FC2ブログ

カネヒキリ2年4カ月ぶり復帰 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

カネヒキリ2年4カ月ぶり復帰

 苦難の道を乗り越えて、ついに“砂のディープインパクト”がカムバックする。06年6月の帝王賞(2着)以来、2年4カ月ぶり。GI4勝のカネヒキリ(栗・角居、牡6、父フジキセキ)が、屈腱炎からはい上がってきた。

 「武蔵野Sを目標に帰厩し、順調にきました。先週はジョッキー(武豊)に乗ってもらって感触を確かめてもらった。レース勘というのもあるでしょうが、競馬に向かっていけるように進めています」

 清山調教助手が、かみしめるように言った。3歳秋にジャパンCダートをレコード勝ちするなど、その圧倒的な強さと主戦・武豊、同馬主の勝負服から“砂のディープ”と呼ばれたダート王。4歳初戦のフェブラリーSも圧勝、6月の帝王賞2着の後、右前浅屈腱炎を発症して休養に入っていた。

 5日の追い切りに備え、栗東坂路を4ハロン60秒7で駆け上がったカネヒキリ。「復帰を待っていた。能力は高い馬。どんなレースをしてくれるか楽しみ」と武豊。試練を乗り越えたスターホースの熱い走りを見守りたい。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター