2010年11月 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JC】ノーザンF吉田代表「まいった…」

【JC】ノーザンF吉田代表「まいった…」
スポニチアネックス - 2010/11/29 7:02

 降着のブエナビスタと、繰り上がり1着のローズキングダムは同じ馬主のサンデーレーシング所属。ノーザンファーム代表の吉田勝己氏は「正直、まいった。ローズは強かったが、ブエナビスタも素晴らしい」と複雑な表情を浮かべた。「次走?2頭とも有馬記念を使わなきゃ、ファンの方に怒られてしまうでしょう。いい意味で決着をつけられれば。ブエナは引き続きスミヨンになると思う」と暮れの大一番での再戦を約束していた。

スポンサーサイト
[ 2010/11/29 14:40 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

フォワード香港マイルへ…マイルCSレコード勝ち一夜明け

フォワード香港マイルへ…マイルCSレコード勝ち一夜明け
スポーツ報知 - 2010/11/23 8:00

 マイルCS(21日、京都)をレコードで快勝したエーシンフォワード(牡5歳、栗東・西園厩舎)が、香港マイル・G1(12月12日、シャティン競馬場・芝1600メートル)への追加登録を行った。管理する西園調教師がオーナーサイドと話し合った結果、レース後に登録を完了。22日、同調教師は「出られるようなら頑張りたい」と意欲を示した。

 激闘から一夜明けたこの日、同馬は栗東の馬房で元気な姿を見せた。「岩田騎手が、完ぺきに乗ってくれた。それが勝因だと思う」と担当の平田助手は笑顔で振り返っていた。

[ 2010/11/23 13:18 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

レーヴドリアン急死…松田博師「かわいそうなこと」

レーヴドリアン急死…松田博師「かわいそうなこと」
サンケイスポーツ - 2010/11/12 10:52

 今年の3歳牡馬クラシック戦線で活躍したレーヴドリアン(栗・松田博、父スペシャルウィーク)が11日に死亡した。疝痛の症状が悪化し、盲腸の破裂が確認されたため、安楽死の処置が取られた。菊花賞4着後は厩舎で調整されていたが、先月29日に疝痛の症状が見られ、栗東トレセンの診療所で開腹手術を行い経過は良好だったが、11日になって再び症状が悪化した。松田博調教師は「かわいそうなことやけど、こればかりは仕方ない」と無念の様子だった。通算成績9戦2勝、獲得賞金6980万6000円(付加賞含む)

[ 2010/11/12 12:23 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(1)

横山典弘、今週復帰へ…驚異的回復

横山典弘、今週復帰へ…驚異的回復
サンケイスポーツ - 2010/11/10 10:53


 横山典弘騎手(42)=美浦・フリー=が9日朝、今週の東京競馬でレースに復帰することを明らかにした。9月26日の中山競馬3Rで落馬負傷。治療に専念していたが、6日に調教騎乗を再開し、その後の回復も順調だったことから、GOサインが出た。

 横山典騎手は9日、藤沢和厩舎のウォンビーロング(牝3、1000万下)とシャイニンロミオ(牡2未勝利)の調教に騎乗。6日に現場復帰してから、7日には同厩のペルーサ(牡3オープン)に乗るなど、復帰へ向けて、徐々にピッチを上げてきた。「乗った感じは大丈夫。変な状態では戻りたくなかったし、五体満足で馬に乗れることのありがたみを実感した」と明るい表情で語った。

 9月26日の中山競馬3Rで落馬。中心性頸髄損傷、頭蓋骨骨折と診断され、入院した。意識ははっきりしており、骨折もひびが入った程度という状況だったが、全快までには相当な時間がかかると思われた。「落馬した次の日は、人生を考えた。騎手は無理だと思った。でも最悪じゃなくて良かった。ファンが贈ってくれた千羽鶴にも勇気づけられた」とリハビリに励んだ。一流アスリートならではの回復力の早さを見せ、予想を上回るスピードで、実戦復帰を決めた。

 9日時点で決まっている騎乗馬はシャイニンロミオ(日曜2歳未勝利・芝1800メートル)だけだが、水曜日以降に騎乗依頼が増えるのは必至。「今はウズウズとかソワソワはないけれど、レース当日になったら気合が入るんだろうね。いつも通り自然体で乗りたい」と横山典騎手に気負いはない。

 今年はすでに113勝。2位の蛯名騎手の97勝(9日現在)に16勝差をつけてリーディングの1位をまだ守っている。日本を代表するトップジョッキーのカムバックはファンや競馬界に何よりの朗報だ。

[ 2010/11/10 11:33 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(1)

【メルボルンC】トウカイトリック、豪の祭典に出走し12着

【メルボルンC】トウカイトリック、豪の祭典に出走し12着
サンケイスポーツ - 2010/11/2 13:58

 オーストラリアの祭典メルボルンC(2日、豪GI、芝3200メートル)がフレミントン競馬場で行われ、日本から参戦した藤田伸二騎手騎乗のトウカイトリック(牡8歳、栗東・野中賢二厩舎)は12着に終わった。勝ったのはフランスからの遠征馬でG・モッセ騎手騎乗のアメリケイン(牡5歳)。

