2010年04月 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。
月別アーカイブ  [ 2010年04月 ] 

≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇賞馬・バブルガムフェローが肺炎のため死亡

天皇賞馬・バブルガムフェローが肺炎のため死亡
サンケイスポーツ - 2010/4/27 13:44


 日本中央競馬会(JRA)は27日、1996年の天皇賞・秋を制するなどGI2勝を挙げ種牡馬としても活躍したバブルガムフェロー(牡・17歳)が26日に肺炎のため北海道沙流郡日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死亡したと発表した。

【写真で見る】 GI2勝を挙げたバブルガムフェロー

 バブルガムフェローは95年10月にデビュー。初戦の新馬戦は3着に敗れたが2戦目で勝ち上がった。続く府中3歳Sも勝利すると朝日杯3歳S(現朝日杯FS)も快勝し、GI制覇を飾った。春初戦のスプリングSも勝利し、クラシックの中心的な存在になるはずだったが皐月賞前に骨折が判明し皐月賞、日本ダービーに出走することはできなかった。

 秋に復帰を果たし初戦の毎日王冠では古馬に混じり3着と健闘。距離適性を考慮し、クラシック最終戦の菊花賞を回避し挑戦した天皇賞・秋で蛯名正義騎手を背に4歳馬としては史上初の優勝を飾った。その後は97年の鳴尾記念(GII)と毎日王冠(GII)を勝利。連覇を狙った天皇賞・秋では1番人気に推されたがエアグルーヴに敗れ、続くジャパンCでは3着に。このレースで現役生活を終え引退、種牡馬入りした。

 引退後は03年より社台スタリオンステーションで繋養され、04年からはブリーダーズスタリオンステーションに移動していた。主な産駒には02年の名古屋GP(GII)を制したアッパレアッパレや09年の京成杯(GIII)を制したアーリーロブストなどがいる。オーストラリアにもシャトル種牡馬として海を渡っており、活躍馬を出している。

 繋養先のサラブレッドブリーダーズクラブ・遠藤氏は「3月より熱発が続き、担当獣医師が治療にあたっておりましたが、症状が改善せず肺炎との診断を受けました。その後、種付け業務を完全休養し、治療に専念しておりました」と話し、「これまで同馬を応援して下さったたくさんのファンの方々、ご支援いただいた馬主はじめ関係各位にお礼申し上げます。同馬の冥福を心よりお祈りいたします」とコメントを発表した。

スポンサーサイト
[ 2010/04/28 07:36 ] 競馬ニュース | TB(1) | CM(0)

ネヴァブション逃げて大接戦の4着健闘=香港QエリザベスII世C

ネヴァブション逃げて大接戦の4着健闘=香港QエリザベスII世C
スポーツナビ - 2010/4/25 18:40

 国際GIクイーンエリザベスII世カップが25日、香港シャティン競馬場2000メートル芝で開催され、日本から出走したネヴァブション(牡7=伊藤正厩舎)は4着でゴールした。
 同馬は後藤浩輝を鞍上に好スタートから先頭を奪い果敢に先行。そのままペースを握り、ゴールまで残り100メートル付近までトップを死守していたが、外から急襲したビバパタカ、リザーズディザイアらの差し脚に屈し、勝ったビバパタカから約1馬身半差の4着敗戦。惜しくも海外GI制覇はならなかったが、大健闘の走りだった。

 大接戦のラストをグイッと突き抜けたのは、08/09年シーズンで香港年度代表馬にも選出された地元の英雄ビバパタカ(セン8=J・ムーア厩舎)。09/10年シーズンは不振にあえいでいたが、W・マーウィングの手綱に導かれビッグレースで見事な復活勝利を飾った。同レースは07年以来の2勝目となり、国際GIも2勝目となる。
 およそクビ差の2着には今年のGIドバイワールドカップ2着馬で、C・スミヨン騎乗のリザーズディザイア(セン4=南アフリカ/M・デコック厩舎)。さらにクビ差の3着にはD・ホワイト騎乗のスーパーサテン(セン4=香港/C・ファウンズ厩舎)が入った。

[ 2010/04/26 07:42 ] 競馬ニュース | TB(1) | CM(0)

ドリームジャーニー、天皇賞・春回避…右前脚に不安発症

ドリームジャーニー、天皇賞・春回避…右前脚に不安発症
サンケイスポーツ - 2010/4/23 9:19

 昨年の宝塚記念、有馬記念の勝ち馬で、天皇賞の有力候補と見られていたドリームジャーニー(栗・池江寿、牡6)が22日、右前脚に不安を発症し、池江寿調教師が同レースへの回避を発表した。

