【エリザベス女王杯】雪辱!カワカミが本命 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【エリザベス女王杯】雪辱!カワカミが本命

カワカミプリンセスを本命に推す。府中牝馬Sは休み明けのぶん、差されてしまったが、レース内容は勝ちに等しかった。1度使われて陣営の思惑通りに良化。調教でも抜群の動きを見せており、文句のない状態に仕上がった。3歳時はオークス、秋華賞を連覇し、女王杯も1位入線(12着に降着)。牝馬ではウオッカ、ダイワスカーレットに次ぐ存在といえ、ここは実力の違いを見せつける。ハイレベルな4歳世代の強豪ベッラレイアが相手の筆頭。3歳勢では奥手の血が開花したムードインディゴが一番手だ。

★最新ナマ情報

 《美浦》牡馬混合GIII2勝の5枠9番アルコセニョーラの畠山重調教師は「バッチリ」と理想の枠に笑顔。「あとは前が引っ張ってくれる流れになってくれれば」と話す武士沢騎手は先月30日に入籍し、公私ともにムードが高まっている。

 4枠8番エフティマイアの鹿戸雄調教師は「極端な内や外は嫌だったが、この枠はいいね。あとはジョッキーに任せます」と好感触。1枠2番レッドアゲートの田村調教師は「もらった枠がいい枠と思っています。追い切りは良かったし、とにかくレースで走る気になってほしい」と巻き返しを期待。6枠12番アスクデピュティは「枠に関してはどこでも問題ない。血統的にはGIでも通用する」と伊藤正調教師。

 《栗東》GI2勝で実績最上位のカワカミプリンセスは7枠15番。「相手の出方をうかがえる理想的な枠。普通に回ってくれば結果はついてくるはず」と西浦調教師は悠然と構える。14日早朝は角馬場からBコース。落ち着きのある走りで、筋肉は張り詰めている。

 府中牝馬S3着のベッラレイアは7枠13番。「逃げなければいけない馬でもないし、枠はどこでもよかった」と秋山騎手。坂路を4ハロン66秒6で登り「体はスッキリ。雨だけが心配」と平田調教師は天候を気にかける。

 半姉アドマイヤグルーヴに続く姉妹制覇を狙うポルトフィーノは3枠5番。「経済コースを通れるいい枠」と清山調教助手は歓迎だ。

 木曜に追い切ったリトルアマポーラはDWコースをキャンターと意欲的。8枠16番を引き、影山調教助手は「雨が降れば悪いところを通らされるよりいい」と前向きに捕らえる。

 桜花賞馬レジネッタは8枠18番と大外枠。「うまく立ち回れる馬なので、できれば内がよかったが…。まあ、雨が降るようだとむしろ外でもいいかも」と小牧太騎手は気を取り直す。

 三浦騎手が乗る関東馬ビエンナーレは坂路から角馬場でじっくり。2枠3番に「前に行きやすいので自分としては内枠でよかった」と安瀬調教厩務員。ムードインディゴは6枠11番。「雨が降れば内が荒れそうなので、できれば外めが欲しかった。ここなら」と友道調教師は納得の表情。

 4枠7番マイネレーツェルは坂路2本。「ゲートに入って少ししてから落ち着く馬なので、(先に入れる)これくらいの枠でいい。」と五十嵐調教師は笑顔だ。

 宮厩舎2頭はレインダンスが1枠1番、コスモプラチナは7枠14番。「レインは内でも問題ないが、雨が降ると内が悪くなるのは心配。コスモは行くつもりなのでどこでもよかった」と宮調教師。

 8枠17番トウカイルナは「外枠ならばもまれないのでいい」と田所秀調教師。5枠10番ピサノジュバンは「後入れの偶数枠なので、いいんじゃないですか。あとは力関係がどうかですね」と浜中騎手。

 《京都競馬場》3枠6番のトレラピッドはこの日、残り3ハロンあたりからピッチをあげて、41秒0-12秒1でフィニッシュ。直線は仕掛ける程度だったものの、しっかりとした脚さばきで気配の良さがうかがえた。2枠4番のフェアブリーズはこの日、終い重点ながらラスト1ハロン11秒5をマーク。「今朝のけいこはセーブしたけど、気持ちよさそうに走っていたね」とボンホフ厩務員。前走のオペラ賞は14着に大敗したが、「今度は乗り慣れたジョッキー(ヘルフェンバイン)だし、雨が降って馬場が柔らかくなってくれれば」(同厩務員)。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。