アジュディミツオーが内田博を背にラストラン【競馬ニュース】 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アジュディミツオーが内田博を背にラストラン【競馬ニュース】

アジュディミツオーが内田博を背にラストラン
netkeiba.com - 2009/11/19 13:47

 18日、前日までの雨が止み、晴天に恵まれた船橋競馬場で、無敗の東京ダービー制覇、史上初の東京大賞典連覇、地方馬初のドバイワールドC挑戦、かしわ記念、川崎記念、帝王賞を含む交流GI・5勝を挙げたアジュディミツオー(牡8)の引退式が行われた。

 06年かしわ記念優勝時のゼッケン2番をつけ、内田博幸騎手とのコンビでラストランを行い、スタンド前では現役時を彷彿させる加速で元気一杯なところをアピール。

 ファンの前でガッツポーズを見せた内田博幸騎手は、「一番記憶に残るレースは、初めて勝った東京大賞典。名勝負といえばカネヒキリとの帝王賞だと思います。本当に元気で迫力を感じる馬でした。この馬のお陰で、本当にいろんな経験が出来た。ドバイを含めいろんな場所に行けたし、大きなレースを沢山勝たせてもらったし、記録も達成させてもらった。自分はJRAに移ったけど、JRAでリーディングを取ることが、川島調教師及び馬主さん、関係者への恩返しになると思う。本当に感謝しています」とコメント。

 川島正行調教師は「今日も元気良い走りだった。見ていて涙がこぼれそうになった。種牡馬になっても良い子供を出して欲しいね」とコメントした。

 なお、アジュディミツオーは来春から北海道・新ひだか町のアロースタッドで種牡馬生活をスタートさせる予定。
[ 2009/11/21 04:52 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。