スクリーンヒーロー 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクリーンヒーロー屈けん炎で休養9か月以上

スクリーンヒーロー屈けん炎で休養9か月以上
スポーツ報知 - 2009/12/5 8:00

 連覇を狙った先週のジャパンCで13着に敗れたスクリーンヒーロー(牡5歳、美浦・鹿戸雄厩舎)が、左前脚に浅屈けん炎を発症。4日、宮城・山元トレセンへ放牧に出された。9か月以上の休養を要する見込みだ。

 火曜日(1日)までは、特に脚元の問題はなかった同馬だが、2日に若干腫れが見られたため、3日午後に美浦の診療所で診察を受けたところ、屈けん炎が判明した。「左ひざの骨折経験のある馬で気を付けていたんだが…。天皇賞の激走が響いたのか。ジャパンCの時は、東京の馬場も荒れていたからね。馬に申し訳ないことをした。できればカムバックしてほしいが…」と鹿戸雄調教師。7日にオーナーと今後の進路について話し合う予定だ。
スポンサーサイト

08年JC馬スクリーンヒーローが屈腱炎、9カ月以上の休養見込み

08年JC馬スクリーンヒーローが屈腱炎、9カ月以上の休養見込み
スポーツナビ - 2009/12/4 19:20

 JRAは4日、2008年のGIジャパンカップを優勝したスクリーンヒーロー(牡5=鹿戸雄厩舎)が左前浅屈腱炎を発症したことを発表した。今後9カ月以上の休養を要する見込み。

 同馬は父グラスワンダー、母ランニングヒロイン(母の父サンデーサイレンス)の血統。08年11月にGIIアルゼンチン共和国杯を勝ち重賞初勝利を達成すると、続くGIジャパンCでメイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイの3世代ダービー馬を撃破してGI初制覇。同年の最優秀4歳以上牡馬にも選出された。
 新チャンピオン候補として期待された今年だったが、春はスランプに陥り、2走前のGI天皇賞・秋で2着に好走し復活の足がかりとしたものの、史上初の連覇を目指した前走のGIジャパンCでは13着と敗れていた。

スクリーンヒーローが世界4位にランク

スクリーンヒーローが世界4位にランク
2009年5月21日(木) 14時50分 netkeiba.com

 JRAは21日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)による『ワールドサラブレッドランキング』を発表した。

 今回の発表は08年11月1日~09年5月17日に施行された世界の主要レースが対象。トップはドバイデューティフリー(首G1)を勝ったグラディアトゥーラス Gladiatorusで127ポンドだった。

 日本調教馬は13頭が掲載され、ジャパンC(GI)を勝ったスクリーンヒーローが122ポンドで4位タイ。ヴィクトリアマイル(GI)を制したウオッカは119ポンドで22位タイとなり、有馬記念(GI)を制したダイワスカーレットと並んで牝馬では世界2位タイとなった。

スクリーンヒーロー、絶好調の横山典とコンビ!

 昨年ジャパンCを勝ち、最優秀4歳以上牡馬に選ばれたスクリーンヒーローが、天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)に向けて今週の阪神大賞典で始動する。有馬記念5着後は宮城県山元TCで充電完了。前2走でコンビを組んだミルコ・デムーロ騎手が短期免許終了で帰国したため、今回から絶好調の横山典弘騎手(41)と再コンビを結成。古馬中長距離路線の頂点を目指し、いざ、出陣だ!!

 昨秋のジャパンCで世界を制したスクリーンヒーローが鞍上に重賞騎乗機会4連勝中と絶好調の横山典弘騎手を迎え、春の盾獲りに向けて今週の阪神大賞典で始動する。

 年が明けて、心身ともに一段と逞しくなったムードを漂わせている。有馬記念5着後は、宮城県山元TCへ放牧に出てリフレッシュし、09年初戦を阪神大賞典に定めて2月19日に美浦TCへ帰厩した。その後は坂路とコース(ウッド、ポリトラック)を併用し、終い重点の追い切りをここまで6本。速い時計こそ出していないが、しっかりと息を作れるだけの運動量を消化している。「山元TCでも休みなく乗っていたし、美浦に戻ってからも順調。体も少し増えてどっしりとして格好良く見える」とGIホースの風格を醸し出す愛馬に鹿戸雄調教師は目を細める。

 11日の1週前追い切りは、横山典騎手が跨ってPコースで5ハロン72秒0、3ハロン41秒9-13秒5を馬なりでマーク。元々仕上げに手間取らないタイプだけに、これ以上の負荷をかける必要もない。「手応えも良かったし、変わりなく順調。こういう馬に騎乗できるのは光栄だ」と昨秋、オクトーバーS(2着)以来のコンビを組む絶好調男が腕を撫す。

 15日の中山牝馬SでラストランのキストゥヘヴンをVへエスコートし、自身も重賞V4を達成。今週は土曜中京・ファルコンSで騎乗予定のレッドヴァンクールも芝初挑戦ながら目を離せず、武豊騎手が98年にマークした重賞騎乗機会6連勝の最多記録に並ぶ可能性もある。

 35勝で全国リーディングを独走するノリと、春の天皇盾から世界の舞台へ夢を馳せるスクリーンヒーロー。『名手と名優』のスーパータッグで仁川のターフを席巻する。

By サンスポ
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。