「ダーレー」代表、モハメド殿下の所有馬がJRAに初入厩 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ダーレー」代表、モハメド殿下の所有馬がJRAに初入厩

「ダーレー」代表、モハメド殿下の所有馬がJRAに初入厩
サンケイスポーツ - 2010/1/11 9:21

 世界最大の競馬グループ「ダーレー」の代表を務めるモハメド殿下(60)=UAE副大統領、ドバイ首長=の所有馬サスペンスクイーンの07(牡3、父ワイルドラッシュ)が10日、栗東の安田隆厩舎に入厩した。9日には妃であるハヤ夫人のエピックジャーニー(牡3、父アフリート)が野中厩舎に入厩したが、殿下の馬がJRAに入厩するのは初めて。

 モハメド殿下は、海外居住者に中央競馬の馬主資格が認められた09年にハヤ夫人、ハムダン皇太子とともに馬主登録。サスペンスクイーンの07は、08年7月の北海道セレクションセールで、2205万円(税込み)で落札していた。

 「きょう入厩してきたばかりですが、馬格があっていい馬ですよ。モハメド殿下の馬としては第1号ですし、楽しみですね」と、安田隆調教師は笑顔で語った。

[ 2010/01/11 12:11 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。