 この日朝の坂路での1週前追い切り(4ハロン54秒7)では軽快に駆けたが、調教後に右前脚の球節部分の張りが見られ、出走を見合わせた。

 「触ると痛みがあるみたいなので、大事を取って出走をやめることにしました。使って使えないことはありませんが、もうレースまで10日しかありませんので…」とトレーナーは説明した。

 全治は未定だが、腱、骨といった箇所には異常が見られないとのことで、近日中にも栗東近くのグリーンウッドに放牧に出される。

 今後については、順調に回復することを条件に「宝塚記念(6月27日、阪神、GI、芝2200メートル)連覇が目標ですので」と早々での復帰を示唆。昨年の最優秀古馬のカムバックは春のグランプリになりそうだ。

[ 2010/04/24 09:45 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

フォゲッタブルなど25頭が登録/天皇賞・春

フォゲッタブルなど25頭が登録/天皇賞・春
netkeiba.com - 2010/4/19 18:29

 5月2日(日)に京都競馬場で行われる第141回天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)の登録馬が19日、JRAより発表された。

 登録を行ったのは、昨年のステイヤーズS(GII)、今年のダイヤモンドS(GIII)と長距離重賞2勝を挙げているフォゲッタブル、昨年の春秋グランプリホースのドリームジャーニー、阪神大賞典(GII)を制して臨むトウカイトリックなど25頭。登録馬は以下の通り。

( )内は性齢、所属・厩舎
エアシェイディ(牡9、美浦・伊藤正徳)
エアジパング(セン7、栗東・藤原英昭)
カネトシソレイユ(牡6、栗東・大橋勇樹)
コパノジングー(牡5、栗東・宮徹)
ゴールデンダリア(牡6、美浦・二ノ宮敬宇)
ゴールデンメイン(セン10、栗東・新川恵)
ジャガーメイル(牡6、美浦・堀宣行)
ジャミール(牡4、栗東・松元茂樹)
ダイワワイルドボア(牡5、美浦・上原博之)
テイエムアンコール(牡6、栗東・柴田政見)
トウカイトリック(牡8、栗東・野中賢二)
トウショウウェイヴ(牡5、美浦・大久保洋吉)
トウショウデザート(牡4、美浦・大久保洋吉)
ドリームジャーニー(牡6、栗東・池江泰寿)
トーセンクラウン(牡6、美浦・菅原泰夫)
ナムラクレセント(牡5、栗東・福島信晴)
フィールドベアー(牡7、栗東・野村彰彦)
フォゲッタブル(牡4、栗東・池江泰郎)
ベルウッドローツェ(牡4、美浦・小島茂之)
ホクトスルタン(牡6、栗東・庄野靖志)
マイネルキッツ(牡7、美浦・国枝栄)
ミッキーペトラ(牡4、栗東・森秀行)
メイショウドンタク(牡4、栗東・本田優)
メイショウベルーガ(牝5、栗東・池添兼雄)
メインストリーム(牡5、栗東・角居勝彦)

[ 2010/04/20 09:04 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

岩田康騎手、ヴィクトワールピサは「ウオッカみたい」

岩田康騎手、ヴィクトワールピサは「ウオッカみたい」
サンケイスポーツ - 2010/4/19 11:06

 第70回皐月賞(18日、中山11R、GI、3歳OP、芝2000m)牡馬3冠レースの第1冠の皐月賞が行われ、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ヴィクトワールピサ(牡3、栗東・角居厩舎)が直線内から抜け出し、クラシック1冠目を制した。鞍上の岩田康騎手はインタビューで「負けるイメージはなかった」とレースを振り返った。

 --騎乗を依頼されたときの気持ちは

 「最初はヨシッ!と思ったけど、本番が近づくにつれてプレッシャーがね…。でも僕がメチャクチャな乗り方をしなければ大丈夫だと。負けるイメージはなかったですね」

 --直前の10Rで落馬していました

 「痛いとか言ってられないからね。そんなこと言って乗れなかったら、ファンにも厩舎にもオーナーにも申し訳ないでしょう」

 --またがった感触はどうでしたか

 「重厚感があってウオッカみたいだなと。僕よりも馬の方が落ち着いていたぐらいで、ゴーサインを出したら行く、かしこい馬です」

 --皐月賞連覇という快挙を成し遂げました。きょうは帰ってどう過ごしますか

 「とりあえずゆっくりしたい。この1週間は本当に大変だった。他の17頭すべての馬の追い切りビデオを見たりね。みんな皐月賞のために目一杯仕上げてきているのが、ヒシヒシと伝わってきた。能力が抜けていても競馬は何が起こるかわからないしね。明日の朝はスポーツ紙を全部買って読みますよ」

