アサクサキングス 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞・春】四位自信満々!キングス

 昨年の借り、きっちり返済します!! 天皇賞・春の枠順が30日午後に確定し、アサクサキングスは〔8〕枠(17)番を引いた。1番人気で挑んだ昨年は3着に敗退したが、今年は前哨戦を含めGII連勝中の充実ぶり。同日朝に栗東トレセンでの追い切りに騎乗した四位洋文騎手も「今年こそは!」と闘志を燃やす。Vなら世界最高峰レース凱旋門挑戦プランもあり、夢の実現に向けて陣営も気合十分だ。

 5歳の今年は受けて立つ! 一昨年の菊花賞馬アサクサキングスが2度目の天皇賞・春に向けて終い重点ながら切れのあるフットワークを披露した。

 主戦の四位洋文騎手を背に栗東DWコースをひと回りキャンターで流した後、5、6馬身ほど先を進むヒラボクロイヤル(牡5、オープン)を目標にする形で序盤はゆったりと進む。直線でも鞍上の大きなアクションはなかったが、スッと半馬身前に出てゴール。6ハロン87秒0-70秒1-54秒7-40秒0-12秒2と時計が遅いため、スタンドから見届けた報道陣からは“軽すぎるのでは?”との疑問の声もあった。

 その点について、四位騎手は「きょうは前に1頭馬を置いて、いい形でフィニッシュできるようにと言われていた。(時計的に)物足りないと思うかもしれないが、終いは本当に良かった」と不安を吹き飛ばした。

 前走の阪神大賞典は苦手の重馬場と阪神の芝を克服して快勝。大久保龍志調教師は「精神的に切れることなく最後まで走れていた。古馬になって年相応の落ち着きが出てきたし、体質的にもしっかりしてきた」と成長ぶりに感心する。

 タフなレースだった反動に関しても「京都記念の後より長く休みをとったが、1カ月半ほど間隔があったのでその後は順調にこれた。JRAからお願いされてつけたハートレートモニターでも先週の時点で、いい数値が出ていると診療所から言われました」と好状態を伝える。枠順は〔8〕枠(17)番に決まったが、「外からかぶされないからいい。それに昨年も〔8〕枠の馬(アドマイヤジュピタ)が勝ったから」と寺島良調教助手はプラスにとらえる。

 前哨戦を快勝し、09年は2戦2勝だけに1番人気は確実だ。「マークされる立場だが、いい形で勝てれば。昨年は3着だったし、今年こそはという気持ち」と四位騎手は改めて気を引き締める。大久保龍師も「勝てばの話ですが、凱旋門(10月4日、仏GI、ロンシャン、芝2400メートル)も考えています」と夢プランの実現に力が入る。この1年で大きく成長したアサクサキングスが、堂々と春の盾をつかみに行く。(サンスポ)
スポンサーサイト

【天皇賞(春)】アサクサキングス最高潮

【天皇賞(春)】アサクサキングス最高潮
デイリースポーツ - 2009/4/24 9:29

 「天皇賞(春)・G1」(5月3日、京都)
 重賞連勝の勢いに陰りなし。春の盾の1週前追い切りが東西トレセンで行われ、アサクサキングスが栗東DWでシャープな伸びを披露した。阪神大賞典の疲れも取れ、大舞台へ向けて準備は着々と進んでいる。美浦では安藤勝が駆けつけ、香港ヴァーズ3着以来のジャガーメイルがポリトラックで並入。アルナスラインも栗東坂路で力強い脚さばきを披露した。
  ◇  ◇
 既に戦闘モードに突入している。アサクサキングスが栗東DWで躍動感にあふれる動き。軽快にピッチを上げて直線へ。GOサインが入ると、さらに加速して、右ムチを受けながらシャープにフィニッシュを決めた。
 時計は6F83秒0-38秒6-11秒5。大久保龍師は「気持ちも乗ってきているので、あえて助手を乗せた。もうちょっと強くても良かったかな。まあ、来週に加減ができるから」と話した。あとは微調整をするだけ。調整過程に不安はない。
 重賞2連勝と勢いに乗っている。昨年の有馬記念で14着惨敗。その後は調教量を増やした。「普段の坂路を上がるときなども、以前より時計が1秒ほど速くなるようにした。京都記念でいい結果が出たので、今回も同じような感じでしている」と寺島助手。さらに負荷をかけることで、そのたくましさは増す一方だ。
 ハードな馬場だった阪神大賞典後は疲れが出たが、2週間ほど入念なケアを施したことで今では全く問題はない。「先々週に坂路で15-15を切ったくらいから、馬が良くなってきた。もう1回走ろうかなという気になった」。寺島助手の明るい表情が順調さを物語る。
 来週の最終追い切りは主戦の四位を背に行う予定。「ここまで2戦をちゃんと勝ってきて、いい状態で持って行ける。昨年よりは手応えがある」と寺島助手。1番人気で3着に敗れた昨年の雪辱へ狂いはない。

