2011年01月 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【京都牝馬S】覚醒ショウリュウムーン突き抜けた

【京都牝馬S】覚醒ムーン突き抜けた
デイリースポーツ - 2011/1/31 9:13


 「京都牝馬S・G3」(30日、京都)
 目が覚めるような完勝劇だった。5番人気のショウリュウムーンが、中団から鋭い末脚を繰り出して快勝。アパパネを下した昨年のチューリップ賞以来、2度目の重賞制覇を成し遂げた。2着は1番人気のヒカルアマランサス。3着には9番人気のサングレアズールが入った。
  ◇  ◇
 寒空にさらされた淀のターフを、強烈な末脚で切り裂いた。5番人気のショウリュウムーンが直線で一気にはじけ、昨年のチューリップ賞以来の重賞Vを達成した。
 会心の勝利に、浜中は思わずゴール手前でガッツポーズ。前2走は凡走に終わっていただけに喜びはひとしおだ。「今回は特殊ハミに替えたことで、内にもたれることもなく、いい末脚を見せてくれたと思う。続けてチャンスをもらえたし、オーナー、関係者の皆さんの思いに応えられて良かった」と破顔一笑だ。
 道中は中団で待機。直線に向いて馬群がばらけると、鞍上の仕掛けに即応して進出。1完歩ごとに加速度を増し、最後は連覇を狙うヒカルアマランサスの大外猛追すら寄せつけなかった。見守った佐々木師は「今回は状態が良かったし、53キロだからね。能力さえ出せれば、と思っていた。人気はしてなかったけど“いつか、いつか”と思っていたよ」と目尻を下げる。指揮官にとっても、うっぷん晴らしの快勝劇だった。
 これでアパパネを下したチューリップ賞を含め、勝ち鞍3つは全てマイル戦。春の最大目標もヴィクトリアマイル(5月15日・東京)に定まった。「女馬が相手なら、そんなに負けてないからね。このあとは厩舎で調整。次をどこに使うかはじっくり考えるが、千六にこだわってみたい」。師が描く青写真には、昇竜のごとく頂点をつかむ瞬間が鮮明に映し出されている。

スポンサーサイト
[ 2011/01/31 12:06 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【平安S】オレンジ重賞2勝目!淀の鬼いざ全国区へ

【平安S】オレンジ重賞2勝目!淀の鬼いざ全国区へ
スポニチアネックス - 2011/1/24 7:02

 京都の「第18回平安S」は2番人気ダイシンオレンジが快勝。得意の京都ダートで重賞2勝目をマークし、フェブラリーSに名乗りを上げた。

 好位確保から早めに動き、直線入り口で先頭をうかがう勢い。ダイシンオレンジはラスト300メートルで完全に抜け出すと、そこから先は最後の力を振り絞った。脚色は劣勢。それでも先頭は譲らない。迫るインバルコを鼻差で振り切ってゴールへ。昨春のアンタレスSに続く2度目の重賞制覇だ。川田はパートナーの力走を称えた。

 「道中は自分のペースで走れていたけど、向正面で外から徐々に来られて早めに動かざるを得ない形。きつい競馬になったけどよく頑張ってくれた」

 昨秋の戦列復帰から今回が叩き3戦目。1戦ごとに調子を上げて11年初戦を迎えていた。最終追い切りにまたがって状態の良さを確認した川田は「前回とは中身が違う。今回は大丈夫」と断言。それから4日後、見事に人馬一体となって重賞タイトルをもぎ取った。

 「昨年(2着)は勝たせてあげることができなかったので、今年は負けられないくらいの気持ち。思っていたより苦戦したけど、勝つことができてホッとしている」と川田。これが節目のJRA通算400勝となるメモリアルV。「いいときに勝たせてもらえた」とダブルの喜びに浸った。

 レース後、庄野師は安どの笑みを浮かべていた。「後ろから他馬が来ていたしドキドキしたよ。ホントによく頑張ってくれた」。重賞Vはともに京都ダート1800メートル。走り慣れたこの舞台では【5221】と抜群の相性だ。庄野師は「京都は流れが合うのか、坂の下りを使って楽に上がっていける」と分析する。今後について「まだ良くなると思う。次走はオーナーと相談して」の見通し。当然、フェブラリーSも視野に入っている。G1初挑戦のJCダートは8着に終わったが、京都ダートの鬼から全国区へ。実力馬がさらなる進化を遂げる。

 ◆ダイシンオレンジ 父アグネスデジタル 母アシヤマダム(母の父ラシアンルーブル) 牡6歳 栗東・庄野靖志厩舎所属 馬主・大八木信行氏 生産者・北海道沙流郡日高町戸川牧場 戦績20戦7勝 総獲得賞金1億5791万8000円。

[ 2011/01/24 11:44 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【AJC杯】トーセンジョーダン完勝!盾獲りに名乗り

【AJC杯】トーセンジョーダン完勝!盾獲りに名乗り
スポニチアネックス - 2011/1/24 7:02

 年明けの中山開催を締めくくる「第52回AJC杯」は、トーセンジョーダンが58キロをものともせずに、好位抜け出しの完勝で1番人気に応えた。騎乗した内田博幸騎手(40)は、昨年のダービー以来となる重賞V。春は天皇賞が目標で、G1戦線を歩む。

 人馬ともにさらなる飛躍を誓う1年。内田とトーセンジョーダンにとって、最高の滑り出しとなる完勝だった。3角までは好位5番手をキープし、徐々にポジションを上げながら4角へ。直線入り口で他馬と接触したが、ひるむことなく馬場の中央へ進路を取る。前が空いたところでエンジン全開。絶妙のペースで逃げ粘るミヤビランベリを、きっちり3/4馬身かわしたところがゴールだった。

 「このメンバーなら58キロでも負けられないと感じていた。強さを見せたいと思っていた」。引き揚げてきた内田は、自らを鼓舞するような強い口調で続けた。「逃げ馬が残るペースでも差し切れた。着差以上に強い内容。初めて乗ったときからG1に行く馬だと思っていたが、ここで負けていては、そうも言っていられない」。鞍上にとっては昨年のダービー(エイシンフラッシュ)以来の重賞V。「昨年はケガ(1月の落馬で左腕骨折)もあり、復帰後も思うように乗れない時期があった。今年は1年を通して成績を残していきたい。自分自身のモチベーションを上げるという意味でも大きな1勝になった」

 池江寿師は「4角で一瞬詰まってヒヤッとしたが、終わってみれば強い競馬だった」と笑みを浮かべながら「有馬記念(5着)では太め残りだったが、きょうは腹回りがすっきりして走れる体になっていた」と振り返った。07年セレクトセールの1歳セリで1億7850万円で落札された高額馬。裂蹄に泣かされ出世が遅れたが、ようやく軌道に乗った。「今は爪の状態も安定しているので、しっかり調教して能力を引き出すことができる」と力強い。

 目標は天皇賞・春(5月1日、京都)。内田が「器用で乗りやすい馬。掛かるところがないし距離が延びても大丈夫」と胸を張れば、師も「G1へ希望が出てくるレースぶり。日経賞(3月26日、中山)か阪神大賞典(同20日)を使って挑戦したい」と締めくくった。

 単勝1・9倍の断然人気に応えて勝つべくして勝ったジョーダン。G1ゴールに華麗なダンクシュートを決めるシーンも、遠くはないはずだ。

 ◆トーセンジョーダン 父ジャングルポケット 母エヴリウィスパー(母の父ノーザンテースト) 牡5歳 栗東・池江泰寿厩舎所属 馬主・島川隆哉氏 生産者・北海道勇払郡安平町ノーザンファーム 戦績13戦7勝 総獲得賞金2億4452万2000円。

[ 2011/01/24 11:43 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【日経新春杯】完勝!良血ルーラーシップが逆襲V ローズは3着

【日経新春杯】完勝!良血ルーラーシップが逆襲V ローズは3着
サンケイスポーツ 1月16日(日)16時24分配信

2馬身差で完勝したルーラーシップ=京都競馬場(撮影・高井良治)(写真:サンケイスポーツ)

 第58回日経新春杯(16日、京都11R、GII、4歳以上オープン、国際、指定、ハンデ、芝2400メートル、1着賞金5800万円)U.リスポリ騎手騎乗の2番人気ルーラーシップ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が直線で豪快に伸び、2馬身差で完勝。タイム2分24秒6(良)。2着は3番人気ヒルノダムール、3着は1番人気ローズキングダムで強い4歳世代が上位を独占。

 有馬記念では現役一線級相手に6着に敗れたルーラーシップだったが、トップクラスの実力を証明する勝利。同世代のライバルを寄せ付けず、一気に春の主役に躍り出た。

 道中、ルーラーシップは好位4番手、ローズキングダムは中団の内で待機。4コーナーを抜群の手ごたえで回ったルーラーシップは、直線で馬場の真ん中へ。内でモタつくローズキングダムを尻目に、ダイナミックなフォームで一気に突き放してゴール。ローズと1.5キロの斤量差はあったが、その力を証明するのには十分な圧勝劇だった。

 ルーラーシップは、父がNHKマイルCと日本ダービーを勝った“変則2冠馬”キングカメハメハ、母がオークス、天皇賞・秋などを制した女傑エアグルーヴという超良血で、JRA通算9戦5勝。重賞は10年鳴尾記念(GIII)に続き2勝目。

[ 2011/01/17 08:34 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

“異次元の末脚”レーヴディソール牝馬3冠の器

“異次元の末脚”レーヴディソール牝馬3冠の器
スポニチアネックス - 2011/1/1 7:02

 10年のアパパネに続き、2年連続の3冠牝馬誕生なるか。2011年牝馬クラシック戦線の主役は3戦3勝で2歳女王に輝いたレーヴディソールだ。破壊力満点の末脚は、同じ松田博厩舎の先輩牝馬ブエナビスタを思い起こさせる。

 レーヴディソールは2歳女王決定戦の阪神JFを完勝。最初の4Fが48秒5のスローペースの中、後方からきっちり抜け出してくるのだから地力が違った。上がり3F33秒台をマークしたのはこの馬だけ。福永は「直線では必ず伸びてくる馬なので、心配していなかった」と振り返れば、松田博師は「自信を持っていたから」と笑みを浮かべた。課題のスタートもこれまでの2戦と比べて速く、中団でスムーズに流れに乗れた。ケタ違いの脚力はもちろん、豊富なスタミナと持久力を兼ね備えている点も魅力。今年の牝馬クラシックの最有力候補だ。

 馬体だけを見ればやや非力な点は否めない。全体的に幼さが残り、顔立ちをみればとにかく愛らしい。松田博師が「とても競走馬とは思えん」と苦笑いしながらも、期待の大きさを隠さなかった。可愛い顔をしてレースに出走すれば他馬をまとめて豪快に差し切ってしまう。そのギャップがトレーナーを冗舌にさせるのかも。厩舎の大黒柱であるブエナビスタと並ぶ可能性についても「そうなればええわな」とトレーナーは将来性も含めて答えている。

 今後は順調にいけば、桜花賞トライアルから本番へのローテが濃厚だ。福永が「1つも取りこぼすことなくいきたいと思います」と話す逸材。牝馬3冠を成し遂げたアパパネに続き、2年連続で3冠馬誕生!?そう思えてしまうほどの大物感がこの馬にはある。

[ 2011/01/01 11:16 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。