逮捕から8年…田原成貴元騎手また覚せい剤【競馬ニュース】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逮捕から8年…田原成貴元騎手また覚せい剤【競馬ニュース】

逮捕から8年…田原成貴元騎手また覚せい剤
スポーツニッポン - 2009/10/23 7:02

 京都府警が、覚せい剤取締法と大麻取締法違反容疑で、日本中央競馬会(JRA)の元騎手で元調教師田原成貴容疑者(50)を逮捕していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。田原容疑者は2年連続でリーディングジョッキーに輝いたスタージョッキーで、通算1112勝。調教師転身後の01年、覚せい剤取締法違反などの罪で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。

 京都府警東山署などによると、田原容疑者は今月14日、京都市内の自宅で逮捕された。当初は容疑を一部否認していたが、すぐに認めたという。覚せい剤の所持か使用かなど詳しい容疑について同署は「捜査中なので公表できない」としている。調べに対し「職業は作家です」と話しているという。捜査関係者によると、別の覚せい剤事件で逮捕した男の供述から容疑者として浮上した。

 田原容疑者は98年に騎手を引退し、調教師に転身したが、01年10月に東京・羽田空港で覚せい剤取締法違反(所持)、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。手荷物のエックス線検査を受けたところ、刃渡り約18センチの大型ナイフを所持しているのが見つかり、上着の胸ポケットにはティッシュに包まれた数本の注射器が入っていた。うち1本に入っていた水溶液には簡易鑑定で覚せい剤の反応があり、尿検査でも陽性反応が出た。同年12月に懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受け、JRAからは調教師免許をはく奪され、15年間の競馬への関与停止の処分を科された。

 公判の最終意見陳述では、号泣しながら「多くの支援者や関係者、友人らに迷惑をかけた罪は許されるべきではない。二度と罪を犯さないし今後、待ち受けるいばらの人生を妻と子供を守りしっかり生きていくことを誓います」と述べていた。

 最近は、競馬情報誌「競馬最強の法則」(ベストセラーズ社)で06年12月号から連載企画「田原成貴 常識をぶっ壊す!」を執筆。また、競馬予想サイトを主宰するなどの活動をしていた。

 ベストセラーズ社編集部は今後の連載について「未定」と話している。元天才騎手が分析する内容は、読者から好評だったという。競馬予想サイト「田原成貴のBig Getマガジン」では「覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。多大なご迷惑をおかけしましたことを深くおわびします」と謝罪コメントを掲載した。
[ 2009/10/23 08:16 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。