2010年06月 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴィクトワールピサ 武豊と凱旋門賞に挑戦

ヴィクトワールピサ 武豊と凱旋門賞に挑戦
スポニチアネックス - 2010/6/27 7:04

 皐月賞馬ヴィクトワールピサ(牡3=角居)はスポニチ本紙既報通り、10月3日フランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に挑戦することが決まった。3歳の日本調教馬による挑戦は初めてとなる。デビュー戦から騎乗し同馬で4勝を挙げている武豊(41=栗東・フリー)が手綱を取ることも明らかになった。

 ヴィクトワールピサは現在、日本ダービー(3着)での疲れを癒やすため宮城県山元トレセンで静養し、大一番に備えている。今後は国内での検疫を経て、前哨戦のニエユ賞(9月12日、仏ロンシャン)をステップレースとし、本番に臨む予定。帰国後はジャパンC(11月28日、東京)に向かうもよう。

 日本馬は凱旋門賞に過去8頭が挑戦。99年エルコンドルパサーの2着が最高成績。同レースは過去10年で負担重量56キロの3歳馬(4歳以上は59・5キロ、牝馬1・5キロ減)が7頭優勝しており、ヴィクトワールピサの挑戦は、日本競馬界の悲願達成に向けて注目を集めそうだ。

 ▼武豊 凄くうれしい。胸を張っていける馬だし、僕も万全の状態で挑みたい。ビッグチャンスを頂いたので、いい結果を出したい。

スポンサーサイト
[ 2010/06/27 11:56 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

レッドディザイアは天皇賞・秋へ

レッドディザイアは天皇賞・秋へ
スポーツ報知 - 2010/6/27 8:00

 23日の追い切り後に鼻出血を発症して、宝塚記念を回避したレッドディザイア(牝4歳、栗東・松永幹厩舎)は、天皇賞・秋(10月31日、東京)での復帰を目指すことになった。

 「夏にしっかり疲れを取って、挑みたいと思います」と松永幹調教師。30日に宮城・山元トレセンへ移動し、北海道安平町のノーザンファームで放牧される。

[ 2010/06/27 11:55 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【宝塚記念】アドマイヤオーラ“兄妹対決”へ

【宝塚記念】アドマイヤオーラ“兄妹対決”へ
スポニチアネックス - 2010/6/21 7:03

 宝塚記念除外対象だったアドマイヤオーラ(牡6=松田博)の出走が濃厚になった。獲得賞金上位のオースミスパーク(牡5=南井)が27日の福島テレビオープンに登録、出走する公算が大きいため繰り上がる。アドマイヤオーラは重賞3勝の実力馬。前走は長期休養明けの金鯱賞で5着に敗れたものの、上積みが見込める叩き2走目でブエナビスタとの兄妹対決に臨む。松田博師は「出られるなら使うことになるだろう」と語った。

[ 2010/06/21 11:25 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【宝塚記念】ブエナビスタ気配ピカイチ

【宝塚記念】ブエナビスタ気配ピカイチ
デイリースポーツ - 2010/6/17 9:24


 「宝塚記念・G1」(27日、阪神)
 上半期のグランプリを1週後に控え、実績馬たちが順調に追い切りを行った。ブエナビスタは栗東CWで併せ馬。俊敏な反応で気配上昇を伝えた。逆転に燃えるレッドディザイアは栗東坂路で好時計をマーク。ひと叩きの効果がうかがえた。
  ◇  ◇
 その支持に応えてみせる。ファン投票の第1位に選出されたブエナビスタが軽快リハ。グランプリ制覇へ、好調をアピールした。
 栗東CWでアドマイヤプリンス(3歳1000万下)と併せ馬。2馬身半追走してスタートし、残り200メートルほどでスッとかわす反応の良さだ。こちらが馬なりなのに対して相手は一杯。ただ、いったん2馬身ほど突き放したが、ゴールでは半馬身差まで詰め寄られた。時計は6F82秒2‐38秒0‐12秒8。松田博師も「順調。変わりない」と納得の表情を見せた。
 最後のアクションにはこう説明する。「完全に1頭になってやめた感じ。気にしなくていい」。標的がなくなって加減しただけだった。ドバイ遠征帰りのヴィクトリアマイルをものにして、その勢いはさらに増すばかりだ。「日にちがある分、じっくりやれた。ふっくらとして体も戻っている。ヴィクトリアマイルの1週前とは全然違うよ」。トレーナーはそう言って大きくうなずいた。
 前走後は4本目の時計を出した。この1週間だけでも変化が感じ取れるという。「先週はまだボーッとしていたけどな。今は気持ちが乗っている。何もいうことはないよ」。本番が近づき、実戦モードへと移行した。
 今年に入って2勝。京都記念は3番手から横綱相撲でねじ伏せ、ヴィクトリアマイルは大外一気と末脚が光った。舞台は阪神の2200メートル。どんな競馬になるのか。「内回りだけど、ノリ(横山典)もどこから動けば捕まえられるか分かっている。問題ない」と主戦に全幅の信頼を寄せる。宝塚記念まであと1週。G1・5勝目へ‐。その日を静かに待つ。

[ 2010/06/17 11:16 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【安田記念】ショウワモダン父子制覇でGI初V

【安田記念】ショウワモダン父子制覇でGI初V
サンケイスポーツ - 2010/6/6 15:51

 6日、東京競馬場で「第60回安田記念」(GI、芝1600メートル)が行われ、後藤浩輝騎手騎乗で8番人気のショウワモダン(牡6歳、美浦・杉浦宏昭厩舎)が直線で抜け出し1分31秒7(良)で快勝。3連勝でGI初制覇となった。また、父エアジハードに続いて父子制覇を達成した。

