FC2ブログ

穴ならこれ!風雲の乱菊王キングリー/菊花賞 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

穴ならこれ!風雲の乱菊王キングリー/菊花賞

 今週は牡馬のクラシック最終戦「第69回菊花賞」が26日行われる。秋華賞は3連単が1000万円を超える超ビッグな配当となったが、今週も穴ならこれ!!とばかり不気味なムードを醸し出しているのがヤマニンキングリーだ。20日も併せ馬で調教、上積み十分の動きを見せて万全の態勢を整えつつある。

 出来が良過ぎて負けた。敗因を語るのに、これほど不思議なフレーズはない。しかし、そうであるとしか言えない敗戦がある。ヤマニンキングリーの前走・神戸新聞杯がそれだった。いつも控えめな河内師が「これほど順調なのは初めて。成長してるし楽しみ」と強気の言葉を吐いたほど。ところが結果は伸びずバテずの8着敗退。河内師がレースを振り返って放った言葉が「具合が良過ぎた」の一言だった。

 「あまり具合が良かったものだから、装鞍所からイレ込んでしまって…」。文句なしの体調ながら、そこは4カ月ぶりの休養明け。気合が乗り過ぎてテンションが高くなってしまったようだ。しかし、次走へつながる敗戦ではあった。体調はキープすればいい。レースを使ったことで調整もしやすくなる。

 「1走してガス抜きができたかな。今は落ち着きが出ていい感じだね」

 変則日程で調教のあった20日、ヤマニンキングリーはCWコースでマチカネカミカゼ(3歳500万)をパートナーにしての併せ馬。道中は折り合いに専念して上がり重点。6F88秒8、ラスト1F12秒3とスムーズな伸びを見せて併入した。1週前には同じ相手に遅れていただけに、動きもグッと良化している。

 「先週は前走時より体重も増えていて、動きが重かったけど、きょう(20日)と今週のひと追いでちょうど良くなるんじゃないかな。折り合いは心配ない馬だし、距離もなんとか持ってくれないかな。レース当日にイレ込みがなければと思っている」

 往年の名騎手・河内師が能力を高く評価するヤマニンキングリー。菊の舞台で王位に上り詰める可能性が広がってきた。

By スポニチ
[ 2008/10/21 09:44 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター