角田晃一騎手が今月で引退、調教師に転身 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

角田晃一騎手が今月で引退、調教師に転身

 日本中央競馬会(JRA)は10日、2010年度の調教師・騎手免許試験の合格者を発表し、01年にジャングルポケットで日本ダービー(GI)を制した角田晃一騎手(39)=栗東・フリー=らが合格したと発表した。角田騎手は今月28日付けで引退する。

 角田騎手は1989年3月4日にミツワシンゲキ(3着)でデビュー。同月18日にヤマニントリガーで初勝利を挙げた。90年にサマンサトウショウでエプソムCを制し、重賞初制覇。91年にはシスタートウショウで桜花賞を制し、GI初制覇を遂げた。

 その後も名馬と巡り合い、94年には安田記念、マイルCSを制したノースフライトと朝日杯3歳Sを制したフジキセキの主戦騎手として活躍。95年にはヒシアケボノ、ビワハイジでGI勝利。01年にはジャングルポケットで悲願の日本ダービー制覇。さらに02年菊花賞などGI3勝を挙げたヒシミラクルの主戦騎手でもあった。重賞は38勝で、そのうちGIが10勝と大舞台に滅法強い騎手でもあった。

 同時に菊沢隆徳騎手(40)=美浦・フリー=も調教師試験に合格し、今月28日付けで騎手を引退する。菊沢騎手は 88年3月5日にジーガーエレン(7着)でデビュー。同月27日にピンナップで初勝利を挙げた。93年にホマレオーカンで愛知杯を制し、重賞初制覇となった。その後も99年にはローゼンカバリーで目黒記念(GII)を制すなど、ここまでJRA重賞10勝を挙げていた。

[ 2010/02/10 17:27 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。