三浦皇成海外最年少V!ユタカ祝福「すごいよね」!! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三浦皇成海外最年少V!ユタカ祝福「すごいよね」!!

皇成海外最年少V!ユタカ祝福「すごいよね」
2009年9月14日(月) 8時1分 スポーツ報知

 競馬発祥の地イギリスで、三浦皇成騎手(19)=美浦・河野厩舎=が、史上最年少の海外競馬Vを達成した。現地時間12日、ウェールズ西部のフォスラス競馬場で行われた、トートスポーツドットコムH(芝2800メートル、8頭立て)でロイヤルダイヤモンド(?3歳)に騎乗して優勝。海外での初めてのレースを勝利で飾った日本の若武者に、本場の関係者、ファンは熱い視線を送っていた。

 デビュー年最多勝(91勝)をはじめ、数々の快記録を打ち立ててきた三浦が、また一つ大きな仕事をやってのけた。JRAジョッキーで、史上最年少となる海外競馬勝利を、初騎乗で達成。20歳の時に、海外2戦目で初勝利を挙げた武豊の数字を、ここでも上回った。

 パートナーのロイヤルダイヤモンドは、現地での受け入れ先であるプレスコット調教師の管理馬。道中は、1番人気のタイムズアップをマークする形で4、5番手を進み、直線で先頭へ。最後は、後続を1馬身半抑えてフィニッシュした。

 初めての土地で、いきなり結果を出した三浦は「調教師の指示通り、馬をリラックスして走らせ、残り3ハロンから追い出しました。ペースは日本に比べて遅かったですが、日本でのスタイルを崩さないように意識して乗りました。1着という結果で自分をアピールすることができて、本当に良かったです」と笑顔。地元ファンも、遠い海の向こうからやって来た19歳の若者に、惜しみない声援を送った。

 すでに帰国していた師匠の河野調教師は、この勝利を受けて「一流の騎手に、一流の厩舎の馬がそろっての勝利。今夜は興奮して眠れそうにありません」と自身のブログでコメント。日本の第一人者として、海外に積極的に遠征する武豊は「すぐにレースに乗れたこともそうだけど、すごいよね。結果が出て、本人が一番安心しているんじゃないかな」と祝福の言葉を贈った。

 次の騎乗は14日。英ヨークシャー州のレッドカー競馬場で3鞍が予定されている。うち2頭は、プレスコット厩舎以外の馬で、周囲の関心が高まっている様子が分かる。29日までの修業で、いくつ勝ち星を挙げられるか、注目度は増すばかりだ。

 ◆英・フォスラス競馬場 ウェールズ西部にある、カーマーゼンシャー州最大の都市ラネリの北部に位置する。6月18日にオープンしたばかりで、1周は約2400メートル。600エーカー(約2・43平方km)の広大な敷地を持つ。歴史が浅いうえ、英国の中心部から遠く離れているため、メジャーとは言えないが、その景観から、ウェールズで最も美しい競馬場のひとつとされている。
[ 2009/09/14 08:33 ] 騎手 三浦皇成 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。