ウオッカ、2センチ差の激戦制す! 武豊「感謝の言葉しかない」=天皇賞・秋 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウオッカ、2センチ差の激戦制す! 武豊「感謝の言葉しかない」=天皇賞・秋

 女傑ライバル決戦、ウオッカが2センチ差劇勝! 現役最強馬を決めるJRA秋競馬の大一番、第138回GI天皇賞・秋が2日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、武豊騎乗の1番人気ウオッカ(牝4=角居厩舎)が優勝した。安藤勝己が騎乗する同い年のライバル馬ダイワスカーレット(牝4=松田国厩舎)と壮絶な叩き合いの末、約2センチ退ける激戦V。これでウオッカはGI4勝目、牡牝混合GIは日本ダービー、安田記念に続く3勝目となり、1984年のグレード制導入以降、牝馬による牡牝混合GI3勝は初めての快挙となった。また、ダービー牝馬による天皇賞・秋制覇は1938年のヒサトモ以来70年ぶり。さらに勝ちタイム1分57秒2は、1999年スペシャルウィークがマークした1分58秒0を0秒8上回るレースレコードと、まさしく記録尽くめの優勝となった。

 また、騎乗した武豊は昨年のメイショウサムソンに続く2年連続の天皇賞・秋制覇。この勝利で天皇賞は春・秋を合わせて通算11勝目、歴代単独1位となった。なお、管理する角居勝彦調教師はうれしい初勝利となり、天皇賞トレーナーの仲間入りを果たした。

 一方、今年のダービー&NHKマイルカップを制した変則二冠馬ディープスカイ(牡3=昆厩舎)は、最後の直線でよく追い込んだものの、ダイワスカーレットからクビ差遅れる3着惜敗。敗れはしたが、能力の高さを十分に発揮した。

■10分にも及ぶ写真判定、1着に点ったのは……

10分にも及ぶ写真判定の末、一番上に点ったのは「14」だった【スポーツナビ】 およそ10分に及ぶ写真判定。電光掲示板の1着に「14」が点ると、12万観衆からの地鳴りのような歓声が東京競馬場を包み込んだ。そして、検量室前ではウオッカ陣営から歓喜の拍手と声。勝利を告げられた武豊は「ヨシッ!」と手をパチンと叩き、満開の笑顔でウオッカに駆け寄った。
 「本当に良かった。ホッとしています。ゴールした時はどっちが勝ったか分からなかったですし、祈るような気持ちでした。本当にシビれましたね」

 競馬史に残る女傑対決と言われていたウオッカvs.ダイワスカーレットのライバル物語。その5度目の直接対決となる第138回天皇賞・秋は、これまでの4回をはるかにしのぐ、まさに競馬史上に輝く名勝負として語り継がれていくだろう。大げさではなく、それほどの激戦だった。
 敢然とハナを切ったのは、これが4月GII大阪杯以来の競馬となったダイワスカーレット。前半やや力みながら刻んだラップは1000メートル58秒7のハイペース。ライバルが引っ張るこの流れを武豊は、「ペースが速いな」と感じていたという。
 「東京2000メートルの外枠はいいポジションがとりにくいですからね。スタートして、他馬の出方を見ながら行こうと思っていました。ペースは速かったですけど、こっちはマイペースで行こうと」

■最後の100メートル、女の意地のぶつかり合い!

ウオッカ(左)vs.ダイワスカーレット(右)、残り100メートルからのマッチレース【スポーツナビ】 道中はちょうど中団よりやや前のポジション。少し引っ掛かる素振りを見せながらも、武豊がこれを御し、絶好の手応えのまま最後の直線525メートルへ。すぐ左斜め前には、今年のダービー馬ディープスカイがいる。
 「直線に向くまでは馬なりで。ウオッカのリズムを優先して乗っていました。ディープスカイが斜め前にいたのはたまたまでしたけど、直線に向いてから本当に手応えが良かったですね。あとは追い出しのタイミングだけだと思っていました」
 鞍上が満を持して追い出しにかかると、ウオッカは弾かれたようにグンと加速。まずはディープスカイを斬り捨て、返す刀で前を行く最大のライバルもねじ伏せるだけ。残り100メートルを切り、いったんは前に出たかに見えた。しかし、やはりダイワスカーレットは強い。ウオッカの本当の勝負は、ここからだった。