 日本馬のメルボルンC挑戦は、トウカイトリックを含めると4頭。過去3頭の日本馬の成績は05年アイポッパー12着、06年デルタブルース優勝、ポップロック2着。日本馬の活躍が目立っており、トウカイトリックも好走が期待されていたが、残念な結果となってしまった。

 このメルボルンCは、長距離のハンデ戦のため、チャンピオン決定戦という意味合いは薄れているが、“オーストラリアの祭典”という点で盛り上がり、この日は休日になるエリアもある。また、前日には市内で恒例のパレードが行われていた。

[ 2010/11/02 14:06 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【エリザベス女王杯】英・愛オークス2冠馬が襲来

【エリザベス女王杯】英・愛オークス2冠馬が襲来
スポニチアネックス - 2010/11/2 7:02

 「第35回エリザベス女王杯」の登録馬が1日、JRAから発表された。牝馬3冠に輝いたアパパネなど、日本馬は22頭が登録。海外からはアイルランドと英国のオークスを制した3歳馬スノーフェアリーなど2頭が参戦予定。

[ 2010/11/02 14:04 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ブエナビスタ、秋古馬3冠へ!“独壇場”の盾獲り!【天皇賞・秋】

【天皇賞・秋】秋古馬3冠へ!ブエナ“独壇場”の盾獲り
スポニチアネックス - 2010/11/1 7:02


 歴史的完勝だ!!「第142回天皇賞・秋」が、約8万3000人の観衆を集めた東京競馬場で行われ、1番人気のブエナビスタ(牝4=松田博)が牡馬勢を蹴散らし、G1・5勝目。フランスの名手スミヨンが初騎乗で能力を余すことなく引き出した。今後はジャパンC→有馬記念と王道を歩む。2着に3歳馬ペルーサ、3着アーネストリーと続き、本社担当の鳥谷越は◎▲○で3連単7480円を本線で的中した。

 強い!!あっという間に抜け出した直線に、多くの競馬ファンがこう考えたはずだ。もしもブエナビスタが凱旋門賞に出走していたら…この質問に松田博師はこう答えた。

 「結果はともかくイチかバチかタメての一発勝負をしていたと思う」

 この末脚、この強さならば世界制圧も可能かもしれない。初コンビのスミヨンがそれだけのパフォーマンスを引き出した。スタートを決めて道中は中団キープ。直線入り口で馬場の真ん中に持ち出すと、あとは独壇場だ。ゴール前では後続を確認し、流す余裕まであった。完勝を名手は満面の笑みで振り返った。

 「いいスタートが切れたし、自分からハミを取る感じ。内に入れるのは難しそうだったので、押して外に出していった。直線でもいい脚を使ってくれたね。日本のベストホース。ウオッカと比べてもそん色ない」

 もともとドバイ遠征時にコンビ結成の話が持ち上がっていたとあって、特徴を研究し尽くしていた印象だ。初騎乗で結果を出すコツは「シークレット!」とはぐらかしたが、さすがのテクニックをまざまざと見せつけた。

 凱旋門賞2勝をはじめ華々しいキャリアを誇るジョッキーだけに、過去の名馬の中で似ている馬は?の問いかけに「ザルカヴァ」と即答。3歳で08年凱旋門賞を制し、7戦7勝で引退した名牝だ。「ザルカヴァは今まで乗った中で最も強い牝馬。ひょっとしたら彼女以上になるかもしれない。あとはキャリア。このまま勝っていけばもっと強くなっていく可能性はある」

 G15勝目だが、牡馬相手のG1を勝ったのはこれが初めて。有馬記念、宝塚記念ではね返された牡馬のぶ厚い壁をついに破った。松田博師は「ここ3走の中では一番良かったから何の不安もなく送り出せた」と断言。自信の仕上がりで得た勝利の余韻に浸った。

 今後はジャパンC(28日、東京)→有馬記念(12月26日、中山)と国内の王道を歩む。3連勝なら00年テイエムオペラオー、04年ゼンノロブロイに続き、牝馬ではもちろん初となる快挙。海外遠征はその先だ。ジャパンCへ向けスミヨンは「昨年はウオッカに乗るチャンスもあったが(先約があり)実現しなかった。今年はいい結果を出したい」と意気込みを語った。さらなる高みへ。歴史的名牝の歩みは止まらない。

 ◆ブエナビスタ 父スペシャルウィーク 母ビワハイジ(母の父カーリアン)牝4歳 栗東・松田博資厩舎所属 馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道勇払郡安平町ノーザンファーム 戦績15戦8勝(うち海外1戦0勝) 総獲得賞金9億4030万9700円(うち海外9243万6700円)。

[ 2010/11/01 11:52 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。