【天皇賞(秋)】鋭伸エイシンデピュティ、一番時計【競馬ニュース】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞(秋)】鋭伸エイシンデピュティ、一番時計【競馬ニュース】

【天皇賞(秋)】鋭伸エイシンデピュティ、一番時計
デイリースポーツ - 2009/10/30 9:39

力強いフットワークで坂路を駆け上がるエイシンデピュティ=栗東トレセン

 「天皇賞(秋)・G1」(11月1日、東京)
 グランプリホースが豪快リハだ。長期ブランクを乗り越えて、完全復調を示した。エイシンデピュティは29日、浜中(レースは戸崎圭)がまたがって、栗東坂路で単走追い。残り2Fで入ったステッキに応えて、重心を沈めてグンと加速した。4F51秒2-38秒0-12秒6は文句なしの一番時計だ。
 動きを見守った野元師から満足感が漂う。「53秒ぐらいで、と思っていた。ちょっとやり過ぎたかな。でも、ジョッキーが乗っていて(体重が)軽いからね。使って良くなる馬。万全です」と納得の表情。2週連続で騎乗した浜中も絶賛する。「先週よりも良かった。気合が乗っていて行きっぷりもいいし、息の入りも違った。やっぱりG1馬はすごい」としびれるような感触に感心した。
 昨年の宝塚記念を制したあと、左前のけいじん帯炎を発症。1年3カ月ぶりの前走は、無事に走らせることに主眼を置いた一戦だった。「ブランク明け。それに体も増えて(22キロ増)いましたからね。度外視していい。今は脚元もパンとしているし、かなり変わってくる」。上昇を告げる姿にトレーナーも力が入る。
 「(昨年の)宝塚記念の雰囲気に近い」とG1勝ちの再現を狙う指揮官だが「2、3番手でもいい」と逃げにこだわるつもりはない。夢は復活Vだけではない。盾制覇から海を渡るプランを掲げる。「このあと、どうもなければ香港C(12月13日・シャティン)に向かう予定です」。世界戦を前に再び頂点をつかむ。
[ 2009/10/30 13:24 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。