カワカミ2着 ノリ「相手が悪かった」/エ女王杯 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カワカミ2着 ノリ「相手が悪かった」/エ女王杯

 力は出し切った。強さも見せた。ただ、今回ばかりは相手が一枚上だった。一昨年の1着降着の悪夢を振り払うべく、万全の態勢で臨んだカワカミプリンセスだったが、先に抜け出したリトルアマポーラを最後までかわせず、1馬身半差の2着に敗れた。

 「よく走っている。相手が悪かったね。これまで対戦していなかったし“負けるならこれかな”と思っていたけど、悪い予感が当たってしまった。でも、一時不振だった時を思えば、これからチャンスはいっぱいある」。横山典が悔しさを押し殺すようにサバサバと振り返った。

 レース運びは文句なし。空馬に惑わされることなく6番手付近で自分のペースを守った。4コーナーでの外への持ち出しも絶妙。直線でも伸びていた。だが、道中で終始前にいたリトルアマポーラを最後までとらえることができなかった。

 負けて悔いなし。西浦師も意外なくらいすっきりした表情だ。「最高のレースをしてくれた。出来も最高。勝ち馬とは重量の2キロ差もあったし、これで負けたら納得です」。休み明けの前走から10キロ減。パワフルな馬体はギュッと絞り上げられた。2人引きのパドックではグイグイと首を前へと突き出し、最高の気合を誇示していた。ウオッカとダイワスカーレットがいないなら、主役は私。馬がそう主張しているようにも見えた。

 「今後は馬の状態を見て有馬記念(12月28日、中山)を目指したい」と締めくくった西浦師。完全復活した5歳世代の女王。もちろん、暮れの大一番でも有力候補となる。

By スポニチ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。