藤沢和雄調教師、JRA通算1000勝達成 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

藤沢和雄調教師、JRA通算1000勝達成

藤沢和雄調教師、JRA通算1000勝達成
2009年9月27日(日) 19時57分 netkeiba.com

 27日、中山競馬場で行われた8R・500万下(芝2000m)で、池添謙一騎手騎乗の4番人気ワールドカルティエ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。同馬を管理する美浦・藤沢和雄調教師(58)は、史上13人目、現役最多となるJRA通算1000勝を達成した。

 同師は美浦・野平祐二厩舎などの調教助手を経て、87年に調教師免許を取得。92年ニュージーランドT4歳S(GII、シンコウラブリイ)で重賞初制覇。93年には同馬でマイルCSに優勝しGI初制覇を達成した。これまでにタイキシャトル(ジャックルマロワ賞-仏G1などGI・5勝)、シンボリクリスエス(02年、03年天皇賞・秋、有馬記念-GIを連覇)、ゼンノロブロイ(04年ジャパンCなどGI・3勝)、バブルガムフェロー(96年天皇賞・秋-GI、95年朝日杯3歳S-GI)、ダンスインザムード(04年桜花賞-GI、06年ヴィクトリアマイル-GI)など多数の活躍馬を管理している。JRA重賞は通算80勝(GI・21勝)。27日現在のJRA通算成績は5395戦1000勝(うち障害98戦16勝)、地方27戦5勝。これまでJRA賞を95~05年の11年連続など計14度受賞している。

【藤沢和雄調教師のコメント】
「達成に少し時間がかかり、いつも応援してもらっている皆様にはご迷惑をおかけしましたが、ようやく達成できました。

 (約22年でのスピード達成については、)上手な騎手に騎乗してもらったことや、馬主さんに良い馬をたくさん預けてもらったおかげであり、ありがたく思っています。

 思い出に残る馬としては、この中山競馬場での引退レースを勝てなかったタイキシャトル、また最後を飾ることができたシンボリクリスエスが挙げられます。

 1,000勝は多くの皆様のおかげであり、私は厩舎スタッフを代表して表彰してもらっていると思っています。今後の目標は、しばらくご無沙汰しているGIレースでの勝利です。またここでインタビューをしてもらえるよう頑張ります」
[ 2009/09/28 04:32 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。