武豊 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり
サンケイスポーツ - 2009/12/2 17:22

 2日、JRA(日本中央競馬会)は阪神競馬場で5、6日に行われるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の各騎手の騎乗馬を発表した。2日間各2レース、計4レースのポイントで優勝が決まるシリーズは、今年で23回目となり、各騎手にはハンデキャッパーがA〜Dのランク付けした馬が抽選で振り分けられる。

【写真で見る】 初のWSJS地方代表に決定した的場文男騎手

 昨年の覇者、フランスのI・メンディザバル騎手(35)はエリモサリュート(ゴールデンサドルT)、ショウサンウルル(ゴールデンスパーT)、グッドバニヤン(ゴールデンブーツT)、ヤマニンイグナイト(ゴールデンホイップT)に騎乗する。

 また、1992年以来、17年ぶり2回目の優勝を目指す武豊騎手(40)=栗東・フリー=はゴールデンスパーTでアドマイヤミリオンに騎乗する。武豊騎手と“アドマイヤ”勢のコンビと言えば、日本ダービーを制したアドマイヤベガ、エリザベス女王杯2連覇のアドマイヤグルーヴなど数々のGIレースを勝っているが、コンビを組むのは久々で、07年5月13日のヴィクトリアマイル(アドマイヤキッス=3番人気7着)以来、実に2年半ぶりとなる。

 出場騎手は、JRAから関東の内田博幸(39)、横山典弘(41)、関西の武豊(40)、岩田康誠(35)、藤田伸二(37)のリーディング上位騎手に加えて、サマージョッキーズシリーズを制した秋山真一郎(30)が初出場。

 海外からは、レイチェルアレクサンドラの主戦として知られるカルヴィン・ボレル(43)=米=をはじめ、ギャレット・ゴメス(37)=米、イオリッツ・メンディザバル(35)=仏、クリストフ・ルメール(30)=仏、ライアン・ムーア(26)=英、マイケル・キネーン(50)=愛、クレイグ・ウィリアムズ(32)=豪、ダグラス・ホワイト(38)=香=の8人が参戦し、地方競馬からは53歳の大ベテラン、大井の的場文男騎手が出場する。

 なお、来年のWSJSは、30回目を迎えるジャパンCを盛り上げるため、東京競馬場で開催されることが決まっている。
スポンサーサイト
[ 2009/12/03 12:06 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)

武豊騎手、フランスで日本産種牡馬ローゼンカバリー産駒に騎乗

武豊騎手、フランスでローゼンカバリー産駒に騎乗
2009年8月19日(水) 12時29分 netkeiba.com

 フランスに遠征中の武豊騎手(40、栗東・フリー)が、現地時間20日に仏・クレールフォンテーヌ競馬場で騎乗することがわかった。

 騎乗するのは2R(芝1800m)のJenne Jeloisと、5R(芝2400m)のEstrela Roseの2頭。なお、5Rで騎乗するEstrela Rose(牝3、仏・P.バリー厩舎)の父は97年日経賞(GII)など重賞4勝を挙げ、現在フランスで種牡馬として供用されているローゼンカバリー(牡16)。武豊騎手はローゼンカバリーの現役時代にも手綱を取っていた。
[ 2009/08/19 15:28 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)

武豊騎手、22年連続GI制覇達成!

武豊騎手、22年連続GI制覇達成!
2009年5月17日(日) 16時17分 サンケイスポーツ

 17日、東京競馬場で「第4回ヴィクトリアマイル」(GI、芝1600メートル)が行われ、ウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が7馬身差で圧勝。鞍上の武豊騎手はデビュー2年目の1988年から22年連続のGI制覇を達成した。

 武豊騎手はデビュー2年目の88年にスーパークリークで菊花賞を勝ちGI初制覇。その後もオグリキャップ、メジロマックイーン、エアグルーヴ、クロフネなど数々の名馬でJRA・GI63勝を挙げている。

 なかなか勝てなかった日本ダービーも98年にスペシャルウィークで制し、念願の“ダービー・ジョッキー”の仲間入りを果たした。さらに翌年もアドマイヤベガで連覇を達成。そしてタニノギムレット、ディープインパクトでも勝利しており、前代未聞の日本ダービー4勝ジョッキーとなった。

 ディープインパクトでは皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制し「3冠」。凱旋門賞にも挑戦し、日本中に“ディープ・ブーム”を巻き起こした。

 ちなみに今回の勝利でJRAの牝馬限定GI6レースを完全制覇。ヴィクトリアマイルで過去に3回騎乗し2度の2着があったが、4度目のチャレンジで初優勝を飾った。
[ 2009/05/17 17:33 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)

ダーレーJSCで豊と幸四郎がトークショー

 北海道日高町のダーレージャパンスタリオンコンプレックスでは9日、アドマイヤムーンなどのスタリオンパレード(種牡馬展示会)が行われ、約500人が集まった。特別ゲストに招かれたのは前日にブレイクランアウトで共同通信杯を制したばかり武豊騎手。競馬評論家の合田直弘氏とのトークショーでは「(06年の共同通信杯を勝った)アドマイヤムーンを思い出しましたね」と懐かしんだ。

 同種馬場はUAEドバイのシェイク・モハメドの競馬組織の傘下にある。海外での騎乗経験も豊富な同騎手は「ステイゴールドで戦った(シェイク率いるゴドルフィンの)ファンタスティックライト(01年ドバイシーマクラシックでステイがハナ差勝ち)は本当の意味ですごい馬、ヒーローでした。到着後、真っ先に会いに行きました」と、今は同種馬場でけい養されているライバルの名前を挙げた。

 「(シェイク・モハメドの)こげ茶の勝負服や(ゴドルフィンの)青い勝負服がロッカールームにあることが騎手としての誇り。これからも乗せてもらえるように頑張りたい」と抱負を語った。あとから壇上にのぼった弟の幸四郎騎手は「兄とブルーとこげ茶の勝負服で競馬をしたい。でも、そのためにはぼくは本当に頑張らないと」と会場を笑わせた。

By サンスポ
[ 2009/02/10 17:28 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。