WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり
サンケイスポーツ - 2009/12/2 17:22

 2日、JRA(日本中央競馬会)は阪神競馬場で5、6日に行われるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の各騎手の騎乗馬を発表した。2日間各2レース、計4レースのポイントで優勝が決まるシリーズは、今年で23回目となり、各騎手にはハンデキャッパーがA〜Dのランク付けした馬が抽選で振り分けられる。

【写真で見る】 初のWSJS地方代表に決定した的場文男騎手

 昨年の覇者、フランスのI・メンディザバル騎手(35)はエリモサリュート(ゴールデンサドルT)、ショウサンウルル(ゴールデンスパーT)、グッドバニヤン(ゴールデンブーツT)、ヤマニンイグナイト(ゴールデンホイップT)に騎乗する。

 また、1992年以来、17年ぶり2回目の優勝を目指す武豊騎手(40)=栗東・フリー=はゴールデンスパーTでアドマイヤミリオンに騎乗する。武豊騎手と“アドマイヤ”勢のコンビと言えば、日本ダービーを制したアドマイヤベガ、エリザベス女王杯2連覇のアドマイヤグルーヴなど数々のGIレースを勝っているが、コンビを組むのは久々で、07年5月13日のヴィクトリアマイル(アドマイヤキッス=3番人気7着)以来、実に2年半ぶりとなる。

 出場騎手は、JRAから関東の内田博幸(39)、横山典弘(41)、関西の武豊(40)、岩田康誠(35)、藤田伸二(37)のリーディング上位騎手に加えて、サマージョッキーズシリーズを制した秋山真一郎(30)が初出場。

 海外からは、レイチェルアレクサンドラの主戦として知られるカルヴィン・ボレル(43)=米=をはじめ、ギャレット・ゴメス(37)=米、イオリッツ・メンディザバル(35)=仏、クリストフ・ルメール(30)=仏、ライアン・ムーア(26)=英、マイケル・キネーン(50)=愛、クレイグ・ウィリアムズ(32)=豪、ダグラス・ホワイト(38)=香=の8人が参戦し、地方競馬からは53歳の大ベテラン、大井の的場文男騎手が出場する。

 なお、来年のWSJSは、30回目を迎えるジャパンCを盛り上げるため、東京競馬場で開催されることが決まっている。
[ 2009/12/03 12:06 ] 騎手 武豊 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。