【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇
デイリースポーツ - 2011/2/14 9:28


 「共同通信杯・G3」(13日、東京)
 ディープインパクト産駒が4頭出走して話題を呼んだが、09年のセレクトセールで1050万円で取引された、ステイゴールド産駒のナカヤマナイトがまとめて撃破し重賞初制覇。インから末脚を伸ばし、先に抜け出していた2着ユニバーサルバンクを首差かわした。3着にディープ産駒のディープサウンド。1番人気で同じくディープ産駒のダノンバラードは、見せ場なく9着に敗れた。
  ◇  ◇
 狙い澄ましたようなイン突きだ。道中は後方で折り合いに専念していたナカヤマナイトが、ラスト1Fで内ラチと馬群の狭いところを突き抜けてゴール。騎士がこん身の一撃で相手を仕留めるような、鮮やかな競馬で重賞初制覇を達成した。
 いつもより後ろの位置取りになったが、柴田善は「ゲートの中でソワソワして、バランス良く出られなかった」と振り返る。イメージとは違う展開になったが、無理をせずに折り合いに専念。それが吉と出た。7戦全ての手綱を取るが「一戦一戦、背中の感触が良くなり、100%の力を出せるようになっている。思っている以上に成長が早い」と愛馬をたたえた。
 “ナカヤマ”の冠で思い出されるのは、昨年の凱旋門賞2着馬ナカヤマフェスタ。ナイトも深い関わりがある。実はナカヤマナイトという名は、ナカヤマフェスタの第2候補だった。ナイトがデビューする前、一昨年の秋に亡くなったフェスタの元オーナー・和泉信子さんが考えた名前。それだけに、信子さんの父であり、フェスタ、ナイトのオーナー・信一さん(84)は感慨深げだ。「(フェスタと)同じステイゴールド産駒ですからね。勝ててうれしいし、オーナーみょう利に尽きます」と笑顔を見せた。
 このあとは皐月賞(4月17日・中山)へ直行する。「あまり数を使いたくないし、これで休めるのはいい。中山と東京で勝ったわけだしね」と、二ノ宮師はクラシックを意識する。良血ディープインパクト産駒を蹴散らした勢いそのままに、クラシック戦線でも大暴れする。



[ 2011/02/14 11:35 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。