2010年09月 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【セントライト記念】クォークスター18馬身“鬼差し”

【セントライト記念】クォーク18馬身“鬼差し”
スポニチアネックス - 2010/9/20 7:01


 中山の菊花賞TR「第64回セントライト記念」(3着までに菊花賞の優先出走権)は4番人気クォークスターが大外一気で、初の重賞制覇。菊花賞に名乗りを上げた。

 なんという破壊力。クォークスターが驚がくの末脚でラスト1冠に王手だ。どよめきで迎えた最終4コーナー、逃げるヤマニンエルブと2番手ゲシュタルトで12馬身。後方2番手から大外に持ち出したクォークと差は17、18馬身近くあった。しかし残り1F。2頭の差は一瞬で詰まり、きっちり首差抜き去ったところがゴール。3F34秒0の鬼脚。常識外れの逆転劇に観衆から再びどよめきが起こった。

 会心の大外一気。初コンビの藤岡佑は笑顔で報道陣の輪に飛び込んだ。「離れたので一瞬どうかなと思ったが、最後はきっちり届くと思った。思ったほど前に行けなかったが、かえってしまいの脚につながってくれた。まだ可能性は秘めている。これでもう少し前に行ければ幅も広がる」

 暑い夏を乗り越えて、着実にパワーアップ。ラジオNIKKEI賞2着後、セントライト記念に絞り、放牧を挟んで4キロ増。パドックでも堂々と歩き、数字以上にたくましさを増した。松田助手は「夏も無事過ごせたし、もともと素直で利口な馬がそのまま成長してくれた。やっぱり凄い瞬発力だね」と目を細めた。

 これで夢のG1初舞台。菊花賞(10月24日、京都)の出走がかなった。春は今年から“1着条件”に変更されたプリンシパルSで2着に惜敗し涙をのんだ。母系をたどれば、ダイワメジャー、ダイワスカーレットにつながるG1血統。生産者の社台ファーム代表の吉田照哉氏は「凄かったね。中間の動きからどうかなと思っていたけど、能力的に勝って不思議じゃないと思っていた。これで(同じ社台ファーム生産の)エイシンフラッシュと同じ舞台で戦える。胸を張って出られて良かった。この系統は見た目以上に長い距離で頑張るので」と目を輝かせた。

 この破壊力なら、強豪が集結する26日の神戸新聞杯組も怖くない。藤岡佑は「かなり切れる脚を使うので3000メートルは未知ですが、折り合いは心配ないし、あとは適性だけ。馬自体は不安ありません」と言い放った。東の上がり馬&西の若手成長株。G1初戴冠を懸ける強力タッグから本番も目が離せない。

 ◆クォークスター 父アグネスタキオン 母フェスタデルドンナ(母の父ヘクタープロテクター)牡3歳 美浦・堀厩舎所属 馬主・社台レースホース 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績8戦3勝 総獲得賞金9669万4000円。

スポンサーサイト
[ 2010/09/20 10:45 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

レッドディザイア渡米!「新たな舞台で力出し切る」

レッドディザイア渡米!「新たな舞台で力出し切る」
スポニチアネックス - 2010/9/17 7:03


 米国遠征するレッドディザイア(牝4=松永幹)が16日、午前11時10分発のKZ164便で成田空港から出国した。

 成田で見送った松永幹師は「検疫中は速い時計は出してないが十分乗り込めた。現地に着いたら、ジョッキーに乗ってもらい速い時計を出していこうと思う。米国という新たな舞台でも力を出し切れるように頑張りたい」とコメント。

