった。03~06年のスティルインラブ、スイープトウショウ、エアメサイア、カワカミプリンセスは2400メートルのオークスで勝つか2着に来ていたし、02年ファインモーションは札幌で2600メートルを勝っていた。京都内回り2000メートルは、マイラーではこなせない。狙いはオークス馬。トーポピーの勝負強さを買う。美浦で意見を聞いた2人のG1ジョッキーも「何だかんだ言っても、トールポピーが一番強い」と一目置いていた。前売り1番人気のレジネッタは、絶好の手応えで伸び切れなかった前走が不満。200メートル延長は有利ではない。

 なぜオークス組が優勢なのか。それはレースの流れが似ているからだ。秋華賞は淡々と流れて上がり勝負になる傾向が強い。若さが残る3歳牝馬はスタンド前発走でテンションの上がる馬が多く、騎手は折り合いに専念する。ラップは道中が12秒前後で、後半11秒台の連続がスタンダード。同じく後半勝負になるオークス好走組には有利な舞台だ(桜花賞は前半が速い)。

 前走のローズSは力負けではない。トライアル仕様の仕上げで体に余裕を持たせていたせいか、エンジンの掛かりが悪かった。普通なら惨敗のケース。6着まで押し上げたあたりに、G1、2勝の片りんは見せた。差を詰めて8着の桜花賞を思い起こさせる内容。春と同様、本番できっちりいい方向に変わってくる。

 あくまでピークを秋2戦目に合わせようとした角居勝彦師の意思が、プラス体重として表れた。オークスから14キロ増えて476キロ。「春はカイ食いが落ちることがあって用心しながら調整してきた。秋は食べるようになっている。3食のうち1食を少し残すぐらい」と名調教師は言う。精神的に余裕が出てきたからこそ、食も細らなくなっている。木曜の計量は前走と同じ476キロ。今日は少し減る程度で出られるだろう。

 オークスの斜行で騎乗停止の重い制裁を受けた池添謙一騎手は、借りを返すべく必勝を誓う。4年前はスイープトウショウで15頭抜きを決めた。8年前は人気薄のヤマカツスズランを2着に粘らせた。「難しいコースというイメージはない」と頼もしい。

 過去12回の連対馬24頭中19頭が2ケタ馬番。もまれにくい、外めの11番枠はいい。運も向いてきた。


By ニッカンスポーツ

ポピー池添2冠でモヤモヤ晴らす/秋華賞

 オークス馬トールポピーがすんなり決める。阪神ジュベナイルF、桜花賞、オークスとG1・3戦中2勝。ここ一番の強さは特筆もの。前走のローズSは明確なたたき台。ノーズバンドを外し、カイバの食べっぷりと相談しながらソロッと調教。加えて直前の大雨で内ラチ沿いは走りにくかった。6着ならまずまず。池添騎手が「八分の出来」と言っていたが、実際は六~七分だろう。

 池添は初めてトールポピーに乗った時「フカヒレを見つけた」と言っていた。極上の乗り味にほれ込んだ。オークスは勝ったが直線での斜行に後味の悪さが残った。今週の共同会見では自ら話し始めた。「迷惑をかけたオークスが終わった日から、秋華賞は絶対に勝たなくてはならないと思っていた。だれが見てもポピーが一番強いと思わせるような、もやもやを吹き飛ばすレースをしたい」。この一戦にかける気持ちは強い。

 内回りの2000メートルも問題ない。混戦で力を発揮するタイプ。逃げ、先行馬がバテて、差し馬が止まりかけてからひと伸びがきく。流れによっては好位に行くこともありうるだろう。ローズSでは4コーナーでハミが舌を越し完ぺきに制御していなかった。前哨戦で課題を見つけて本番はきっちり勝ち切るのが角居厩舎。オークスに続く2冠を決める。


By ニッカンスポーツ
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。