[ 2010/04/20 09:04 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】武豊“代役”岩田の好騎乗に「見事!」

【皐月賞】武豊“代役”岩田の好騎乗に「見事!」
スポーツニッポン - 2010/4/19 7:02

 3月27日の落馬、骨折で戦線離脱中の武豊は皐月賞を自宅でテレビ観戦した。ヴィクトワールピサの勝利を見届けると「岩田君は大胆に最内を突いたよね。見事!大したもの。よくあのコースが空いたもんだ」と好騎乗を称賛。そして「もし勝てなかったらケガをした僕まで責任を感じるところだった。オーナーの市川さんは初めてのG1勝利。オーナー、調教師、ジョッキー、厩舎の皆さんにもおめでとうと言いたい心境です」と素直に喜んだ。

 前日はリーチザクラウンがG2マイラーズC、そしてヴィクトワールピサがG1皐月賞と本来なら自分が乗るはずだった馬が2日続けて勝ったが「リーチは芝マイルの条件を待っていたし、ヴィクトワールは1馬身以上は突き抜けて勝つかもと思っていた。今春は有力馬がそろっていたからね。でも(落馬負傷は)仕方ない。それより2頭とも勝って良かった」と嘆きは胸にしまいこんで祝福した。

[ 2010/04/20 09:03 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】ダイワファルコン急上昇!!

【皐月賞】ダイワファルコン急上昇!!
デイリースポーツ - 2010/4/17 9:17


 「皐月賞・G1」(18日、中山)
 充実ぶりが著しい。弥生賞3着で出走権を獲得し、本番に駒を進めてきたダイワファルコン。1勝馬だけに実績では見劣るが、ここにきて急成長を遂げている。それがはっきり見られたのが、今週の追い切り後だった。
 16日は美浦北角馬場でじっくり乗り込む入念な調整。上原師は「落ち着いているね」と納得の表情を浮かべた。これこそが成長の証しだ。これまで追い切りのあとは子どもっぽいところを見せていた。しかし、今回は「だいぶ大人になってきたな」と指揮官もうなずくように、どっしり構えている。「以前はカイバもあがっていたが、今はペロリと食べている」と肉体面でも充実している。
 さらに追い風になりそうなのが天気。レース当日は晴れる見込みだが、前日の土曜は雨予報だ。重馬場の弥生賞で3着、2走前も500万下ながら稍重で2着に好走したように、マイナスにはならない。「ジャングルポケット産駒だし、走法から道悪は苦にしない」と指揮官。他馬が苦労するようなら、逆に浮上のチャンスは十分にある。
 枠は(7)枠(15)番。くしくも皐月賞を制した厩舎の先輩で、叔父にあたるダイワメジャーと同じオレンジ帽となった。「メジャーも(7)枠だったし、いいでしょう。極端な内枠は嫌だったから」とむしろ歓迎している。運を味方につけたファルコンが最高の輝きを放つ。

[ 2010/04/17 10:34 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】大外喜んで!アリゼオ、ノリでV

【皐月賞】大外喜んで!アリゼオ、ノリでV
サンケイスポーツ - 2010/4/16 9:54

 牡馬3冠レースの第1冠・皐月賞(18日、中山11R)の枠順が15日、確定した。前哨戦のスプリングSで無敗の2歳王者ローズキングダムを倒したアリゼオは8枠18番に決まった。中山芝は2戦2勝。スプリングS優勝馬からは過去10年で3頭の皐月賞馬が出ている。追い切りの動きも上々で、関東馬がGI連勝中の勢いもある。大外から栄光のゴールへ突進だ!

