FC2ブログ

レッド内田追い比べで力引き出す/秋華賞 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

レッド内田追い比べで力引き出す/秋華賞

 今年の3歳牝馬は春の勢力図に変わりがない、というのが大方の見解。異論はない。ならば、オークスで2番人気に支持されたレッドアゲートも上位馬と差はないはずだ。2000メートル戦は2勝、3着1回で馬券の対象から外れたことがない。人気を落とした今が狙い目だ。

 オークスでは直線で決め手を欠いたが、向正面で5番手から徐々に前に進出していた。つまり先に動いた分だけ脚を使っており、勝負に行った結果の6着だ。さらに、普通なら馬群にのみ込まれそうになるところを、ゴール前で再び盛り返した。あらためて勝負根性のあるところを見せている。田村師も「届かないという印象ではなかったんだけど」と振り返る。勝負付けが済んだとは思わない。0秒4の着差は決定的な差ではない。

 前哨戦の紫苑Sが3着だったことで人気を落としているが、レッドアゲートはたたき良化型。春も中6週あいたフラワーCで2着の後、フローラSで1着ときっちり上昇カーブを描いてきた。今回のローテーションもオークス後に視野に入れており、結果はともかく過程は順調そのものだ。師も「1回使って気合が入ってきた」と大きな上積みを感じている。最終追い切りでは序盤からパートナーと馬体を併せ、最後まで集中した走りを見せた点にも好感が持てる。

 先行馬にとって絶好の6番枠を引き当て、内からすんなり先行できる。直線が短くなる分、内外の追い比べなら内が有利。内田騎手が追えば馬の力を最大限に引き出してくれるはずだ。


By ニッカンスポーツ
[ 2008/10/19 13:32 ] 騎手 内田博幸 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター