【オークス】アパパネ、サンテミリオンが同着V 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オークス】アパパネ、サンテミリオンが同着V

 23日、東京競馬場で「第71回オークス」(GI、芝2400メートル)が行われ、蛯名正義騎手騎乗で1番人気のアパパネ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)と横山典弘騎手騎乗のサンテミリオン(牝3歳、美浦・古賀慎明厩舎)が直線でマッチレース。写真判定の結果、JRA・GI史上初の同着優勝となり、桜花賞馬アパパネは2冠達成、サンテミリオンはGI初制覇となった。タイムは2分29秒9(稍重)。

 3着は8番人気アグネスワルツ(牝3歳、栗東・宮本博厩舎)、4着は11番人気アニメイトバイオ(牝3歳、美浦・牧光二厩舎)、5着は3番人気オウケンサクラ(牝3歳、栗東・音無秀孝厩舎)。また、内田博幸騎手騎乗で2番人気に支持されたショウリュウムーン(牝3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)は直線入り口で手応えをなくし、17着に終わった。

 アパパネは、父キングカメハメハ、母ソルティビッド、母の父Salt Lakeで、JRA通算7戦5勝。重賞は09年阪神JF(GI)、10年桜花賞(GI)に続いて3勝目。蛯名騎手は99年ウメノファイバーに続いてオークス2勝目、国枝調教師はオークス初制覇。

 サンテミリオンは、父ゼンノロブロイ、母モテック、母の父Last Tycoonで、JRA通算5戦4勝。重賞は10年フローラS(GII)に続いて2勝目。横山典騎手、古賀慎調教師はともにオークス初制覇。

 払戻金はアパパネの単勝が210円、サンテミリオンが380円、枠連は(8)-(8)で1750円。馬連は(17)-(18)で1870円、馬単は(17)-(18)が1520円、(18)-(17)が2020円。3連複は(2)-(17)-(18)で1万180円、3連単は(17)-(18)-(2)が2万460円、(18)-(17)-(2)が2万4290円。ワイドは(17)-(18)が900円、(2)-(17)が2020円、(2)-(18)が2020円。


蛯名正義騎手
「負けなくてよかった。距離が不安だとか、いろいろと言われたけど、この馬場(やや重)をこなしてくれて偉い馬だと思う」


国枝栄調教師
「よく頑張ってくれた。たたき合いでぐっと前に出たけど、またサンテミリオンが伸びたので、同着でも負けてさえいなければ、と思っていた」

横山典弘騎手
「ゴールでは有利だと思ったが、際どいと言われて、ひやひやした。今まで2着でつらい思いをしたこともあるから、ほっとしている」


古賀慎明調教師
「GI初勝利なので胸がいっぱいで、まだ実感はありません。ゴールの瞬間は、ひいき目もあって勝ったと思ったけど、同着でほっとしています」






[ 2010/05/23 20:33 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。