 真冬を思わせる気温と降りしきる雨の中でも、寒さをみじんも感じさせない“熱さ”だった。関東期待のアリゼオが、正味半マイルだけの追い切りでも極上の瞬発力を披露。中山2戦2勝のコース巧者が、上々の仕上がりをアピールした。共同記者会見に臨んだ菅沼輝正調教助手の表情にも思わず笑みがこぼれる。

 「自分はアリゼオの前で誘導する馬に乗っていたのですが、あまりにも速かったですね。すばらしい瞬発力でしたよ」

 抜け出した瞬間を評して、「新幹線みたいだったね」とおどけたほど、一瞬の脚が光った。ウッドチップコースでの追い切りは、大きく先行したオフリミッツ(牡5、1000万下)を、サトノディライト(牡3、500万下)とともに追走。4コーナー手前で一気に抜き去り、ゴールまでサトノと併入した。時計は4ハロン50秒8、37秒1−13秒3と特筆するほどではないが、降り続けた雨での重馬場なら悪くはない。1週前も長めから追われており、「いいデキだと思います」と菅沼助手は胸を張る。

 アリゼオは、前哨戦のスプリングSで無敗の最優秀2歳牡馬ローズキングダムを撃破。過去10年で優勝馬からは3頭の皐月賞馬が出ている相性のいいレースだ。ただ、デビュー2連勝という華々しいスタート後、断然人気に推された共同通信杯で3着に敗れた。敗因を追究した陣営は、経験不足との結論に到達。そのための対策を講じてきた。中間にハードに攻めた前走でも成果は出たが、騎乗した横山典弘騎手から「他の馬を気にするところがあって、難しそうな面がある」というコメントが出たこともあり、今週に入ってからはシャドーロールを着用。最善を模索し、努力を重ねている。

 注目の枠順は、大外の8枠18番。「内枠が理想でしたが、中途半端な外ならこの方がいいでしょう。あとはジョッキーが思い切って乗ってくれるはず。道悪になっても、力のある馬なので心配ありません」。週末の天気と馬場が微妙だが、デビュー戦を道悪で快勝しており、菅沼助手も前向きだ。バトンを託されたのは、今季重賞7勝を挙げリーディング独走中の横山典騎手。鞍上の手腕に加えて、トライアル勝ちの勢い、高松宮記念(キンシャサノキセキ)→桜花賞(アパパネ)と関東馬がGI連勝中と好材料は多い。アリゼオが、強い追い風に乗って皐月賞を勝ちに行く。

[ 2010/04/16 13:46 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ディープ娘が坂路入り!父と同じ池江郎厩舎

ディープ娘が坂路入り!父と同じ池江郎厩舎
サンケイスポーツ - 2010/4/16 9:43

 ディープインパクトの初年度産駒で、トレセン入厩第1号となったシュプリームギフト(栗・池江郎、牝2、母スーヴェニアギフト)が15日、さっそく坂路入り。4ハロン86秒3−63秒1−19秒7とゆっくりとしたキャンターで1本駆け上がった。

 「初めての場所でちょっと緊張してたが、先輩らについて走っていたね。体がボテッとしていないので仕上がりは早そう。慣れさせるためにいろんなコースに入れる予定。ゲート試験も早めに受けようと思っている」と池江郎調教師はディープ2世の元気な走りに目を細めていた。順調に行けば、6月の阪神競馬でデビューする予定。「芝1600メートル戦でユタカ(武豊騎手)で行きたいね」とトレーナーは楽しみにしている。
[ 2010/04/16 13:34 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ミンナノアイドル、オグリ最後の産駒が入厩

ミンナノアイドル、オグリ最後の産駒が入厩
サンケイスポーツ - 2010/4/16 9:48

 80年代末から90年にかけて競馬ブームを牽引した名馬オグリキャップ(牡25)の最後の産駒ミンナノアイドル(牝3、芦毛、母グレイスクイン、母の父メンデス)が14日、美浦の尾関知人厩舎に入厩した。

 初調教となった15日は坂路で軽く足慣らし。ゲートも通してデビューに向けての第一歩を踏み出した。尾関調教師は「初めて見たのはちょうど1年ほど前。まだ体質的に弱いところがありましたが、だいぶ良くなっていますね。まだ僕が競馬の世界に入る前でしたが、オグリのラストラン(90年有馬記念1着)も中山に見に行きました。この子は性格も良さそうだし、一生懸命に走る馬なので、無事にデビューさせてあげたい」と話した。

