【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言

【有馬記念】2着ブエナ、来年ドバイ挑戦明言
サンケイスポーツ - 2009/12/28 10:07

 第54回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走16頭)池添謙一騎乗のドリームジャーニーが、宝塚記念に続き秋もグランプリホースに輝いた。2分30秒0(良)。1番人気に推された2冠牝馬ブエナビスタは、初コンビの横山典弘騎手の手綱で好位からという“新境地”の競馬を披露。ジャーニーにかわされてからも離されまいと抵抗。先行勢が総崩れだった流れで2着を確保し、負けて強しを印象づけた。

 ファンの夢を背負い1番人気に支持されたブエナビスタ。早め先頭の積極策でオークス以来の勝利を狙ったが、ドリームジャーニーの末脚に屈し2着。スターロツチ以来49年ぶりの3歳牝馬の優勝は成らなかった。

 〔1〕枠(2)番からのスタートで、初コンビの横山典弘騎手が選んだのは先行策。“勝ちにいくにはこの作戦しかない”という気合の表れでもあった。リーチザクラウンが引っ張る速い流れにも、5番手のインで折り合い、抜群の手応えで直線を迎えた。場内のボルテージは最高潮に達し、多くのファンはブエナのトップゴールを信じて疑わなかった。しかし、外から同じ勝負服のドリームジャーニーにかわされた。

 「よく走ってくれたよ。あれ以上は…。ドリームジャーニーが強かった」。横山典騎手は勝ち馬を称賛する一方で、パートナーを労った。ブエナはGI舞台で古馬の牡馬との対戦は初めてだったが、かわされてからも食い下がり、2着を死守。先行馬総崩れの厳しい展開を考えれば、強さは十分に示した。松田博資調教師も「力は出し切った。走りには満足しているよ。それにしても(ブエナが)差されたのは初めてだよな」とレースぶりに文句はなかった。

 今春の2冠牝馬は、秋は無冠に終わったが、「このあとはドバイのつもり。馬の回復を見てからやけどな」とトレーナーはドバイワールドカップデー(3月27日、メイダン競馬場、レースは未定)への参戦を明言した。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。