騎手 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内田博幸146勝!リーディング初奪取

内田博146勝!リーディング初奪取
デイリースポーツ - 2009/12/28 9:19

特設のこたつに入り、武豊(左)、池添(中)と談笑する内田博(右)

 27日にJRAの全日程が終了し、146勝を挙げた内田博幸騎手(39)=美浦・嶋田潤=が2位の武豊に6勝差をつけて初の全国リーディングに輝いた。これにより史上初となる地方、中央の両方で全国リーディングを獲得する快挙を達成した。
 昨年3月に南関東からJRAへ移籍。2年目での栄誉獲得に「気持ちの面で負けずに頑張れば、届かない夢も届くと思った」。武豊という大きな壁に立ち向かい、そして乗り越えてみせた。
 「誇りになる」と喜びをかみしめながらも、笑顔は一瞬で封印。「(自らは)人一倍騎乗数が多く、その分勝つ可能性も高くなる。20年間トップを走ってきた人がいるわけだし、僕が1回獲ったところで」と自分に言い聞かせるように語った。
 来年は真価が問われる一年になる。「リーディングを獲った第一人者として、それに恥じない騎乗をしたい」。2年連続の頂点を目指して、武豊との新たな激闘の幕が開く。

スポンサーサイト
[ 2009/12/28 14:55 ] 騎手 内田博幸 | TB(0) | CM(0)

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり
サンケイスポーツ - 2009/12/2 17:22

 2日、JRA(日本中央競馬会)は阪神競馬場で5、6日に行われるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の各騎手の騎乗馬を発表した。2日間各2レース、計4レースのポイントで優勝が決まるシリーズは、今年で23回目となり、各騎手にはハンデキャッパーがA〜Dのランク付けした馬が抽選で振り分けられる。

【写真で見る】 初のWSJS地方代表に決定した的場文男騎手

 昨年の覇者、フランスのI・メンディザバル騎手(35)はエリモサリュート(ゴールデンサドルT)、ショウサンウルル(ゴールデンスパーT)、グッドバニヤン(ゴールデンブーツT)、ヤマニンイグナイト(ゴールデンホイップT)に騎乗する。

 また、1992年以来、17年ぶり2回目の優勝を目指す武豊騎手(40)=栗東・フリー=はゴールデンスパーTでアドマイヤミリオンに騎乗する。武豊騎手と“アドマイヤ”勢のコンビと言えば、日本ダービーを制したアドマイヤベガ、エリザベス女王杯2連覇のアドマイヤグルーヴなど数々のGIレースを勝っているが、コンビを組むのは久々で、07年5月13日のヴィクトリアマイル(アドマイヤキッス=3番人気7着)以来、実に2年半ぶりとなる。

 出場騎手は、JRAから関東の内田博幸(39)、横山典弘(41)、関西の武豊(40)、岩田康誠(35)、藤田伸二(37)のリーディング上位騎手に加えて、サマージョッキーズシリーズを制した秋山真一郎(30)が初出場。

 海外からは、レイチェルアレクサンドラの主戦として知られるカルヴィン・ボレル(43)=米=をはじめ、ギャレット・ゴメス(37)=米、イオリッツ・メンディザバル(35)=仏、クリストフ・ルメール(30)=仏、ライアン・ムーア(26)=英、マイケル・キネーン(50)=愛、クレイグ・ウィリアムズ(32)=豪、ダグラス・ホワイト(38)=香=の8人が参戦し、地方競馬からは53歳の大ベテラン、大井の的場文男騎手が出場する。

 なお、来年のWSJSは、30回目を迎えるジャパンCを盛り上げるため、東京競馬場で開催されることが決まっている。
[ 2009/12/03 12:06 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)

三浦皇成騎手がフリーに【競馬ニュース】

三浦皇成騎手がフリーに
netkeiba.com - 2009/10/30 18:43

 三浦皇成騎手(19、美浦・河野通文厩舎)が、10月31日付で美浦・フリーに所属変更となることがわかった。

 同騎手は昨年3月にデビュー。30日現在の通算成績はJRA1480戦160勝(うち重賞2勝)、地方22戦1勝、海外20戦2勝。
[ 2009/10/31 08:16 ] 騎手 三浦皇成 | TB(0) | CM(0)

三浦皇成、好走続きで騎乗数増【競馬ニュース】

三浦皇成、好走続きで騎乗数増
2009年9月23日(水) 9時16分 サンケイスポーツ

 【ニューマーケット(英国)22日=高尾幸司】三浦皇成騎手(19)=美・河野=は21日(日本時間同日深夜)、レスター競馬場で1鞍、6RジョンウエストH(3歳上、芝・右約1655メートル、12頭)でヒプノティスト(C・ブリテン、せ3)に騎乗した。結果は2~3番手を進み、最後は詰めを欠いて4着だったが、「指示通り乗れました」と納得した様子。確かに8番人気の評価以上の結果だっただけに、上々だろう。

 このレースは英国で18戦目。人気以上の結果を出すケースが目立ち、このあたりも騎乗が予想以上に多くなっている理由かもしれない。「こんなにレースに乗れるとは思いませんでした。来る前は3週間、調教だけ参加するくらいのつもりでしたので」と三浦はうれしい誤算とばかりにいい、続けて「乗るたびに伝統、格式が身にしみてきます。レース全体のことをいえば、非常にタイト(馬群がひしめき合う)ということですね」と近代競馬発祥の地、英国のレースの印象を語った。
[ 2009/09/24 07:32 ] 騎手 三浦皇成 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。