FC2ブログ

【秋華賞】ポピーでがっぽり! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【秋華賞】ポピーでがっぽり!

 秋のGI第2弾・秋華賞。開幕戦のスプリンターズS3連単を◎〇▲(5530円)でゲットした本紙・加藤隆宏記者は、オークス馬トールポピーに自信の◎を打った。追い切り採点は『S評価』と状態アップは明らか。前日の前売りでは2番人気だが、秋華賞では2番人気馬が5連勝中とデータも後押し。トールポピーが2冠を達成して3歳牝馬の頂点に立つ!

 欧州ではザルカヴァ(凱旋門賞など7戦不敗)が君臨した3歳牝馬世代だが、日本は傑出馬不在。桜花賞、オークスに続き、秋華賞も波乱になるという前評判だが、◎トールポピーが頭ひとつ抜けていると確信している。

 阪神JFはクビ、オークスはアタマ差の勝利で、前哨戦のローズSは6着に敗退。唯一のGI2勝馬とはいえ、絶対的な存在でないことは確かだが、本命に推す理由はきちんとある。

 ポピーが2歳秋に初勝利をマークしたのは京都の2000メートル戦。陣営の見立ては長距離にも対応できる中距離馬であり、ジャングルポケット×サンデーサイレンスの配合からもそれは納得できる。1600メートルの阪神JFの勝利は、結果的に流れが向いたのが大きい。オークスは内へ斜行して他馬に迷惑をかけたものの、一番長くいい脚を使っていたのがこの馬。2000メートル~2400メートルでこそ、能力を存分に発揮できるタイプなのだ。

 器用なタイプではないので極端なスローペースとなって、瞬発力勝負になるのは嫌だったが、エアパスカル、ブライティアパルスといった逃げ先行馬がいる。緩い流れにはなりにくく、この馬の持久力は十分に発揮できる。

 ローズSはここへの叩き台。インで包まれ動けず、悪い馬場をずっと走らされた。6着は度外視していい。最終追い切りで抜群の切れ味を見せたように1度使った効果は大。仕上がりは万全だ。粘り強い末脚を駆使して、混戦から抜け出し、世代最強の座を射止める。

 レジネッタが相手の筆頭。今回のほうが2400メートルのオークスよりもはるかに条件がいい。あと怖いのは乱戦向きの根性娘マイネレーツェルだろう。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター