カンパニー 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8歳カンパニー悲願のGI! 横山典「人間の想像を超えた馬」=天皇賞・秋【競馬ニュース】

8歳カンパニー悲願のGI! 横山典「人間の想像を超えた馬」=天皇賞・秋
スポーツナビ - 2009/11/1 19:45

 8歳老雄、悲願のビッグタイトル! JRA秋の最強馬決定戦・第140回GI天皇賞・秋が1日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、横山典弘騎乗の5番人気カンパニー(牡8=音無厩舎)が中団追走から直線鋭く抜け出すと、猛追する1番人気ウオッカ(牝5=角居厩舎)を寄せ付けず待望のGI初制覇。前哨戦のGII毎日王冠に続いてGI大舞台でも女王を破り、秋の最強馬の座に就いた。勝ちタイムは1分57秒2のレコードタイ。
 同馬はこれが通算34戦目、GIでは13戦目での悲願のビッグタイトル。また、8歳馬によるJRA平地GI勝利は史上初の快挙となった。

 一方、連覇の期待がかかっていた武豊騎乗のウオッカはインから猛然と追い込むも、3着に敗戦。史上2頭目の快挙、また史上最多タイとなるJRA・GI7勝目はならなかった。なお、1着から1馬身3/4差の2着には北村宏司騎乗の7番人気スクリーンヒーロー(牡5=鹿戸雄厩舎)が入った。

◇ ◇ ◇

 ついに届いたGIタイトル。大役を最高の形で務めた横山典が、笑顔満開で振り返った。
 「本当に馬が素晴らしいですね。また、これだけの仕上げをしてくれた音無先生や厩舎スタッフのみなさんが、カンパニーをここまで大事にしてきたからこそ、きょうの勝利があると思います。やっぱり、ここまで来る過程が大事ですから。その上で、自分もいい騎乗ができて、結果を残せて本当に良かったと思っています」
 カンパニーの全34戦中、昨年3月のGII中山記念1着からコンビを組み始め、今回が11戦目。横山典は「初めて乗った時からGIを勝てる馬だと思っていました」と、同馬の素質を高く評価していた。そのとおり、GIIならば鮮やかな競馬で勝つことができる。それでも、最大目標であるGIとなると、どうしてもあと一歩が足りない。
 しかし、この日はその“あと一歩”を埋めるのにお釣りが来るくらい、過去最高の状態に仕上がっていたのだ。
 「毎日王冠よりも出来が良くて、自分が乗った中では一番いい状態でしたね。パドックでまたがった瞬間、それは分かりましたし、返し馬も弾むようだった。言うことないな、と思いましたね」

 あとは不利なく自分の競馬をするだけ。そうカンパニーと自らに言い聞かせて挑んだ府中二千の戦い。3番枠から好発を決めると、道中はちょうど中団で折り合いはビタリ。
 「スタートも上手に切れたし、スムーズに流れに乗れました」
 対する最大のライバル・ウオッカは、毎日王冠とは前後を逆にするさらに後方集団での待機策。この女王の動きをどう見た? いや、まったく気にならなかった――横山典はキッパリと言いきっている。
 「ウオッカのことは気にせず、自分の競馬に徹しただけです。出来がとにかく良かったので、周りがどうこうよりも、カンパニーだけの走りをと思っていました。自分の馬のリズムに合わせる、それだけです」
 これまで府中のターフは女王ウオッカのための晴れ舞台だったが、この日の主役はカンパニーと横山典。この人馬ベテランコンビのためだけに用意された緑の絨毯であるようだった。上がり3F32秒9の脚を爆発させ、直線ド真ん中を突き抜けてきたカンパニーは、それくらいに強烈な強さを見せつけたのだ。
 「1頭になるとソラを使う馬ですから、なるべく(前を行く)スクリーンヒーローを引き付けて、集中させながら追い出しました。弾けてくれましたね」
 ジョッキーは最後のシビれる手応えを振り返ってニッコリ。ウオッカを2馬身近く寄せ付けなかったゴールは、過去敗れたGI12戦のウップンをすべて晴らした瞬間だった。

 「この馬と付き合ってから、かれこれ6年ですか。この日を夢見ていましたし、言葉にならないくらいうれしいですね」
 時折り、言葉を詰まらせながら最高の喜びに浸ったのは同馬を管理する音無調教師だ。大きいところを獲れる、と信じ続けて鍛え上げた6年間。“13度目の正直”にして、GIレースの中でも最高の栄誉を誇る伝統の秋の盾でついに宿願がかなった。
 トレーナーもまた、最大の勝因として「毎日王冠より上積みがあったし、馬体もさらに良くなっていました」と、馬の出来の良さを一番にコメント。そして、「何の不利もなかったし、ノリちゃん(横山典)がカンパニーのことを知り尽くしているからこその騎乗でしたね」と、100点満点の騎乗を絶賛した。

 タイトルホルダーとなり、そして秋の中距離王となったことで注目が集まるのは次走について。王道路線ならば世界の強豪が集う11月29日のGIジャパンカップになるが、音無調教師は「最初の予定通り、マイルチャンピオンシップ(11月22日・京都競馬場1600メートル芝)へ」と明言。そこで2000メートルとマイルの二冠王を狙う。また、マイルCSも一昨年、昨年と挑戦して5→4着。いずれも惜敗に終わっているだけに、今回の勝利の勢いでマイルGIも手中にしたいところだ。
 「年齢は8歳ですが、僕はこの馬を8歳馬だとは思っていない。普段の素振りとかを見てても本当に馬が若いですからね」と音無調教師が胸を張れば、横山典もそこは同意見。ウイニングランやその後の検量室前に引き上げても、なお走り足りない仕草で元気いっぱいな姿を見せたことを思い返し、クスリと笑いながらこう語った。
 「まだまだ馬が若いですよ。今日なんかは今までで一番元気があると思ったし、僕ら人間が考えている範囲を超えている馬かもしれないですね。9歳、10歳になっても活躍してくれそうです」

 女王の連覇も、そして若手の台頭も許さず、府中二千の頂点に立ったのは8歳の老将軍。老いてますます盛ん、とはカンパニーのためにある言葉だ。次なる舞台の淀マイルでも、もうひと花もふた花も咲かせてみせよう。
スポンサーサイト

中山記念 カンパニー連覇

中山記念 カンパニー連覇


 第83回中山記念(1日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6400万円=出走10頭)横山典弘(41)騎乗の8歳馬カンパニーが1番人気に応えて連覇を達成。同馬の重賞勝ちは05年から5年連続で通算6勝目。タイム1分49秒2(稍重)。今後はGI制覇が目標。4着まではクビ差の接戦で、2着が最速の上がりで追い込んだドリームジャーニー、3着がアドマイヤフジ、4着がキングストレイルだった。

 実力馬が、しっかりと力を見せつけた。伝統のGIIを制したのは、1番人気のカンパニー。好位追走からの抜け出しで、横山典弘騎手とともに堂々の連覇を飾った。

 「58キロで8歳になって、しぶい馬場になったのによく頑張ってくれましたね。昨年はいろいろあってかわいそうでしたが、幸先のいいレースができてよかったですよ」

 会心のレースにノリの笑顔が弾ける。昨年と同様に、好発から好位を追走。直線は逃げたキングストレイルをかわして、最後も4頭がすべてクビ差でゴールに飛び込む激戦をきっちりと制した。「逃げてもいいつもり。次につながるように」という自然体の競馬。持ち味をいかんなく発揮させて、41歳のベテランの手綱が冴えわたるレースだった。

 カンパニーは重賞6勝目だが、喜びは格別だ。昨年は重賞連勝で臨むはずだった安田記念を右目の外傷で断念。夏場に弱い体質で馬体調整に苦労し、秋シーズンも「本調子ではなかった」(音無秀孝調教師)と振り返る。それでも、レコード決着で大激戦となった天皇賞でタイム差なしの4着に食い込むなど、力は示していた。捲土重来を期した今季初戦。8歳でも「気が若い馬」と音無師が胸を張るカンパニーに、衰えは微塵もなかった。

 昨年のこのレースでコンビを組んで以来、3度目の重賞Vを飾ったノリとカンパニー。音無師は「スタートが上手だし、ほとんどミスがないジョッキー。レース前も何も言っていません」と全幅の信頼を寄せる。土日5勝の活躍で今季の勝ち星を26勝(1日現在)としたノリは、全国リーディングを独走中(2位内田博騎手に6勝差)。実力ある人馬の歯車がかみ合った、文句なしの快勝だった。

 「もう8歳だし、チャンスも少ないですから。悔いのないように頑張ってほしいですね」

 悲願のGI制覇に向けて、ノリも愛馬の頑張りに期待を寄せる。当面の目標は安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)。実力も経験も十分の味わい深いコンビが、いよいよビッグタイトル獲得に挑む。

By サンスポ

【マイルCS】カンパニー悲願のGI獲得へ

 素直に地力を信頼する! 本紙・加藤隆宏記者は京都競馬場で行われる第25回マイルCSで7歳馬のカンパニーに自信の◎を打った。コースレコードのハイレベル決着だった天皇賞・秋では、タイム差なしの4着と好走。05年から3年連続で天皇賞組が優勝しており、GI初制覇の舞台は整った。


 スーパーホーネットが人気を集めている。58キロを背負った毎日王冠であのウオッカを撃破したのだから当然だが、全幅の信頼を置けるかというと少々疑問だ。マイルCSはホーネットが主役で受けて立つポジション。プレッシャーが違えば、競馬の仕方も微妙に違ってくる。前走はウオッカを徹底マークし、すべてがうまくいったが、今回は目標不在で、自身との戦い。人気を背負っているので、有力ライバルの動向は無視できないだろうし、安全策のレースになってしまう可能性は大。実際、1番人気に推された春の安田記念は8着に敗れている。〇の評価とした。

 ◎カンパニーで攻める。7歳秋を迎えたが、衰えるどころか、ますます盛んだ。天皇賞・秋はメンバー最速の上がり3ハロン33秒5をマークし、『3強』とタイム差なしの4着に突っ込んだ。秋初戦の毎日王冠(5着)は16キロ減で出走。前走は体調を戻しながらの調整だったが、あそこまで頑張れた。完全復調モードに入った今回は、天皇賞の反動も見せず元気いっぱい。馬体は厚みを増し、ツヤもいい。中2週のローテーションで、坂路4ハロン52秒0の好タイムで追い切れたのだから文句なし。調子が下降気味だった昨年のマイルCS(5着)とはデキが違う。

 右回り(全8勝中6勝をマーク)のほうが走りっぷりがスムーズなのは言うまでもないこと。前走は後方一気だったが、枠と距離を考慮したうえでの決め打ちだった。3月の中山記念(1着)以降、横山典弘騎手が手綱を取るようになってから、先行差し自在。マイルでこのメンバーならば、逃げ先行馬の出方をうかがいながら、自在に動けるはずで、ホーネット目標のレースも想定内だろう。百戦錬磨のカンパニーが待望のGI制覇を成し遂げる。


By サンスポ

距離適性「A」カンパニー/マイルCS

 「キーマンの懐へ」ではマイルCSの有力馬カンパニーの手綱を取る横山典弘騎手の胸の内に迫った。

 ――カンパニーの秋2戦(毎日王冠5着、天皇賞4着)はスタート後のダッシュが春ほど良くなかった。

 横山典 もともとスタートはあまり速いタイプではありません。春のいい頃に比べるとまだ本調子ではない分、進んでいかなかったのでしょう。

 ――休み明けの毎日王冠が16キロ減の450キロで、前走は460キロ。

 休み明けで大きく減っていたのは状態面が本物じゃなかったからかなあ…とは思いました。ただ、関西馬なので中間もずっと見ているわけではないから詳しくは分かりません。

 ――前走は4コーナーで迷わず内へ行った。外へ持ち出した毎日王冠でウオッカとの差を詰められなかったから今度は内へ?

 いえいえ。毎日王冠は内の進路がふさがっていたけど天皇賞は開いていた。それだけのことで、特に前のレースを意識してああいうコース取りになったというわけではありません。

 ――ただ、レース後は内へ行ったため一瞬前が狭くなったのが痛かったと話していましたね。

 苦しくなるほど狭くなったわけではありません。行こうと思えば余裕で行けたし、むしろ何も考えていなければ行っていたと思います。ただ、流れや前にいるメンバーを考えると無理に行かせたくなかった。

 ――前半が58秒7なら後半はもっと時計が掛かると考えるのが当然。ペースを読めば慌てて前に行かない方が正解と思いますよね。

 だから悪い乗り方ではなかったと思います。ところが結果的に前に残られてしまった。しかもわずかの差(鼻、首、鼻差)まで追い上げてきた。それだけに悔しくて、狭くなったところで踏み込んで行った方が良かったのかなあ…と考えたわけです。

 ――今回は2F短縮の1600メートル。春にマイラーズCを勝っていますが、実際の距離適性は?

 全く心配していませんね。状態さえ良ければ2000メートルだろうが1600メートルだろうが、相当高いレベルで勝ち負けできる馬だと思っていますから。

 ――状態面は?

 追い切りは動いたし、優秀な厩舎なのでそのあたりも心配ありません。いい状態だと思いますよ。

 ――最初にこの馬の手綱を取った時からかなりホレ込んでいた。

 その気持ちに変わりはありません。素晴らしい馬なのは間違いないので、音無調教師や関係者、ファンの皆さんの期待に応えられるように乗るだけです。

 ――先週悔しい思い(エリザベス女王杯を1番人気カワカミプリンセスで2着)をしたので、今週は決めたいですね。

 先週は先週、今週は今週です。勝つつもりで乗る。それだけです。

By スポニチ
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。