 「一気に先頭に出たんですけど、目いっぱい走っていたから、あと数十メートルがキツかったですね。さすがダイワスカーレットは強かった」
 力尽きたかに見えたダイワスカーレットが息を吹き返し、ウオッカとまた鼻面を並べる。ゴールまでの数十メートルは、まさに火の出るような叩き合い、しのぎ合い、ライバルとして負けられない女の意地の張り合いだった。

■安堵の武豊「勝てて本当に良かった。同着でもいいと」

「苦しい時間だった」と久々のビッグレース勝利に酔う武豊は、プレゼンターの蒼井優さんとニッコリ【スポーツナビ】 2頭まったく同体のままゴールし、勝負の行方は写真判定へ。およそ10分にも及ぶ長い判定の結果、約2センチ、ウオッカが先にゴールしていた。
 「あそこで踏ん張れるのがウオッカ。折り合いにも若干苦労しましたし、外めを走って距離を多く走っているのに、あの速いタイム。本当によく走ってくれました」
 レース後、武豊はウオッカへの感謝の言葉を並べた。3月の国際GIドバイデューティーフリーで初コンビを組んでから前走までの3戦、いずれも未勝利。「これだけの馬を任されて、正直プレッシャーもありました。でも、勝てて本当に良かったです。同着でもいいと思っていました」と、偽らざる気持ちを明かす。

 また、ウオッカで勝てないだけでなく、武豊は勝利数こそ“指定席”の全国リーディングトップを快走しているが、重賞勝利は少なすぎるとも言える2勝。ビッグレースで勝てない日々が続いただけに、「僕自身、今年は大きいレースでなかなか結果が出せなくて、苦しい時間でした。それをウオッカに助けてもらいました。感謝の言葉しかない」と、最大の賛辞をパートナーに贈った。

■順調ならジャパンカップへ、女傑伝説次なる相手は世界だ

「順調ならジャパンカップへ。ゆっくり落ち着いて馬をつくっていきたい」と角居調教師(左)【スポーツナビ】 この劇勝でウオッカはGI4勝目、牡牝混合GI3勝はグレード制導入以降、牝馬としては初の快挙。現役最強の称号を得るとともに、名実ともに歴史的名牝の座も揺るがないものとした。しかし、この秋はさらなる戦いが控えている。
 「オーナーともう1回相談してからになりますが、順調ならおそらくジャパンカップになると思います」と角居調教師。
 次は世界の強豪が相手、さらに、JCへ向け万全を期すために天皇賞を回避した牡馬最強のGI4勝馬メイショウサムソンもいる。もちろん、ダイワスカーレットとの直接対決も2勝3敗とまだ負け越しており、このまま終わらせるつもりもないだろう。角居調教師は今後へ向けての展望をこう語った。
 「ダイワスカーレットには何度も負けていましたから、ここで負けたらもう次はないと思っていました。まだ折り合いの課題もあるのかなと思いますし、次へ向けて、またゆっくりと落ち着いて(馬を)つくっていきたい」

 ダイワスカーレットからヒロインの座を奪い取り、日本競馬最高の栄誉を手に入れた11.2府中2000メートル「天皇賞・秋」。もちろん今後、主演女優の座を誰にも譲る気はない。次なるウオッカ女傑伝説の舞台は、11.30府中2400メートル「ジャパンカップ」だ。


■負けてなお強し――アンカツ「たいした馬だよ」

2センチ及ばず2着に敗れたダイワスカーレット(右)だったが、約7カ月ぶりの競馬ながら驚異の走りを見せた【スポーツナビ】 「負けてなお強し」という言葉があるが、この日のダイワスカーレットこそ、このフレーズがピタリと当てはまった。4月GII大阪杯以来約7カ月ぶりの競馬ながら、レコードタイムを演出するくらいのハイペース逃走、ゴールまで残り100メートルからの驚異の粘り。これを競り負かしたウオッカは、確かに素晴らしい。しかし、それ以上の強さをダイワスカーレットに感じ取ったファンも数多くいただろう。
 この歴史的激戦の勝者となれなかった安藤勝己は、レース後は「やっぱり悔しいね」と言いつつも、その一方で満足感も漂わせる表情で振り返った。
 「レース後は負けたかなって思っていたし、写真判定になるとも思わなかった。ゴール前の手応えでは3着かな、って思ったくらい。それを、あそこからまた伸びるんだから、たいした馬だよ。本当にすごい」