完全復調!アサクサキングス!!

完全復調!アサクサキングス!!

 第57回阪神大賞典(22日、阪神11R、GII、4歳上オープン、別定、芝・内3000メートル、1着本賞金6500万円=出走12頭)雨ニモ負ケズ、前哨戦快勝!! 四位洋文(36)=栗・フリー=騎乗のアサクサキングスが好位から抜け出し、粘るヒカルカザブエとの激闘をハナ差制して重賞連勝を決めた。3分13秒2(重)。昨年は1番人気で3着に敗れた春の盾獲りに自信をもって臨む。1番人気のオウケンブルースリは7着に完敗した。

 降りしきる雨の向こうに、盾が見えた。熾烈(しれつ)な競り合いを制して、重賞連勝! アサクサキングスが貫禄勝ちを決めた。

 「最後は底力。勝って本番(春の天皇賞)に向かわないと楽しみがなくなるからね」

 納得の“解答”に四位騎手が白い歯を見せている。スタートして中団を進む。マイペースを守りながら力を温存した。「馬場が悪いし、どこを通っても同じ。内めでロスなく運ぼうと思ったんだ」

 テイエムプリキュアが大きく逃げる形でも慌てず騒がず。2周目の3角から“競馬”が動いた。目の前にいるヒカルカザブエを目標にホームストレッチに進入。最後は得意の叩き合いに持ち込んで、キッチリとハナ差だけ競り落とした。「力のある馬だからね」。四位騎手が胸を張ってパートナーを称えた。

 この日の9R以降、急激に雨が激しくなり、馬場状態が悪化。「次も雨が降らないとは限らないので…」。大久保龍調教師は大目標の天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)を想定して、レースを見守った。「雨が嫌いな馬だから、この馬場はどうかなと思っていたんです。精神的に成長している面があるのでしょう。勝てて自信を持てましたね」

 大きな収穫があった。これで、確かな手応えを持って古馬最高峰の一戦に挑める。「今度も頑張って仕上げたい。今年は古馬の王道を歩ませたいんです」と力強い口調で続けた。

 「次もチャンスがあると思う。もう1度、(07年菊花賞以来となる)淀の舞台でGIを勝たせたい」と四位騎手も強く意気込む。連続タイトル奪取で充実期を示した長距離の王者。“盾”がすぐそこにある。

By サンスポ




天皇賞への最高のステップになったはず!!

アサクサキングス復活V!!

 21日、京都競馬場で「第102回京都記念」(GII、芝2200メートル)が行われ、四位洋文騎手騎乗で3番人気のアサクサキングスが直線で1番人気サクラメガワンダーとの叩き合いを制し、2007年菊花賞(GI)以来、重賞3勝目をあげた。

 アサクサキングスは父ホワイトマズル、クルーピアスター、母の父サンデーサイレンス。牡5歳で栗東・大久保龍志厩舎所属。通算17戦5勝、2着2回。重賞は07年きさらぎ賞、菊花賞に続いて3勝目。重賞3勝はすべて京都競馬場。

 2着は1番人気サクラメガワンダー、3着は逃げ粘った9番人気ヴィクトリー。

 昨年の京都記念勝ち馬で3番人気に支持されていたアドマイヤオーラ(牡5歳、栗東・松田博資厩舎)は、発走直前に馬体に故障を発生し、競走除外となった。


By サンスポ
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。