伏兵イコピコがコースレコードで大金星/神戸新聞杯【レース映像あり】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伏兵イコピコがコースレコードで大金星/神戸新聞杯【レース映像あり】

伏兵イコピコがコースレコードで大金星/神戸新聞杯
2009年9月27日(日) 16時23分 netkeiba.com

 27日、阪神競馬場で行われた第57回神戸新聞杯(3歳、GII・芝2400m)は、四位洋文騎手騎乗の7番人気イコピコ(牡3、栗東・西園正都厩舎)が、道中は中団でレースを進めて直線外に持ち出すと鋭く伸びて、1角から先頭を奪って逃げた3番人気リーチザクラウンに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分24秒2のコースレコード(良)。さらに3/4馬身差の3着には5番人気セイウンワンダーが入った。1番人気の皐月賞馬アンライバルドは4着、2番人気アントニオバローズは11着に敗れている。

 勝ったイコピコは、父マンハッタンカフェ、母はJRA1勝のガンダーラプソディ(その父ジェイドロバリー)という血統。昨年11月のデビューから2戦目で初勝利を挙げると、4月の3歳500万下(阪神・芝1600m)で2勝目。ダービートライアル・プリンシパルS(OP、東京芝2000m)では4着に敗れたが、続く白百合S(中京・芝1800m)でOP勝ちを収めた。前走のラジオNIKKEI賞(GIII)は4着に敗れていた。通算成績8戦4勝。

 鞍上の四位洋文騎手は、ベストメンバーで制した京都新聞杯(GII)に続く今年のJRA重賞5勝目で、通算63勝目。昨年もディープスカイで制しており、このレース2連覇を飾った。管理する西園正都調教師はマイネルレーニアで制した昨年のスワンS(GII)以来、今年のJRA重賞初勝利で、通算8勝目となった。


[ 2009/09/28 04:28 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。