FC2ブログ

1098万馬券!200円買った男性いた 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

1098万馬券!200円買った男性いた

 重賞レースで夢の1000万馬券が飛び出した。3歳牝馬の3冠最終戦「第13回秋華賞」が19日、京都競馬場で行われ、11番人気の関東馬ブラックエンブレムが最内から鋭く抜け出してG1初制覇。2着に8番人気ムードインディゴ、3着に16番人気プロヴィナージュが入り、3連単1098万2020円はJRA重賞歴代1位の高額配当となった。小島茂之調教師(40)はGI初制覇。騎乗した岩田康誠騎手(34)は通算GI・6勝目を挙げた。

 払戻金がアナウンスされると同時に、4万6660人が詰めかけた京都競馬場のマンモススタンドは悲鳴と絶叫に包まれた。3連単1098万2020円は、07年NHKマイルCのJRA重賞最高配当(同973万9870円)を更新。JRA全レースでも歴代3位に入る高額配当となった。3連単(4)(1)(15)の組み合わせは、4896通り中4275番人気で、的中は6101万1218票中410票(1票100円)。3連単に投じられた総額61億112万1800円の中で、4万1000円分の馬券だけが当たりとなった。

 競馬場、ウインズ別で最多17票の的中馬券が発売されたのが京都競馬場。JRA関係者の話によると、そのうちの2票は仲間数人と来場していたスーツ姿の30代の男性が指定席エリアで購入していた。(15)軸1頭マルチで200円ずつ総流しをかけ、16万3200円の購入額で2196万4040円の配当を得た。グループ買いだったようだ。

 関東地区では東京競馬場の13票的中が最多。7票の的中が出たウインズ浅草に来場していた埼玉県在住の山城大作さん(45)は「僕の3連単馬券はかすりもしなかったが、一獲千金の夢があるから競馬はやめられない。いつかは夢をかなえたい」とため息をもらしていた。

 京都競馬場では26日にもG1レース、菊花賞を開催。皐月賞、ダービー馬が不在で混戦ムードが漂っている。またしても超ド級の万馬券が飛び出すのか。今週の戦国“菊絵巻”も大波乱のドラマが待っているかもしれない。

By スポニチ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター