26期生6人が卒業“異色のサラブレッド”も! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

26期生6人が卒業“異色のサラブレッド”も!

26期生6人が卒業“異色のサラブレッド”も!
スポーツニッポン - 2010/2/10 7:02


 JRA競馬学校騎手課程26期生6人の卒業式が9日、千葉・白井の同校で行われた。

 式典では柴田善臣・騎手クラブ会長が祝辞。「1頭の馬には多くの人が、かかわっていることを忘れずに、ファンが納得する競馬を心がけてください」とエールを送った。

 卒業生・菅原隆一君(17)の父は中央競馬の元騎手で、現在は保田厩舎の調教助手・隆明さん(50)。息子の晴れ姿に「無事にここまで来られてうれしい。とりあえず自分を超えて、長く騎手を続けてほしい」と話していた。

 競馬サークルで育った隆一君だが、異色な経歴があった。子役として銀幕デビュー。映画「らせん」(98年公開)では、JRAナビゲーター佐藤浩市の息子役で競演。08年ダービー当日には偶然、再会し「騎手になったら連絡してよ」と声をかけられたという。隆一君は「これからはプロとして自覚を持って頑張っていきたい」と活躍を誓った。6人は10日に合格発表を受け、3月以降にデビューする。

[ 2010/02/10 09:41 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。