 フラワーボウル招待S(10月2日)、ブリーダーズC・フィリー&メアターフ(11月5日)の2戦に出走し、帰国後は有馬記念(12月26日、中山)の予定。

[ 2010/09/17 11:06 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

GI・7勝馬カネヒキリが登録抹消、種牡馬に

GI・7勝馬カネヒキリが登録抹消、種牡馬に
netkeiba.com - 2010/9/16 13:33


 JRAは15日、05・08年のジャパンCダート(GI)などに優勝しGI・7勝を挙げたカネヒキリ(牡8、栗東・角居勝彦厩舎)が、17日付で競走馬登録を抹消することを発表した。今後は、北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 カネヒキリは父フジキセキ、母ライフアウトゼア(その父Deputy Minister)という血統。04年7月にデビューし3戦目で初勝利。05年4月の端午S(OP)以降ダート路線を歩み続け、続くユニコーンS(GIII)で重賞初制覇を飾ると、ジャパンダートダービー(交流G1)、ダービーグランプリ(交流G1)、ジャパンCダート(GI)を制して、同年のJRA最優秀ダートホースに選出された。

 06年のフェブラリーS(GI)でGI・4勝目を挙げると、続くドバイワールドC(首G1)では4着に健闘。帰国初戦の帝王賞(交流G1)2着後、右前脚屈腱炎を発症し、2年4か月の長期休養を余儀なくされた。08年秋に復帰すると、GI・3連勝を記録。

 09年5月のかしわ記念(交流G1)2着後に左第3指骨を骨折するも、今年6月の帝王賞で復帰。7月のマーキュリーC(交流G3)で重賞9勝目を挙げたが、8月12日のブリーダーズGC(交流G2、2着)後、両前脚に屈腱炎を発症。これが最後のレースとなった。通算成績は23戦12勝(うち地方9戦5勝、海外1戦0勝、重賞9勝)、通算獲得賞金851,616,700円(付加賞含む)。

[ 2010/09/16 14:58 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【フォワ賞】ナカヤマフェスタ「非常にいい」2着!

【フォワ賞】フェスタ「非常にいい」2着!
スポニチアネックス - 2010/9/13 7:03

 凱旋門賞(10月3日、仏・ロンシャン)の前哨戦が12日(日本時間同日深夜)、パリ郊外のロンシャン競馬場で行われた。古馬が争った「フォワ賞」(G2、芝2400メートル、総賞金13万ユーロ総約1380万円、6頭立て)に出走した今年の宝塚記念馬ナカヤマフェスタ(牡4=二ノ宮)は逃げたダンカンを直線猛追し2着に食い込んだ。

 低いフォームから、力強く繰り出される四肢。ナカヤマフェスタがその実力を見せつけた。

 返し馬では興奮気味。だが、ゲートが開くと冷静に流れに乗った。好スタートから先頭をうかがうが、ハナを主張した馬に譲って3番手。折り合いながら脚をタメた。直線を向いて外に出す。ジワジワと差を詰めていく。ひときわ目立つ低重心のフォーム。パワーが必要なロンシャンの芝に完全にフィットしている。蛯名の左ムチが飛ぶと、先頭をうかがうところまで差を詰める。だが、インのダンカンがもうひと伸びした。結局、逃げ切りを許して2着。とはいえ、人気のバイワード、ダリャカーナが末脚不発に終わった中、堂々と決め手を繰り出した走りは次走に期待をつなぐものだ。

 蛯名は「非常にいいステップレースだった。初の海外で、本番と同じコースを経験できたことは大きい。今回が100%というわけにいかない。休み明けを叩いての上積みもあるから」と力を込めた。

 準備は完ぺきだった。宝塚記念を制してから、次なる目標はすぐに凱旋門賞と決まった。厩舎に輸送用ストールを持ち込んで慣れさせ、シャンティーではエルコンドルも世話になったクラウト厩舎でわが家のように過ごし、ラモレー調教場でも伸び伸びと四肢を鍛えた。すべてエルコンドルの経験があったから、ナカヤマフェスタも異国の地で自分のペースを守ることができた。次走は凱旋門賞。エルコンドルが手にできなかった世界一の座をナカヤマフェスタが堂々とつかみにいく。

 ▽フォワ賞 ロンシャン芝2400メートル、4歳以上牡牝馬で争うG2戦。日本馬は過去3頭が出走。86年シリウスシンボリ2着、97年サクラローレル8着、99年エルコンドルパサー1着。エルコンドルパサーは3頭立ての中、先頭に立たされて厳しくマークされたが勝ち切った。

[ 2010/09/13 12:14 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【ニエル賞】ヴィクトワール“手応えたっぷり”4着

