“異次元の末脚”レーヴディソール牝馬3冠の器 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“異次元の末脚”レーヴディソール牝馬3冠の器

“異次元の末脚”レーヴディソール牝馬3冠の器
スポニチアネックス - 2011/1/1 7:02

 10年のアパパネに続き、2年連続の3冠牝馬誕生なるか。2011年牝馬クラシック戦線の主役は3戦3勝で2歳女王に輝いたレーヴディソールだ。破壊力満点の末脚は、同じ松田博厩舎の先輩牝馬ブエナビスタを思い起こさせる。

 レーヴディソールは2歳女王決定戦の阪神JFを完勝。最初の4Fが48秒5のスローペースの中、後方からきっちり抜け出してくるのだから地力が違った。上がり3F33秒台をマークしたのはこの馬だけ。福永は「直線では必ず伸びてくる馬なので、心配していなかった」と振り返れば、松田博師は「自信を持っていたから」と笑みを浮かべた。課題のスタートもこれまでの2戦と比べて速く、中団でスムーズに流れに乗れた。ケタ違いの脚力はもちろん、豊富なスタミナと持久力を兼ね備えている点も魅力。今年の牝馬クラシックの最有力候補だ。

 馬体だけを見ればやや非力な点は否めない。全体的に幼さが残り、顔立ちをみればとにかく愛らしい。松田博師が「とても競走馬とは思えん」と苦笑いしながらも、期待の大きさを隠さなかった。可愛い顔をしてレースに出走すれば他馬をまとめて豪快に差し切ってしまう。そのギャップがトレーナーを冗舌にさせるのかも。厩舎の大黒柱であるブエナビスタと並ぶ可能性についても「そうなればええわな」とトレーナーは将来性も含めて答えている。

 今後は順調にいけば、桜花賞トライアルから本番へのローテが濃厚だ。福永が「1つも取りこぼすことなくいきたいと思います」と話す逸材。牝馬3冠を成し遂げたアパパネに続き、2年連続で3冠馬誕生!?そう思えてしまうほどの大物感がこの馬にはある。

[ 2011/01/01 11:16 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。