[ 2010/04/16 13:33 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

武「3冠も可能な器」ヴィクトワールピサにエール

武「3冠も可能な器」ヴィクトワールピサにエール
スポーツ報知 - 2010/4/16 8:00

 皐月賞18頭の出走馬と枠順が15日、決定。報知杯弥生賞で4連勝を飾ったヴィクトワールピサは、13番枠に決まった。

 骨折で戦線から離脱している武豊騎手(41)=栗東・フリー=はこの日、自身の公式HPで「心の底から頑張ってもらいたい」とヴィクトワールピサにエールを送った。

 デビューからずっと手綱を執ってきた相棒だけに思い入れは強く「個人的に3冠も可能な器と思っている素材。夢をつないでほしい」とコメント。また、自身の体調に関しては「リハビリ開始まで、もう少し時間がかかる」としながらも、5月16日のシンガポール航空国際C(ヤマニンキングリー)で復帰し、翌週のオークス(5月23日、東京)から国内の競馬に参戦する青写真を明らかにした。

[ 2010/04/16 13:32 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ヴィクトワールピサは7枠13番/皐月賞枠順確定

ヴィクトワールピサは7枠13番/皐月賞枠順確定
netkeiba.com - 2010/4/15 14:18


 18日(日)に中山競馬場で行われる第70回皐月賞(3歳牡牝、GI・芝2000m)の枠順が15日に確定した。

 弥生賞(GII)まで4連勝中のヴィクトワールピサは7枠13番、スプリングS(GII)を制したアリゼオは8枠18番、同レース3着から巻き返しを狙うローズキングダムは3枠5番にそれぞれ入った。馬券は16日(金)に新橋、後楽園、難波、梅田の各ウインズにて14時から19時まで前々日発売される。枠順は以下の通り。

( )内は性齢、騎手、所属
1-1 リルダヴァル(牡3、福永祐一、栗・池江泰郎厩舎)
1-2 ハンソデバンド(牡3、蛯名正義、美・尾形充弘厩舎)
2-3 トーセンアレス(牡3、田中勝春、美・鈴木康弘厩舎)
2-4 ネオヴァンドーム(牡3、安藤勝己、栗・藤原英昭厩舎)
3-5 ローズキングダム(牡3、小牧太、栗・橋口弘次郎厩舎)
3-6 ゲシュタルト(牡3、勝浦正樹、栗・長浜博之厩舎)
4-7 レッドスパークル(牡3、秋山真一郎、栗・藤岡健一厩舎)
4-8 バーディバーディ(牡3、松岡正海、栗・池江泰郎厩舎)
5-9 サンディエゴシチー(牡3、浜中俊、栗・作田誠二厩舎)
5-10 シャイン(牡3、和田竜二、栗・川村禎彦厩舎)
6-11 エイシンフラッシュ(牡3、内田博幸、栗・藤原英昭厩舎)
6-12 エイシンアポロン(牡3、池添謙一、栗・岡田稲男厩舎)
7-13 ヴィクトワールピサ(牡3、岩田康誠、栗・角居勝彦厩舎)
7-14 レーヴドリアン(牡3、藤岡佑介、栗・松田博資厩舎)
7-15 ダイワファルコン(牡3、北村宏司、美・上原博之厩舎)
8-16 ヒルノダムール(牡3、藤田伸二、栗・昆貢厩舎)
8-17 ガルボ(牡3、後藤浩輝、美・清水英克厩舎)
8-18 アリゼオ(牡3、横山典弘、美・堀宣行厩舎)

[ 2010/04/15 17:40 ] 競馬ニュース | TB(1) | CM(0)

【皐月賞】ヴィクトワールピサに清山助手は自信満々

皐月賞】ヴィクトワールピサに清山助手は自信満々
スポーツニッポン - 2010/4/13 7:01

 4連勝で堂々と本番に挑むヴィクトワールピサ。「昨日(11日)もCWコースで3頭併せ。本数を重ねるごとに良くなっていく」と清山助手は状態の良さに自信満々だ。

 「弥生賞後のダメージはあったが日程的に余裕もあり、順調にここまで来た。課題を1つ1つクリアして非常に頼もしい。まずはこの馬の能力を発揮できるよう頑張っていきたい」と口調は力強かった。

[ 2010/04/13 08:02 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】ローズキングダム自慢の末脚発揮だ

皐月賞】ローズキングダム自慢の末脚発揮だ
スポーツニッポン - 2010/4/13 7:01

 スプリングSでまさかの3着に終わったローズキングダムだが、橋口師はリラックスムード。「いらん力が抜けて気楽なもんだよ。前走はプレッシャーがあったのかも。まあ、あれが本番じゃなくて良かった」。

 トライアルは互いに出方をうかがいスローペースになるケースも多い。だが、本番は良馬場なら2分を切る速い時計の決着がほとんど。厳しい流れで自慢の末脚を発揮できる。「差しての3着だし悲観はしていない」と師は締めくくった。

[ 2010/04/13 08:01 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】人気薄での健闘が目立つ

皐月賞】人気薄での健闘が目立つ
スポーツニッポン - 2010/4/13 7:01

 過去20年で関東馬の皐月賞Vは4頭だけだが、2着は90年アイネスフウジン、91年シャコーグレイド、94年サクラスーパーオー、97年シルクライトニング、02年タイガーカフェ、03年サクラプレジデント、07年サンツェッペリン、08年タケミカヅチの8頭。人気薄での健闘が目立つ。

[ 2010/04/13 08:01 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【皐月賞】アパパネに続け!関東期待の星アリゼオ

皐月賞】アパパネに続け!関東期待の星アリゼオ
スポーツニッポン - 2010/4/13 7:01

 牡馬クラシック第1弾「第70回皐月賞」。関東期待の星がアリゼオだ。前哨戦のスプリングSを悠々と逃げ切って本場へと駒を進めてきた。アパパネの桜花賞優勝を追い風に、関東馬のクラシック連勝の期待が膨らむ。関東馬の桜花賞→皐月賞連勝は04年のダンスインザムード→ダイワメジャー以来。

 「ア」で始まる4文字の関東馬。桜花賞のアパパネに続くのはこの馬、アリゼオかもしれない。トライアルのスプリングSで2歳王者ローズキングダムなどの強敵を完封。その資格は十分にある。

 スプリングS後は厩舎で調整を積んできた。1週前追い切りはWコースで3頭併せ。残り3Fからペースを上げ、直線は最内を通って6F80秒8〜1F13秒9で先着した。しまいはややモタついた印象だが、菅沼助手は「動きはモコモコしていたが息は良かった。幾分太めなのかもしれないからゴールを過ぎてもやっていたし、これで良くなってくると思う」と楽観的だった。

 ここまで4戦3勝。唯一の敗北を喫した共同通信杯も勝ったハンソデバンドと同タイムの3着なら悪くない。それでも菅沼助手は「あんな馬じゃない」と言う。担当厩務員の頭を2度かじって流血させたほどの荒くれ者。「賢い馬だが気が強くて人をバカにするようなところがある。共同通信杯はゴール前で乗り役に反抗しているような感じで、チグハグに見えた」と力負けではないと強調する。

 気の悪さが唯一の課題だが、スプリングSでは横山典が好判断で逃げ切りに導いた。今回も徹底先行馬は不在とあって戦法が注目されるが、菅沼助手は「馬込みが駄目ということはない」と話す。デビュー戦で上がり3F最速の剛脚を繰り出してヒルノダムールを差し切ったように、タメれば切れる脚もある。

 逃げてよし、差してよし。あとは今年既に重賞7勝の名手・横山典に任せるだけだ。「厩舎に勢いはついているからね」と菅沼助手。厩舎のG1初Vとなった高松宮記念のキンシャサノキセキに続く戴冠へ、準備は万全だ。

 ▽アリゼオ イタリア語で「貿易風」の意。偏西風とは反対に、東から吹く風のことだ。貿易のために帆船が風を利用して海を渡ったことに由来すると誤解されることが多いが、貿易とは無関係。

[ 2010/04/13 08:00 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【桜花賞】アパパネが桜の女王に輝く!

【桜花賞】アパパネが桜の女王に輝く!
2010.4.11 15:57

 第70回桜花賞(11日、阪神10R、GI、3歳OP、芝1600m)牝馬クラシック第1弾の桜花賞が行われ、前走のチューリップ賞で2着に敗れていた蛯名正義騎手騎乗の1番人気アパパネ(牝3、美浦・国枝厩舎)がゴール前できっちりと差し切り、GI2勝目を飾った。タイムは1分33秒3(良)。なお関東所属騎手騎乗での桜花賞制覇は25年ぶりとなった。

 1/2馬身差の2着に3番人気のオウケンサクラ(牝3、栗東・音無厩舎)が、3着には11番人気のエーシンリターンズ(牝3、栗東・坂口則厩舎)が入った。2番人気のアプリコットフィズ(牝3、美浦・小島太厩舎)は5着、4番人気のシンメイフジ(牝3、栗東・安田隆厩舎)は4着に敗れた。

 9度目の挑戦で桜花賞制覇となった蛯名騎手は「みなさん、ひやひやしたと思うんですけど…最後はしのいでくれ~って思っていました。(展開は)ちょっとかかりましたけど、前が速くなったので理想どおりでした。(2歳女王だが)前哨戦で負けてしまったので、チャレンジする気持ちで競馬をしました。(桜花賞9度目の挑戦で初勝利は)欲しかったタイトルだったので、非常にうれしいです」と話した。

 アパパネは父キングカメハメハ、母Salt Lake、母の父ソルトレイクという血統。通算6戦4勝で、重賞は初勝利となった。騎乗した蛯名正義騎手、管理する国枝栄師はともに初勝利となった。

[ 2010/04/11 16:08 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

トールポピーが引退

トールポピーが引退
スポーツ報知 - 2010/4/11 8:00

 07年阪神JF、08年オークスを制したトールポピー(牝5歳、栗東・角居厩舎)が、10日の阪神牝馬S17着を最後に引退することが決まった。同馬が所属するキャロットクラブの公式ホームページによると、角居調教師は「もう一度、この馬の力を引き出したいと思って頑張ってきた。残念ですが、ポピーには大切な仕事が残っています」とコメント。来週中に競走馬登録を抹消して繁殖入りする。通算14戦3勝。

[ 2010/04/11 14:29 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

「フサイチ」2頭の新オーナーが決定

「フサイチ」2頭の新オーナーが決定
デイリースポーツ - 2010/4/10 9:14

 「フサイチ」の冠号で知られる関口房朗氏(74)が所有し裁判所に差し押さえとなっていた、栗東・松田国厩舎所属のフサイチセブン(牡4歳)とザサンデーフサイチ(牡6歳)の新オーナーが決まった。クーリンガー(05年マーチS)などを所有した林進氏に売却されたもの。「オーナーが決まりました」と松田国師。2頭は9日に放牧先から栗東へ帰厩し、ダイオライト記念で重賞初制覇を決めたセブンは次戦にアンタレスS(25日・京都)を予定している。

[ 2010/04/10 10:46 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ディープ産駒第1号が14日に入厩

ディープ産駒第1号が14日に入厩
スポーツ報知 - 2010/4/10 8:00

 今年からターフに登場するディープインパクト産駒のトップを切って、シュプリームギフト(牝2歳、母スーヴェニアギフト)が14日に栗東トレセンへ入厩することが、9日に決まった。所属するのは、父を管理していた池江郎厩舎。「ずっと順調に来ており、牧場でも乗り込んでもらっている。いい体をしているよ」と池江郎調教師はその日が待ち遠しそうだ。6月の阪神開催でのデビューが予定されており、ディープ産駒の“一番星”を目指す。

[ 2010/04/10 10:45 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

アパパネは5枠9番/桜花賞枠順確定

アパパネは5枠9番/桜花賞枠順確定
netkeiba.com - 2010/4/8 14:15


 11日(日)に阪神競馬場で行われる第70回桜花賞(3歳牝、GI・芝1600m)の枠順が8日に確定した。

 昨年の阪神ジュベナイルF(GI)の覇者アパパネは5枠9番、チューリップ賞(GIII)を制したショウリュウムーンは1枠1番、クイーンC(GIII)を制したアプリコットフィズは2枠3番にそれぞれ入った。馬券は10日(土)より発売される。発走は11日15時40分。枠順は以下の通り。

( )内は性齢、騎手、所属
1-1 ショウリュウムーン(牝3、佐藤哲三、栗・佐々木晶三)
1-2 ギンザボナンザ(牝3、北村宏司、美・池上昌弘)
2-3 アプリコットフィズ(牝3、横山典弘、美・小島太)
2-4 コスモネモシン(牝3、石橋脩、美・清水英克)
3-5 モトヒメ(牝3、大野拓弥、美・松永康利)
3-6 ワイルドラズベリー(牝3、浜中俊、栗・中尾秀正)
4-7 タガノエリザベート(牝3、川田将雅、栗・松田博資)
4-8 オウケンサクラ(牝3、安藤勝己、栗・音無秀孝)
5-9 アパパネ(牝3、蛯名正義、美・国枝栄)
5-10 レディアルバローザ(牝3、和田竜二、栗・池江泰郎)
6-11 エーシンリターンズ(牝3、福永祐一、栗・坂口正則)
6-12 ステラリード(牝3、藤田伸二、栗・森秀行)
7-13 アニメイトバイオ(牝3、内田博幸、美・牧光二)
7-14 ジュエルオブナイル(牝3、幸英明、栗・荒川義之)
7-15 サウンドバリアー(牝3、渡辺薫彦、栗・安達昭夫)
8-16 ラナンキュラス(牝3、四位洋文、栗・矢作芳人)
8-17 シンメイフジ(牝3、岩田康誠、栗・安田隆行)
8-18 プリンセスメモリー(牝3、勝浦正樹、美・高橋義博)