【ニエル賞】ヴィクトワール“手応えたっぷり”4着
スポニチアネックス - 2010/9/13 7:02

 凱旋門賞(10月3日、仏・ロンシャン)の前哨戦が12日(日本時間同日深夜)、パリ郊外のロンシャン競馬場で行われた。3歳限定戦「ニエル賞」(G2、芝2400メートル、総賞金13万ユーロ=約1380万円、7頭立て)に出走したヴィクトワールピサ(牡3=角居)は直線伸びを欠いて4着に敗れた。

 初めての舞台に戸惑った。だが一瞬、日本のクラシックホースらしい輝きは見せた。

 5番手のインを追走したヴィクトワールピサ。折り合いをつけて進んでいたが、フォルスストレート(偽の直線)の手前付近でキッドナッピングに前に入られ、リズムを崩した。前も横も囲まれてジリジリとポジションを下げ、4コーナーでは最後方。これは惨敗かと思わせたが、そこから日本の皐月賞馬の意地を見せた。馬なりで外から上昇し、直線半ばまでは先頭をうかがう勢い。残り200メートル付近から伸びを欠き、4着に敗れたが、見せ場は十分に作った。

 武豊は「スタートが良かったし、折り合いもついて5番手でも思い通り、完ぺきにいけた。ゴチャつくよりは外に出したかったし、前に並びかけた時は勝つかと思った。ただ、止まってしまったのは少し太かったからかもしれない。敗因はハッキリしているし、悲観はしていない。凱旋門賞が楽しみになってきた」と叩いての次走に期待を込めた。

 ニエル賞は、00年以降の勝ち馬10頭のうち4頭が次走の凱旋門賞を制した、最重要のステップレース。各前哨戦の中でもハイレベルなことで知られる。今回はダービー3着以来、約3カ月ぶりの実戦。中間に休養と輸送も挟んでおり、上積みはかなり期待できる。ヴィクトワールピサ、大逆転戴冠へ一変に期待だ。

 ▼角居師 次回に向けての修正点があったので凱旋門賞では長い脚を使えるように調整していきたい。

 ▽ニエル賞 ロンシャン芝2400メートル、3歳牡牝馬で争うG2戦。00年以降の優勝馬から4頭(00年シンダー、03年ダラカニ、05年ハリケーンラン、06年レイルリンク)が凱旋門賞も連勝しており、最も本番に直結するステップレースとして注目されている。

[ 2010/09/13 12:13 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【愛GI】ポップロック、大差のシンガリ負け

【愛GI】ポップロック、大差のシンガリ負け
サンケイスポーツ - 2010/9/12 10:10

 アイルランドに移籍したポップロック(牡9、父エリシオ)が11日(日本時間12日)、カラ競馬場で行われたGI愛セントレジャー(芝2800m)にF・ベリー騎手とのコンビで出走。8頭立てのレースで大きく離された8着に敗れた。

 ポップロックは北海道・早来(現安平町)のノーザンファームの生産馬。JRAでは栗東・角居厩舎に所属し38戦7勝。重賞は06年と07年のGII目黒記念の2勝。GIでは06年の豪メルボルンC、同年有馬記念、07年ジャパンCの3レースで2着と好走した。2月14日のダイヤモンドS(11着)を最後にアイルランドのカラで開業している児玉敬調教師の元へ移籍。7月30日のレースで新天地デビューを勝利で飾っていた。

 勝ったのはサンズフロンティアーズ(牡4、父ガリレオ)で、日本でもお馴染みのO・ペリエが騎乗し初GI制覇を飾った。勝ちタイムは3分10秒36。

[ 2010/09/12 12:10 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

今度は左前脚屈腱炎…カネヒキリ引退、種牡馬入り

今度は左前脚屈腱炎…カネヒキリ引退、種牡馬入り
スポニチアネックス - 2010/9/6 7:04


 日本のダート界を支えてきたカネヒキリ(牡8=角居)が左前脚屈腱炎のため引退し、種牡馬入りすることが5日、角居師から発表された。

 デビュー2戦は芝で結果が出なかったが、ダート路線に切り替えた3歳時の05年1月京都未勝利戦で7馬身のぶっちぎり勝ちを飾ると適性能力で頭角を現した。ユニコーンSで重賞初V、ジャパンダートダービー(大井)、ダービーGP(盛岡)で交流G1連覇、ジャパンCダートで古馬を撃破し、3歳にして早くも頂点に立ち、同年のJRA最優秀ダートホースを受賞した。