 安藤勝が正直な印象を語ったように、最後の直線の勢いは完全に外のウオッカであり、ディープスカイ。ラストは新旧ダービー馬の一騎打ちかと思われたが、ダイワスカーレットはそれを許さない。むしろディープスカイに1度も前を行かせず、ウオッカとの大激戦に持ち込んだ。この驚異の持続力こそが真骨頂。7カ月ぶりのぶっつけ大一番で、これだけのレースをするのだから、やはり底知れない力を持った女傑である。

■予定通り有馬記念か、はたまたJCで完全決着か

有馬かJCか……この悔しさを次こそは【スポーツナビ】 ただ、この7カ月ぶりの競馬だったことが2センチ差を生んだ、ともアンカツは冷静に語った。
 「久しぶりだったからやっぱりテンションが高くて、ゲートも良かったんだけど、力みながら走っていた。最初からバーンと行く馬じゃないし、きょうはリラックスしながらのペースじゃない。いつもとちょっと違う感じだった。その分、あとちょっとがね……」
 7カ月もの長期休養明けは、さすがのダイワスカーレットにも微妙な足かせとなってしまったが、それでも勝ったも同然の2着と、改めて現役最強クラスの力はアピールした。当然、次こそは……の期待がかかる。

 次走についてだが、当初発表のとおりなら12月28日のグランプリ有馬記念。同馬を管理する松田国英調教師は「まずは無事であることを確認してから」と、次走に関しての明言を避けたが、この日のレースについては鞍上同様に「3着以下に下がっちゃうような状態から差し返した。本当に力があるなと思いました」と、納得の評価をしている。

 昨年2着に敗れたグランプリで今度こそ優勝を狙うか、それとも急転、ライバル・ウオッカと完全決着をつけるために11月30日ジャパンカップへ出走か。ダイワスカーレットの動向が、この先のGI戦線をさらに盛り上げていくのは間違いない。

■四位「次が楽しみに」、ディープスカイ可能性示す3着惜敗

ウオッカ(左)にタイム差なしで3着に敗れたディープスカイ(右)だが、その可能性を大きく示した敗戦だった【スポーツナビ】 競馬史を代表する女傑2頭とタイム差なしの接戦。しかもマークした1分57秒2は、従来のレコードを0秒8更新する驚愕のタイム。勝負はもちろん勝たなくてはならないが、3着に敗れたとはいえ「良く走った」と賞賛する声が当然で、落胆する必要も恥じる必要もどこにもない。しかし、手綱を取った四位、管理する昆貢調教師の表情に満足感はなかった。
 「ダービー馬として恥ずかしくない競馬はできたと思うけど、悔しいね」
 四位がストレートに悔しさをぶつけた。GIダービーを制した時と同じ1枠からスタートした四位とディープスカイ。春先の競馬とは違い、秋初戦のGII神戸新聞杯と同じように中団前めからの競馬となった。
 「(1、2着との差に)何かあるとしたら、ゲートを出していったので、力みがちょっとあった。最後の直線の手応えは良かったし、一瞬『オッ』と思ったけど」
 さすがにダービーのような後方一気では、ウオッカ、ダイワスカーレットを捕らえられないと判断したか、この馬としては積極的な位置取りの競馬が前半の力みにつながってしまった。

 ただ、繰り返しになるが、この日のタイム差なし3着という結果は、ディープスカイの底知れない可能性を示した敗戦であるとも言える。まだ、成長途上の3歳。この日のようなレースを経験することで中団からの競馬も覚え、次戦以降は追走がスムースになるだろう。脚質が広がるとともに、期待度もさらに広がったことは確実だ。
 「負けたけど、次に楽しみが出てきた」と四位。一方、昆調教師も「位置取りはあれで良かった」とし、「この世代は弱いと言われてきたけど、ダービー馬の力を見せることができた」と、愛馬の能力を再確認。そして、「当初から言っていますが、“次”が最大の目標ですから」と、キッパリ反撃を誓った。
 “次”というのは、11月30日・東京2400メートルが舞台のジャパンカップ。この日の敗戦を大きな糧に、ディープスカイがダービーを制した思い出の舞台でさらなる飛躍を見せる。


スポーツナビ
[ 2008/11/04 00:11 ] あ行の競走馬 ウオッカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。