[ 2010/04/08 15:37 ] 競馬ニュース | TB(1) | CM(0)

大井競馬で2488万馬券!日本公営競技史上最高配当

大井競馬で2488万馬券!日本公営競技史上最高配当
サンケイスポーツ - 2010/4/6 18:52

 6日に行われた大井競馬の7R(ダート1600メートル)で、日本競馬史上最高配当となる3連単2488万720円が飛び出した。

 レースは16頭立ての14番人気ルドゥーテ(せん4歳、大井・石田貞雄厩舎)が1着。2着に4番人気アーノルドツヨシ(牡4歳、大井・嶋田幸晴厩舎)、3着に15番人気グレイスレイラ(牝4歳、大井・高岩孝敏厩舎)が入る大波乱となった。

 勝ったルドゥーテの単勝は1万390円、3連単は全3360通り中、3102番人気で2488万720円の超大万馬券となった。

 これまでの日本競馬最高史上配当は、09年2月4日の船橋競馬で記録された1911万円。この記録を約500万円も上回る大記録で、すべての公営競技を通じて最高配当記録となった。

[ 2010/04/07 08:11 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

スーニは3枠6番/交流GIII・東京スプリント

スーニは3枠6番/交流GIII・東京スプリント
netkeiba.com - 2010/4/4 12:45

 7日(水)に大井競馬場で行われる第21回東京スプリント(4歳上、JpnIII・ダート1200m、1着賞金3000万円)の枠順が4日に確定した。

 前走の黒船賞(GIII)で重賞4勝目を挙げたスーニは3枠6番、黒船賞3着のミリオンディスクは5枠10番、東京スプリング盃(南関東G3)を4馬身差で圧勝したフジノウェーブは2枠4番にそれぞれ入った。発走は20時10分。枠順は以下の通り。

( )内は性齢、所属・騎乗予定騎手
1-1 コスモシンドラー(牡8、兵庫・木幡初広)
1-2 スーパーヴィグラス(牡4、大井・張田京)
2-3 プライドキム(牡8、大井・有年淳)
2-4 フジノウェーブ(牡8、大井・戸崎圭太)
3-5 ケイアイテンジン(牡4、栗東・藤田伸二)
3-6 スーニ(牡4、栗東・川田将雅)
4-7 ヴァンクルタテヤマ(牡8、栗東・幸英明)
4-8 リミットレスビッド(牡11、栗東・福永祐一)
5-9 ジョインアゲン(牡8、高知・赤岡修次)
5-10 ミリオンディスク(牡6、栗東・蛯名正義)
6-11 ブローザウインド(牡9、川崎・今野忠成)
6-12 ポートジェネラル(牡7、高知・御神本訓史)
7-13 パワフルダンディー(牡5、大井・坂井英光)
7-14 アポロダヴィンチ(牡6、大井・真島大輔)
8-15 サクラビジェイ(牡8、船橋・川島正太郎)
8-16 サンキューウィン(セン7、大井・町田直希)

[ 2010/04/04 12:58 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

フォゲッタブル、武復帰遅れればウチパク

フォゲッタブル、武復帰遅れればウチパク
サンケイスポーツ - 2010/4/1 11:43

 ダイヤモンドS勝ちで春の天皇賞(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)に向かうフォゲッタブル(栗・池江郎、牡4)は、落馬負傷中の武豊騎手の復帰が遅れた場合、内田博幸騎手(39)=美・嶋田潤=を迎えることが31日、明らかになった。「武豊騎手の復帰が間に合わなければ、内田博騎手に乗ってもらいます。馬は順調です」と池江郎調教師は語った。

[ 2010/04/02 11:15 ] 競馬ニュース | TB(1) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。