 翌06年は明から暗へ。フェブラリーSでG1・4勝目を飾り、世界最高峰のドバイワールドCで4着に頑張ったが、帝王賞2着後の夏場の休養中に右前脚屈腱炎を発症し、長期休養を余儀なくされた。しかし、幹細胞移植手術を行い、2年5カ月もの長期休養から08年秋、不屈の闘志で復帰。休養明けの武蔵野Sは9着に敗れたが、続くジャパンCダートを制覇。感動の復活劇はファンの涙を誘った。

 09年5月かしわ記念2着後、今度は左第3指骨骨折。それでも、再び復帰し今年は帝王賞2着、マーキュリーC優勝と元気な姿を見せていた。北海道・門別で行われた交流G2ブリーダーズGC(2着)が最後のレースとなった。

 角居師は「以前痛めた右脚ではなく、今度は左を悪くして…。歴史をつくってくれた馬だし、種馬として引き受けてくれる話もあるので。私としても忘れがたい1頭です」としんみりと話した。今後は北海道・新冠の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。

 ◆カネヒキリ 父フジキセキ 母ライフアウトゼア(母の父デピュティミニスター)牡8歳 栗東・角居勝彦厩舎所属 馬主・金子真人ホールディングス 生産者・北海道早来町(現安平町)ノーザンファーム 戦績23戦12勝(地方、海外含む) 総獲得賞金8億5161万6700円。

[ 2010/09/06 12:37 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

欧州最強馬ハービンジャーを社台グループが購入

欧州最強馬ハービンジャーを社台グループが購入
スポニチアネックス - 2010/9/4 7:05

 今年の英G1・キングジョージを圧倒的強さで制したハービンジャー(牡4)を社台グループが購入した。欧州の複数のメディアが同時に報じている。

 同馬はキングジョージ優勝後の調整中に左前脚を骨折して引退。患部の手術は成功している。

[ 2010/09/04 11:24 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ダービー馬エイシンフラッシュは神戸新聞杯から

ダービー馬エイシンフラッシュは神戸新聞杯から
スポニチアネックス - 2010/9/2 7:04

 今年のダービー馬エイシンフラッシュ(牡=藤原英)が午後零時10分に函館競馬場から栗東に帰厩した。

 藤原英師は「うまいこと成長してくれた。秋になればもっと良くなると春の時点で思っていたし、いい意味でのリフレッシュになった。秋にはもっといいパフォーマンスを見せられると思うよ」と前向きに語った。菊花賞を目指し、神戸新聞杯(26日、阪神)から始動する。

[ 2010/09/02 11:20 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

アドマイヤオーラ引退、今後は種牡馬入りも

アドマイヤオーラ引退、今後は種牡馬入りも
サンケイスポーツ - 2010/9/1 9:42

 8月29日の新潟記念で最下位の17着に敗れたアドマイヤオーラ(栗・松田博、牡6)が、引退することになった。近日中に生まれ故郷の北海道安平町・ノーザンファームに移動する予定。

 同馬はデビュー当初から注目を集め、07年のGIIIシンザン記念、GII弥生賞、08年のGII京都記念と重賞3勝を挙げたほか、皐月賞4着、ダービー3着など牡馬クラシックで活躍し、4歳時にはドバイににも遠征(ドバイデューティフリー9着)した。

 今後についての詳細は決まっていないが、父アグネスタキオン、母ビワハイジ、半妹にブエナビスタがいる超良血馬で、タキオンが昨年6月に11歳で急死していることからも、その後継として種牡馬入りする可能性が高そうだ。通算戦績は16戦4勝(うち海外1戦0勝)。

[ 2010/09/01 14:11 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。