リーチザクラウン 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーチザクラウン、フェブラリーS参戦へ

リーチザクラウン、フェブラリーS参戦へ
デイリースポーツ - 2010/1/17 9:27

 昨年のダービー2着馬リーチザクラウン(牡4歳、栗東・橋口)が、フェブラリーS(2月21日・東京)に参戦することが16日分かった。橋口師は「距離が魅力ですね。いい競馬をすれば、選ばれるかもしれない」と話し、3月27日にUAEのメイダン競馬場で行われる、ドバイWC・G1(オールウェザー2000メートル)、デューティフリー・G1(芝1800メートル)に参戦する用意があることも明かした。同馬は有馬記念で13着に敗れたあと、宮城県の山元トレセンに放牧。栗東には20日に帰厩を予定している。

スポンサーサイト

【菊花賞】リーチザクラウン渾身仕上げ!武「一番いい」【競馬ニュース】

菊花賞】リーチ渾身仕上げ!武「一番いい」
サンケイスポーツ - 2009/10/23 10:53

 ユタカ絶賛! 牡馬クラシック最終戦・菊花賞の追い切りが22日、滋賀・栗東トレセンで行われた。ダービー2着馬リーチザクラウンは坂路4ハロン51秒7、しまい1ハロン12秒0を馬なりでマーク。併せた相手を4馬身引き離した。主戦の武豊騎手は「今まで乗った中で一番いい」と大満足。枠順は〔5〕枠(9)番と好枠ゲット。黄色の帽子で菊の大輪を目指して攻める。

 「今まで乗った中でも一番いい動きだった」。

 菊花賞歴代トップの4勝を挙げた武豊騎手が、追い切りで手綱を取ったリーチザクラウンから絶好の感触を得た。神戸新聞杯をひと叩きした素質馬が最後の1冠獲りに渾身の仕上げで挑む。

 まだ夜も明け切らぬ午前6時。滋賀・栗東トレセンの坂路で、リーチはツルマルノホシ(牡3、500万下)を2馬身ほど先行させて追い切りを開始。徐々に加速して2ハロン〜3ハロン目で楽に外から並びかけると、残り400メートル付近から持ったままでギアチェンジ。一完歩ごとに僚馬を引き離して4ハロン51秒7−37秒6−12秒0(馬なり)で4馬身先着。1ハロンごとに確実にラップを詰めながらもお釣りを残すという理想的な形で態勢を整えた。

 「併せ馬でも力む面は全くなくスムーズで、こちらの思い通りの調教ができました」。そう話す橋口弘次郎調教師は、96年ダンスインザダーク、03年ザッツザプレンティで菊2勝。今回、勝てば池江泰郎調教師と並び現役最多の3勝となる。

 神戸新聞杯は予想外の18キロ減。最後はイコピコに差し切られたが、2着は確保した。「正直“何でこんなに減ったんやろ”と思った。今回あんなことはないと思う。うまくペース配分しても3000メートルを逃げ切るのは相当な能力がないとできないが、あの馬の性格からして番手に付けて行くのは考えづらいしね」。橋口師は今回も逃げに徹する腹づもりだ。

 春はアンライバルド、ロジユニヴァースとともに『3強』と言われ、2頭はそれぞれ皐月賞、ダービーの栄冠を獲得した。リーチは京都コースはGIIIきさらぎ賞勝ちを含め【2・1・0・0】。「最後の1冠は何が何でも期待に応えたい」と橋口師も闘志を燃やす。

 過去10年の菊花賞でダービー2着馬は8頭が出走し3頭がV。96年のダンスもダービーは2着だったが、菊を制した。ユタカを背にしたリーチザクラウンが、ラスト1冠を果敢な逃げで獲りに行く。


2009年 第49回 きさらぎ賞(G3) リーチザクラウン


武豊「勝ちたかった」、リーチザクラウン意地の2着=日本ダービー

武豊「勝ちたかった」、リーチザクラウン意地の2着=日本ダービー
2009年5月31日(日) 21時43分 スポーツナビ


 JRAの最高峰レースである3歳チャンピオン決定戦・第76回GI日本ダービーが31日、東京競馬場2400メートル芝で開催され、横山典弘騎乗の2番人気ロジユニヴァース(牡3=萩原厩舎)が、皐月賞14着から劇的復活V。3歳馬7768頭の頂点に立った。
 一方、4馬身離されながらも武豊騎乗の5番人気リーチザクラウン(牡3=橋口厩舎)は、強襲する8番人気アントニオバローズ(牡3=武田厩舎)をアタマ差抑えて2着を死守。こちらも皐月賞2番人気13着から逆襲に成功し、“3歳3強”の底力を見せた。

 意地の2着死守だった。皐月賞では3強の一角に挙げられるも、レースは精神面のモロさを露呈し13着惨敗。迎えたダービーは人気も5番目に落とし、脇役扱いとなっていた。
 だが、「今日は折り合いもついたし、皐月賞とは全然違うレースができた」とこの大一番で“変身”。スイスイと2番手から先行すると、直線先頭で見せ場たっぷり。改めて素質の高さを見せつけた。
 だが、「あそこまで行ったら勝ちたかったですね」と、レース後の武豊に満足の表情はない。3コーナー過ぎまでは「いい感じでいけました」と名手も納得の運びだったが、4コーナーで1つの誤算。逃げたジョーカプチーノがずるずると後退してきたときに「気の難しいところを出して、後ろと差を詰められてしまった。本当は後続と2~3馬身差を保ったまま、あと1ハロンくらい行きたかったんですが」と、理想的な形のセーフティリードで、最後の直線を迎えることができなかった。

 また、大雨にたたられた不良馬場ももう1つの誤算。「今日はちょっと降り過ぎましたね。昨日ぐらいの馬場だったら」。
 昨年暮れのGIIIラジオNIKKEI杯2歳Sに続き、またしても宿敵ロジユニヴァースに4馬身も前を行かれる形で敗戦したが、それでもリーチザクラウンも底力を見せた。ライバル2頭に分けられた春二冠。もちろん、秋の最後の一冠・菊花賞は3強の一角としてリーチザクラウンが獲りに行く。

リーチザクラウン武豊騎手「逃げることも考えている」

リーチザクラウン武豊騎手「逃げることも考えている」
2009年5月27日(水) 16時8分 netkeiba.com


 27日、栗東トレーニングセンターでは日本ダービー(GI)に出走を予定している各馬が追い切りを消化。有力馬の関係者が会見を行い、ダービーへの意気込みを語った。リーチザクラウン、アプレザンレーヴ、ジョーカプチーノの関係者コメントは以下の通り。

【リーチザクラウン・武豊騎手】
「前走ではいい騎乗ができず、中途半端なレースになってしまった。脆さを見せる結果となったが、この馬にはハマったときの強さがある。ダービーでは逃げることも考えているが、決めつけてはいない。皐月賞は大きなレースだが、ダービーが目標なので、思い切って乗りたい」

【アプレザンレーヴ・池江泰郎調教師】
「併せた馬より、あまり離れないようにという指示をした。(普段の調教ではあまり動かないが)今日は気分よく走っていて、いい調教ができたと満足している。(前走の青葉賞は)出てくるときに窮屈になったりと、苦労していた。あれを抜けたのだからいい根性をしている。馬にとってもいい経験となった。東京2400mを経験しているのは強みで、前走のようなレースをしてくれたら。枠に神経は使わなくていい馬。引いた枠が、この馬の運命だろう。力のある馬なので、道悪は対応してくれると思う。相手が強い馬なので、そこでどういうレースをするか。皐月賞組にどれだけ近付けるか力比べだ」

【ジョーカプチーノ・中竹和也調教師】
「動きはよかったし満足しているが、やや前走より道中で行きたがった感じ。これは、前走からDWを使い始め、今回の調教で同じコースを使うのが3度目になるため。馬が『このコースに行ったら速い時計を出すんだ』と覚えてきたからだろう。状態は万全、何の心配もしていません。いい状態で出せると思う。重馬場は小倉で経験しているし、プラス800mを保つだけのエネルギータンクがある。あとは、エネルギーを無駄なく使えれば。作戦は枠が決まってからにしようとジョッキーと話しているが、枠は内外というより、あまり行く馬の隣には入りたくない。直線を向くまで、折り合いよく行ってくれれば満足だ」

【ジョーカプチーノ・藤岡康太騎手】
「今日の調教では、NHKマイルCから間もないので、どれぐらい状態が戻っているのかを確認したかった。動きはとても良かったし、文句なし。距離は初めてなので、やってみないと分からないが、それも折り合い次第。この前のNHKマイルCのようなレースができれば。ポジションはそれほどこだわっていない。前走で強い勝ち方をしたし、東京は相性がいい。ファルコンSでは馬群の中の競馬を経験したし、スピードだけでなくパワーもある馬。乗りやすく、長くいい脚を使えるし、能力が高い。小さな頃から競馬を見てきて、ダービーは夢の舞台だと思っていた。こんなに早く乗せてもらえるチャンスが来るとは思っていなかった。今は緊張より、楽しみの方が上回っている」
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。