【神戸新聞杯】アンライバルド、反撃の秋だ 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【神戸新聞杯】アンライバルド、反撃の秋だ

【神戸新聞杯】アンライバルド、反撃の秋だ
2009年9月22日(火) 9時31分 デイリースポーツ

 「神戸新聞杯・G2」(27日、阪神)
 再び王道を歩む。ひと夏を越し、皐月賞馬アンライバルドがたくましさを増して帰ってきた。1番人気に推されたダービーでは不良馬場の影響もあり、12着と大敗を喫したが、そんなショックを感じさせないパワフルな走りを披露する。菊花賞(10月25日・京都)を目指し、豪華な顔ぶれが集結するが、前哨戦からその力を見せつける。
  ◇  ◇
 2冠制覇へ向けて臨む前哨戦。アンライバルドが再びその強さを誇示する。春はまさに天国から地獄を味わった。3連勝で皐月賞を制し、1番人気に推された日本ダービー。父子&兄弟のダブル制覇と話題を独占しながらも12着に敗れ、世代7768頭の頂点の座に就くことはできなかった。
 大雨の影響で、40年ぶりに不良馬場で施行された競馬の祭典。杉村助手は「前に行かないと駄目な馬場と分かっていただけに仕方がない。枠も大外を引いていたし、馬自身も“田んぼ”を走れるつくりではなかった」と冷静に振り返る。皐月賞馬に勝利の女神は振り向いてくれなかった。
 反撃の秋。北海道のノーザンファーム早来で英気を養い、主戦場の栗東へと帰ってきた。「レース後はすぐに放牧に出ていたので、気持ちの面でうまく抜けたんじゃないかな。いいリフレッシュになったと思う」。敗戦のショックをぬぐい去り、ひと夏を越して心身の成長を遂げた。「春は徐々に環境に慣れながらクラシックに向かっていたが、帰厩してからは気持ちに余裕がある。落ち着きが出てきたね。体つきもすべてのパーツにゆとりができて、ひと回りたくましくなってきた。いい面で牡馬らしく、どっしりと構えられるようになってきた」と仕上げ人は目を細める。短期間でのパワーアップは、超良血のなせる業だ。
 父ネオユニヴァース、半兄フサイチコンコルドは菊の舞台でともに3着に敗れているが、友道師は「距離が延びることに関しては心配していない。まずは初戦。いいレースを期待しています」としっかりと目標を見つめる。まずは前哨戦を制し、そして本番へ。秋初戦の仁川で力を証明する。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。