ウオッカ鼻出血再発で電撃引退 「ドバイWC」は断念 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウオッカ鼻出血再発で電撃引退 「ドバイWC」は断念

ウオッカ鼻出血再発で電撃引退 「ドバイWC」は断念

2010年3月7日 紙面から

 ウオッカが電撃引退-。4日、UAEのメイダン競馬場で行われた「マクトゥームチャレンジ・ラウンド3」(G2)で8着に終わったウオッカ(牝6歳、栗東・角居)が6日、正式に現役引退を決めた。レースの30分後に鼻の穴から出血があり、関係者が協議を続けていた。

 ジャパンカップを制した直後と同じ程度の少量で、出走制限を受けるほどの症状ではない。使う気なら、予定通りに本番の「ドバイWC」をラストランにすることも可能だったが、馬の功績と名誉を優先して“勇退”の道を選択した。

 本紙の取材に、角居調教師は「深刻な鼻出血ではないとはいえ、再発はショックです。これほどの馬ですから、万全な状態は望めない以上、走らせるのはかわいそう。ファンには申し訳ありませんが、目標のWCを断念して引退させます」と語った。さらに「彼女のすべてのレースと、過ごした日々がいい思い出です。素晴らしい母になって、きっと立派な子を産んでくれるでしょう」と希代の名牝に感謝の言葉を贈った。

 ウオッカは、牝馬としては64年ぶりの日本ダービー馬となり、その後も安田記念、天皇賞・秋、ジャパンカップで牡の強豪を撃破。通算26戦10勝、G1・7勝。獲得賞金は歴代牝馬トップの13億3356万円余。一昨年、昨年と牝馬としては史上初の2年連続「年度代表馬」に君臨した。

 今後は1カ月程度、英気を養ってからアイルランドに渡り、9戦8勝のシーザスターズ(牡4歳)がけい養されている名門、ギルタウンスタッドで種付けされる。

 シーザスターズは89年のナシュワン以来、20年ぶりに2000ギニー、ダービーの「英2冠」を達成。さらに凱旋門賞も優勝し、G1・6勝をマーク。母アーバンシーも凱旋門賞馬、異父兄ガリレオは英、愛のダービーを制した超名門だ。

 初年度から種付け希望が殺到した中、ウオッカがお相手に選定された。種付け料は8万5000ユーロ(約1100万円)。順調なら、3年後の2013年には、両親のG1Vが合わせて13勝という世紀の名血馬が疾走する。

[ 2010/03/07 11:35 ] あ行の競走馬 ウオッカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。