【天皇賞・秋】シンゲン天下獲りへ伝説の「10」!【競馬ニュース】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞・秋】シンゲン天下獲りへ伝説の「10」!【競馬ニュース】

天皇賞・秋】シンゲン天下獲りへ伝説の「10」!
スポーツニッポン - 2009/10/30 7:03

 シンゲンの天下統一だ!!JRAプレミアムレース「第140回天皇賞・秋」の枠順が29日、決まった。関東期待の上がり馬シンゲンが大物食い伝説の「10番」を引き当てた。8戦6勝の“東京コースの鬼”が絶好枠を味方に天下獲りに大きく前進した。天皇賞の金曜発売は30日、ウインズ後楽園、新橋で午後2〜7時まで行われる。

 29日午後2時。決定したばかりの天皇賞の枠順を見て、シンゲンの斎藤吉則助手は納得の表情を浮かべた。「10番。最高の枠だ。真ん中が欲しかった。ちょうどいい」

 もともとゲートに難があるタイプではないが、後からゲートインできる分、奇数より偶数番がいいことは確か。周囲を見ながら進められるので、真ん中の枠は騎手も乗りやすい。すぐに携帯電話で戸田師に報告。「いいんじゃないか」。指揮官からも力強い言葉が出た。好調ムードに加え、枠も味方。悲願の天下獲りへ、また一歩近づいた。

 天皇賞・秋の馬番「10」は何かを起こす枠だ。91年プレクラスニーはメジロマックイーンの1位入線→18着降着で、あっと驚く盾制覇。94年ネーハイシーザーはビワハヤヒデ(レース中に故障5着)に人気が集中する中、2番手から抜け出して初G1を手にした。01年アグネスデジタルは重馬場で、2強テイエムオペラオー、メイショウドトウを外から差し切る強い競馬で頂点を極めた。3頭がねじ伏せた1番人気馬はマックイーン(単勝1・9倍)、ハヤヒデ(1・5倍)、オペラオー(2・1倍)。勝つ時は超大物を倒して…というのが10番ゼッケンの歴史だ。今年も単勝1倍台がありうるウオッカという超大物が控える。ゼッケン「10」の神話がよみがえる舞台装置は整っている。

 天下統一に向け、策も用意した。レース前日、土曜の東京輸送だ。美浦所属馬はレース当日の午前に競馬場へと移動するのが普通だが、あえて1泊して競馬に臨む。「当日輸送では競馬場に着いてからテンションが上がってしまう。エプソムCは勝てたが、1泊して馬を落ち着かせた方がいい」と斎藤助手。競馬場に着けばレースのことで頭がいっぱいになってしまう。一晩空け、クールダウンさせてレースへ。冷静な気持ちで大一番へと臨めるはずだ。

 「気合は入っているが、内に秘めている感じ。落ち着いていて、いい状態」(斎藤助手)。頂点へ、万全の態勢を敷いたシンゲンが、直線でウオッカに襲いかかる。
[ 2009/10/30 13:26 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。