最強の刺客!キングジョージ&米BCターフ連覇のコンデュイット、高速馬場もOK!…29日・ジャパンC 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最強の刺客!キングジョージ&米BCターフ連覇のコンデュイット、高速馬場もOK!…29日・ジャパンC

最強の刺客!キングジョージ&米BCターフ連覇のコンデュイット、高速馬場もOK!…29日・ジャパンC
スポーツ報知 - 2009/11/24 8:00

 今年のジャパンCには、海外から5頭が参戦する。最大の目玉は、英国のコンデュイット。米ブリーダーズCの連覇を果たし、勢いに乗ってやって来た。来年から、日本で種牡馬生活に入ることが決まっており、購入した“マイネル軍団”の総帥・岡田繁幸氏も、お披露目と言えるラストランに、大きな期待を寄せている。

 近年、顔ぶれが小粒になった外国馬。05年のアルカセット以降は勝ち馬は出ていないが、今年はひと味違う。コンデュイットは、過去の海外勢の中でも一、二を争う実績と勢いを持って乗り込んで来た。

 7月の“キングジョージ”で、G13勝目をゲット。さらに、今月7日に行われたブリーダーズCターフで、史上2頭目となる連覇を果たした。最後方から徐々に押し上げると、2番手で迎えた直線で逃げた馬を捕らえ、半馬身差で偉業を達成。下り坂があるため時計の出やすいコース(サンタアニタ競馬場)とはいえ、2分23秒7のタイムでスピード決着を制した実績は、日本の高速馬場で大きな武器になる。

 その後は、いったん地元・英国に帰り、1週間強で再び飛行機で輸送。タフなローテーションだが、クロンビー助手の表情に不安の色はない。「厩務員の都合で帰国したが、馬に影響はない。体調は万全。毛づやが良くなって輝いているのを見て、私自身が驚いたくらい」。23日は、千葉・白井の競馬学校でキャンター。最速で1ハロン15秒程度の内容の調教をこなしたが、見栄えのする馬体が印象に残った。

 管理するスタウト調教師は、英国で“サー”の称号を持つ。ジャパンCには過去9度参戦し、96年シングスピール、97年ピルサドスキーで連覇。その名伯楽が送り込む馬だけに、本気度は高い。「過去に勝った2頭とは、単純に比較はできないが、見劣りはしない。ただ、2頭は完成品として連れて来たのに対し、この馬は競走馬として成長途上。伸びしろがあるので、それ以上という期待も大きいよ」とクロンビー助手は力強く言った。

 来年からは日本で種牡馬入りすることが決定。今回が現役最後のレースになる。「肉体的に強く、レースに対して集中力のあるところがセールスポイント。日本のダービー馬2頭を含め、レベルが高いレースだけど、だからこそ、この馬のパフォーマンスを見せたい」とクロンビー助手。単なる“引退興行”で終わらせるつもりはない。

 [コンデュイットめも]
  ◆英国馬 過去、86年ジュピターアイランド、96年シングスピール、97年ピルサドスキー、05年アルカセットの4頭が優勝。
  ◆ブリーダーズC優勝馬 06年3着のウィジャボード(04、06年BCフィリー&メアターフ)以来の参戦で、計10頭目。JCで勝利を挙げたのは、97年ピルサドスキー(96年BCターフ)のみ。
  ◆目指せボーナス “キングジョージ”、ブリーダーズCターフと対象レースを勝っていることから、優勝なら1億3000万円、2着で5200万円、3着で3250万円の褒賞金を手にすることができる。
[ 2009/11/25 10:15 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。