FC2ブログ

カジノドライヴ状態最高!追い切りせず本番へ 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

カジノドライヴ状態最高!追い切りせず本番へ

 米G1ブリーダーズCクラシック(25日、サンタアニタ競馬場)に出走するカジノドライヴ(牡3=藤沢和)は大一番に向けて順調に調整されている。12日の一般戦(サンタアニタ)を快勝した後は、滞在しているハリウッドパーク競馬場のポリトラックで連日キャンター。「馬体の張りツヤがいいし元気いっぱい。馬場もクッションが利いていて走りやすいし、うまく調整できている。5月に勝ったピーターパンSの後よりも体調が良さそうだ」と葛西助手。前走から中1週と間隔が詰まっているため「強い調教は必要ない」との判断で、このまま追い切りをすることなくレースに向かう予定だ。

 ザ石で直前に出走を取り消した6月のベルモントSの際は、連日の雨で馬場が悪化し何度も調教メニューを変更したが、今回のロサンゼルスは晴天続き。「気温もちょうどいいし(馬場など)余計な心配をしないで馬に集中できるから助かる」と西海岸の乾いた気候を歓迎する。

 レースが行われるサンタアニタではなくハリウッドパーク滞在を選択したのも作戦の1つ。両競馬場間の距離は約50キロだが、ハリウッドパークの方が海風が入り3度ほど涼しい。またダンスインザムードが04、06年と2度遠征した場所で「スタッフが慣れたところの方がやりやすい」という藤沢和師の親心もある。連覇を狙うカーリンなどサンタアニタで調整するライバル勢に対し、選択が吉と出るか。21日午後(日本時間22日早朝)注目の枠順が決定する。

By スポニチ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター