【菊花賞】切れたイコピコ12秒4! 最終追い切り【競馬ニュース】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【菊花賞】切れたイコピコ12秒4! 最終追い切り【競馬ニュース】

菊花賞】切れたイコピコ12秒4! 最終追い切り
サンケイスポーツ - 2009/10/21 15:20

 牡馬クラシックの最終関門「第70回菊花賞」(25日、京都競馬場、GI、芝3000メートル、1着賞金1億1200万)に向けて、栗東、美浦のトレーニングセンターで、有力各馬が最終追い切りを行なった。

 トライアルの神戸新聞杯で、ダービー上位着順馬を撃破し、一躍クローズアップされたイコピコはいつものように栗東坂路コースに登場。酒井騎手(レースでは四位騎手)を鞍上に単走での追い切り。2F目辺りで鞍上からGOサインが出されると一気に加速し、ラスト1Fも12秒4と極上の切れ味を発揮。全体時計も52秒1−38秒2なら申し分ない。レコード圧勝で出場権を得た今夏最大の上がり馬は最高の形で、本番を迎えられそうだ。

 皐月賞3着のセイウンワンダーは栗東Cウッドコース。5F地点から僚馬ジェントルフォークと併せると、一杯に追われて3馬身先着。時計も6F80秒2−5F65秒3−4F51秒1−3F38秒1−1F12秒7。タイムも動きも上々で、好調を維持している。

 夏、秋の1戦とも結果の出ていないシェーンヴァルトは坂路コースで53秒8−39秒4。前半からテンション高めで、掛かり気味。2F目から12秒9−12秒7とラップが上がったため、ラスト1Fは抑えられて13秒8と遅くなった。

 トライアルのセントライト記念3着で、ラスト1冠に滑り込んだ良血馬フォゲッタブルはCウッドコース。ディープインパクトの弟ニュービギニングと併せて、6F80秒6−5F65秒7−4F51秒3−3F38秒4−1F13秒3をマーク。ゴール前追われて併入もラストの伸びは今ひとつだった。

 美浦ではダービー4着、前走、セントライト記念快勝のナカヤマフェスタが南Dコースで追われた。調教では主戦の蛯名騎手を振り落とすなど、難しい気性も見せる馬だが、今日はスムーズにDコース入り。スタートから僚馬と併せ、4F目からペースアップして4F51秒4−3F37秒6−1F12秒4を計時。ゴール前仕掛けられて併入も、折り合いの良さは際立っていた。

[ 2009/10/22 10:59 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。