サウンドバリアー大外一気で桜切符…報知杯FR 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウンドバリアー大外一気で桜切符…報知杯FR

サウンドバリアー大外一気で桜切符…報知杯FR
スポーツ報知 - 2010/3/15 8:01

 ◆第44回報知杯FR・G2(14日、阪神競馬場、芝1400メートル、良) 桜花賞トライアルの第44回報知杯フィリーズレビュー・G2(14日、阪神・芝1400メートル)は、ゴール前で横一線の叩き合いになり、9番人気の1勝馬サウンドバリアー(渡辺)が、大外を伸びて鼻差で勝利をつかんだ。2着は、1番人気のラナンキュラス。3着レディアルバローザまでが、桜花賞・G1(4月11日、阪神・芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。6戦全勝の成績を引っさげて笠松から参戦したラブミーチャンは、果敢に先行したが、12着に沈んだ。

 急坂が待ち構える最後の直線。大外に持ち出されたグレーの馬体が、矢のように伸びた。鞍上が手綱を押すごとに、サウンドバリアーの末脚は加速度を増す。5頭がタイム差なしでゴールした大接戦。上がり34秒8を刻んだ9番人気の伏兵が、鼻差で笑った。

 初めてコンビを組んだ渡辺は、人馬の呼吸を合わせることを心がけていた。後方でリズムを守って直線へ。「4コーナーを回った時の手応えが良かったので、あとは必死に追うだけでした。手応え通り、素晴らしい切れ味を発揮してくれましたね」。馬上で体が前後に揺れるほどの手応えの良さに、勝利を予感していた。

 06年2月のシルクロードS(タマモホットプレイ)以来、4年1か月ぶりの重賞制覇で、区切りの10勝目。昨年11月末に、タレントの水野麗奈さん(28)と結婚したばかりだけに、最高のホワイトデーのプレゼントになったはずだ。

 1歳時、牧場で初めてサウンドバリアーと対面した安達調教師は、かわいらしい顔立ちに心ひかれたという。「べっぴんで、顔が良かったし、その時からいい馬だと思っていた。今回は、折り合いがついたのが大きい。いいレースができた」。最大の課題をクリアしたアグネスデジタル産駒に、優しいまなざしを向けた。

 本番へ、夢が膨らむ勝利。「距離が延びるが、前に馬を置くと切れる脚を使う。パワーがあるので、阪神も合っている」とトレーナーは思いをはせる。関東馬優勢と言われる、今年の桜花賞。春の陽気に包まれた阪神で、西から頼もしい新星が現れた。

 ◆サウンドバリアー 父アグネスデジタル、母スリーピングインシアトル(父シアトルスルー)。牝3歳の芦毛。戦績7戦2勝。総収得賞金6513万8000円。重賞初勝利。生産者・北海道浦河町の笹地牧場。馬主・増田雄一氏。栗東・安達昭夫厩舎所属。

[ 2010/03/15 12:50 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。