ブエナビスタ 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言

【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言
サンケイスポーツ - 2009/12/28 10:07

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)池添謙一騎乗のドリームジャーニーが、宝塚記念に続き秋もグランプリホースに輝いた。2分30秒0(良)。1番人気に推された2冠牝馬ブエナビスタは、初コンビの横山典弘騎手の手綱で好位からという“新境地”の競馬を披露。ジャーニーにかわされてからも離されまいと抵抗。先行勢が総崩れだった流れで2着を確保し、負けて強しを印象づけた。

 ファンの夢を背負い1番人気に支持されたブエナビスタ。早め先頭の積極策でオークス以来の勝利を狙ったが、ドリームジャーニーの末脚に屈し2着。スターロツチ以来49年ぶりの3歳牝馬の優勝は成らなかった。

 〔1〕枠(2)番からのスタートで、初コンビの横山典弘騎手が選んだのは先行策。“勝ちにいくにはこの作戦しかない”という気合の表れでもあった。リーチザクラウンが引っ張る速い流れにも、5番手のインで折り合い、抜群の手応えで直線を迎えた。場内のボルテージは最高潮に達し、多くのファンはブエナのトップゴールを信じて疑わなかった。しかし、外から同じ勝負服のドリームジャーニーにかわされた。

 「よく走ってくれたよ。あれ以上は…。ドリームジャーニーが強かった」。横山典騎手は勝ち馬を称賛する一方で、パートナーを労った。ブエナはGI舞台で古馬の牡馬との対戦は初めてだったが、かわされてからも食い下がり、2着を死守。先行馬総崩れの厳しい展開を考えれば、強さは十分に示した。松田博資調教師も「力は出し切った。走りには満足しているよ。それにしても(ブエナが)差されたのは初めてだよな」とレースぶりに文句はなかった。

 今春の2冠牝馬は、秋は無冠に終わったが、「このあとはドバイのつもり。馬の回復を見てからやけどな」とトレーナーはドバイワールドカップデー(3月27日、メイダン競馬場、レースは未定)への参戦を明言した。

スポンサーサイト

ブエナビスタ、ドバイWC登録へ!ウオッカと対決?

ブエナドバイWC登録へ!ウオッカと対決?
デイリースポーツ - 2009/12/18 9:32

 来年3月27日に行われるドバイワールドC・G1(オールウェザー2000メートル、メイダン競馬場)にブエナビスタが参戦する可能性が出てきた。松田博師は「登録はする。使うか使わないかは決めていないが、もし行くとなったときに困るからな」と話した。実現すれば、ウオッカとの夢の対決が海外で見られることになる。同馬は有馬記念へ向けて順調に調整中。「とりあえず無事に行ってくれれば」。世界へ、そして7冠牝馬との対決へ向けて暮れの大一番で強さをアピールしたい。

ブエナビスタに横山典!有馬で安藤勝から乗り替わり

ブエナに横山典!有馬で安藤勝から乗り替わり
スポーツ報知 - 2009/12/9 8:00

 今年の桜花賞、オークスの優勝馬で、有馬記念(27日、中山)の有力候補に挙げられているブエナビスタ(牝3歳、栗東・松田博厩舎)は、横山典弘騎手(41)=美浦・フリー=と新たにコンビを組むことが8日、スポーツ報知の取材で分かった。同馬は、デビューからの9戦、すべて安藤勝己騎手(49)=栗東・フリー=が騎乗していたが、暮れの大一番は、東のトップジョッキーを鞍上に臨むことになった。

 今年の競馬界で主役を演じてきたブエナビスタが、東の名手・横山典と新たなタッグを結成する。

 圧倒的な末脚で2冠を制しながら、夏以降の3戦は、結果を出せずにいた。札幌記念は、差し届かず2着。史上3頭目の牝馬3冠を目指した秋華賞は、レッドディザイアに鼻差及ばなかったうえ、降着の憂き目に遭い3着に終わった。捲土重来を期したエリザベス女王杯も展開に泣き、究極の末脚を駆使しながら、大逃げを打った2頭を捕らえ切れなかった。

 いずれも、流れに泣いた形の敗戦。夢のグランプリを前に、陣営が新たな手を打った。デビューから手綱を執り続けるベテラン安藤勝から、横山へのスイッチだ。「同じような競馬をして結果が出ていない。違う形のレースをしてもらうために、(騎乗を)依頼しました」と同馬を所有する(有)サンデーレーシングの関係者は、いきさつを話す。

 横山は、デビュー24年目の今年、ロジユニヴァースで悲願のダービージョッキーに。秋は、カンパニーで天皇賞、マイルCSを制したほか、先週のワールドスーパージョッキーズシリーズも優勝するなど、乗りに乗っている。ロジユニヴァースの有馬記念回避が正式に決まったことからオーナーサイドが騎乗を依頼し、横山も受け入れている。

 怒とうの追い込みで2冠を制したブエナビスタを、中山の2500メートルというテクニックが必要な舞台でどう操るのか。大物牝馬の直前での乗り替わりは、グランプリの最大の話題になりそうだ。

ブエナビスタ、エリザベス女王杯参戦決定!鞍上はアンカツ【競馬ニュース】

ブエナビスタ、エリザベス女王杯参戦決定!鞍上はアンカツ
サンケイスポーツ - 2009/10/27 12:04

 秋華賞で2位降着の3着に終わって3冠を逃したブエナビスタ(栗・松田博、牝3)は、オーナーサイドと松田博調教師が協議した結果、エリザベス女王杯(11月15日、京都、GI、芝2200メートル)に向かうことになった。

 秋華賞からエ女王杯は既定路線だったが、秋華賞後に松田博師が「エリザベス女王杯かジャパンCかは分からんぞ」と次走については明言をしなかったため、動向が注目されていた。エ女王杯は秋華賞と同じ京都コースでも、直線が長い外回りに替わるため、ブエナにとってはより走りやすい舞台といえる。引き続き安藤勝己騎手(49)=栗・フリー=で挑むことも決まった。

 なお、秋華賞馬レッドディザイア(栗・松永幹、牝3)もエ女王杯参戦が有力視されている。

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。