英国遠征中の三浦皇成騎手が海外初騎乗初勝利! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英国遠征中の三浦皇成騎手が海外初騎乗初勝利!

英で報道!皇成は“日本のベッカム”だ
2009年9月14日(月) 7時7分 スポーツニッポン

 英国遠征中の三浦皇成騎手(19)が海外初騎乗初勝利を飾った。12日(日本時間同日深夜)、当地のフォスラス競馬場で行われたトートスポーツドットコムハンディキャップ(芝2800メートル=8頭立て)にロイヤルダイヤモンド(セン3)で挑戦。冷静な騎乗で勝利に導いた。

 道中は5番手を追走。4コーナーで3番手に上がると、直線は外から豪快に差し切った。三浦は「敏感な馬だったので折り合いに気をつけて乗った。ペースは日本に比べて遅かったが、日本でのスタイルを崩さないように意識した。うまく乗れたと思う。今後もさまざまな競馬場で何回も騎乗することで、英国の競馬を吸収していきたい」と意欲的に話した。

 一夜明けた13日はいつも通りニューマーケットで調教に騎乗、厩舎作業に精を出した。当地では“日本のベッカム”のようなアイドルジョッキーが初勝利を挙げたと報じられている。14日はヨークシャーのレッドカー競馬場で3鞍にエントリー。海外2勝目を目指すが、今後さらに騎乗依頼が舞い込みそうだ。(平松さとし特別通信員)

三浦皇成騎手、海外初騎乗初勝利!
2009年9月13日(日) 10時46分 netkeiba.com

 現地時間12日、英・フォスラス競馬場で行われた5R(芝14f、8頭立て)で、4番人気ロイヤルダイヤモンド Royal Diamond(セン3、英・M.プレスコット厩舎)が2着馬に1.1/2馬身差をつけ快勝。鞍上の三浦皇成騎手は見事に海外競馬初騎乗初勝利を果たした。

 同騎手は現地時間29日(火)まで滞在予定。14日にも、レッドカー競馬場で3鞍に騎乗を予定しており、受け入れ先であるM.プレスコット厩舎以外にも、R.ゲスト厩舎、P.ニーヴン厩舎ら他厩舎からの依頼も受けている。

【コメント】
「チャンスを与えてくれた調教師をはじめ関係者の皆さん、日本の皆さんにとても感謝しています。1着という結果で、自分をアピールすることができて本当に良かったです。
レースは、まずゲートのタイミングが難しかったです。敏感な馬だったので折り合いに気をつけて乗りました。調教師の指示どおり馬をリラックスさせて走らせ、残り3ハロンから追い出しました。ペースは日本に比べて遅かったですが、日本でのスタイルを崩さないように意識して乗りました。馬の力を引き出すことができ、上手く乗れたと思います。コースは新潟の外回りのような感じで日本と同じようなフラットなコースだったので、今後様々な競馬場で何回も騎乗することでイギリスの競馬を吸収していきたいです。これからもチャンスを与えてもらえるよう頑張ります」


皇成勝った!!海外初騎乗で見事V導いた
2009年9月13日(日) 9時39分 サンケイスポーツ

 【ウェールズ12日=高尾幸司】初騎乗で、いきなり優勝!! 英国遠征中のJRAの若きスター、三浦皇成騎手(19)=美浦・河野厩舎所属=が12日午後(日本時間同日深夜)、ウェールズにあるフォスラス競馬場の5Rトートスポートコムハンデ(3歳限定、芝2800メートル、ハンデ戦、8頭)で海外初騎乗を果たし、見事に1着でゴール。やったね、コーセイ!!

 今月9日に英国に武者修行に向かった三浦皇成騎手が海外で初騎乗Vの快挙を達成した。それも近代競馬発祥の地、英国だから価値は高い。

 受け入れ先のニューマーケット(ロンドンの北100キロ)から車で西に5時間ほどのウェールズにあるフォスラス競馬場。今年6月に新設されたばかりのコースで、歴史が刻まれた。

 三浦がコンビを組んだのは、遠征先の師匠であるマーク・プレスコット調教師が管理するロイヤルダイアモンド(せ、父キングズベスト、母の父デインヒル)。4番人気でオッズは6倍だ。レース前には、場内アナウンスで「ジャパニーズセンセーショナルジョッキー、コーセイ、ミウラ」と紹介された。

 スタートを決めると、道中は中団外めの5、6番手を追走。直線入り口で抜群の手応えで進出すると、残り600メートルで追い出される、そのまま抜け出して完勝。三浦はゴールの瞬間、人差し指を立て、観衆にアピールした。1着賞金は1万5578ポンド(約235万円)と英国の一般レースでは上々の金額だ。2着はチベルタキングで1馬身1/2差だった。

 笑顔で戻ってきた三浦は、「疲れました。でもとてもリラックスして走らせることができたし、(調教師の)指示通りに乗れました」と振り返った。

 ロイヤルダイアモンドは連勝中の上がり馬で、三浦の手綱で3連勝を達成。母は02年にジャパンCに挑戦したイリジスティブルジュエル(11着)。10日には調教に騎乗して相棒の感触を掴み、レース当日はプレスコット師とコースを下見していた。プレスコット師、さらにオーナーも大喜びで、日本からやってきた19歳の若者を称えた。
[ 2009/09/14 08:01 ] 騎手 三浦皇成 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。