【写真で見る】 父子制覇を達成したショウワモダン

 レースは、大外から岩田康誠騎手のエーシンフォワードが先手を取り、キャプテントゥーレなどが続いた。人気のリーチザクラウンも前めでの競馬となった。

 直線を迎え、エーシンフォワードの外からトライアンフマーチが並びかけたが、残り1ハロンでショウワモダンが馬場の真ん中から一気に先頭に立ち、外から襲い掛かったスーパーホーネット、内から伸びたスマイルジャックの追撃を振り切った。

 鞍上の後藤騎手は勝利ジョッキーインタビューで「前走で感じた体の疲れはとれていたし、調教の動きも素晴らしかったので、自信を持って臨める状態でした。(直線は)先週のダービーを思い出しながら、もう少し我慢もう少し我慢と思いながら、乗りました。先週いい勉強をさせていただきました。これからも、馬も僕も応援してください」と、自身GI4勝目を喜んだ。

 2着は6番人気スーパーホーネット(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎)、3着は5番人気スマイルジャック(牡5歳、美浦・小桧山悟厩舎)。また、マイラーズC(GII)を制し、1番人気に支持されたリーチザクラウン(牡4歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)は14着に終わった。

 ショウワモダンは、父エアジハード、母ユメシバイ、母の父トニービンで、通算39戦10勝。重賞は10年ダービー卿CT(GIII)に続いて2勝目。後藤騎手は02年アドマイヤコジーンに続いて安田記念2勝目、杉浦調教師は初制覇。


[ 2010/06/06 16:52 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【帝王賞】カネヒキリ、出走OK

【帝王賞】カネヒキリ、出走OK
サンケイスポーツ - 2010/6/5 12:01


 GI7勝馬のカネヒキリ(栗・角居、牡8)が4日朝、角馬場で軽い運動を行ってからゲート試験を受けて合格。帝王賞(30日、大井、交流GI、ダ2000メートル)の出走が可能となった。

 カネヒキリは、昨年5月の交流GIかしわ記念2着後に左第3指骨骨折で休養。帝王賞を主催する大井競馬では、1年以上レースに出走していない馬は交流レースに出られない規定があった。このほど、その規定を変更。JRA所属馬の場合はゲート試験に合格すれば出走できるようになった。

 「久々で少し戸惑っていましたが、無事合格しました」と酒井調教助手はひと安心。レースでは横山典騎手との初コンビで挑む。

[ 2010/06/05 15:16 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ウオッカ、シーザスターズの種を受胎 3度目の種付

ウオッカ、シーザスターズの種を受胎 3度目の種付
サンケイスポーツ - 2010/6/5 8:50

 アイルランドのギルタウンスタッドで繁殖牝馬として繋養されているウオッカ(牝6、父タニノギムレット)が、シーザスターズとの3度目の種付で受胎したことが4日、分かった。角居調教師が明らかにした。

 「(時期的にも)今回が最後のチャンスだったので受胎して良かったです。(ウオッカも)だいぶ向こうの環境に慣れて落ち着いてきたみたいなので、このままアクシデントなく、来年春(の出産)を迎えてほしい」と話した。

 順調なら来年の4~5月に出産となりそう。ウオッカの産駒は日本で走る予定で、早ければ13年夏~秋に初子がデビューを迎えそうだ。

[ 2010/06/05 15:12 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【安田記念】リーチは1枠1番 枠順確定

【安田記念】リーチは1枠1番 枠順確定
サンケイスポーツ - 2010/6/4 10:08


 6日に東京競馬場で行われるGIレース「第60回安田記念」(芝1600メートル、1着賞金1億円)の枠順が確定した。

【写真付きで見る】 第60回安田記念・確定枠順

 昨年の日本ダービー2着馬でマイラーズC(GII)の覇者リーチザクラウン(牡4歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)は1枠1番、マイラーズC2着のトライアンフマーチ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)は7枠15番、キャプテントゥーレ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)は4枠8番、スーパーホーネット(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎)は5枠9番にそれぞれ決まった。

 また、香港のサイトウィナー(せん7歳、J.サイズ厩舎)は3枠5番、ビューティーフラッシュ(せん5歳、A.クルーズ厩舎)は5枠10番、フェローシップ(せん8歳、P.オサリバン厩舎)は2枠4番となった。

 レースは6日、東京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

[ 2010/06/04 15:58 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

アントニオバローズ、肺胸膜炎で安楽死 昨年のダービー3着

アントニオバローズ、肺胸膜炎で安楽死 昨年のダービー3着
サンケイスポーツ - 2010/6/4 9:36

 09年GIIIシンザン記念馬でダービー3着のアントニオバローズ(栗・武田、牡4)が3日、肺胸膜炎のため安楽死の措置が取られた。放牧先で肺炎の症状が見られ、先月22日に栗東TC内の診療所に緊急入院し、治療が続けられていた。

 武田調教師によると、肺の中で菌が増殖して膿がたまり、解熱剤が切れると40度ぐらいまで熱が上がった。「馬も診療所のスタッフも、最善を尽くしてくれたし、オーナー(猪熊広次氏)は“何とか命だけは助けたい”と望んだが、どんどん痩せ細ってこれ以上苦しませるのは可哀想なので、オーナーと話し合って、この措置を取ることにした。ノドの手術は完璧だったので、何とか復帰させてもう1度走らせたかっただけに本当に残念です」と表情を曇らせた。

 JRA通算9戦2勝。総獲得賞金は9952万1000円(付加賞含む)。2月13日のバレンタインS16着が最後のレースとなった。

[ 2010/06/04 15:57 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。