FC2ブログ

【マイルCS】ホーネット悲願のGI制覇へ 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【マイルCS】ホーネット悲願のGI制覇へ

 人馬が悲願のGI制覇へ! 人気馬や前年の好走馬が強いことで知られる今週のマイルチャンピオンシップで、1番人気に推されそうなのは昨年の2着馬スーパーホーネットだ。鞍上・藤岡佑介騎手(22)=フリー=ともども、初のGI制覇がかかる一戦。毎日王冠でウオッカに完勝した勢いに乗って、戴冠を狙う。

 “歴史は繰り返す”を地でいく伝統を積み重ねてきたマイルチャンピオンシップ。その傾向からすれば、人気でもスーパーホーネットに逆らうことはできない。毎日王冠でウオッカを完封した勢いに乗って、悲願のGI制覇を目指す。

 「ボク自身、この馬はすごく強いと思っていました。だから前走で“これだけ強いんだ! というところを皆さんに見ていただけたと思います」

 主戦・藤岡佑騎手が胸を張る。着差はアタマ差だったが、逃げるウオッカを視野にとらえてレースを運び、ゴールではスタンドに右手を突き出すパフォーマンス。後の天皇賞馬を相手にした余裕のVは、GIに向けていよいよ機は熟したという印象を与えた。

 そのスーパーホーネットを後押しするのが、データだ。これほど“リピーター”率の高いGIもないだろう。創設以来24年で、12頭が2度以上複勝圏内に絡んでいる。昨年の2着馬が戴冠の最短距離にいることは間違いない。

 続けて好走していた馬はマイルのスペシャリストばかり。そこに加えて、「力のある馬が力を出しやすいコース」(藤岡佑騎手)である京都の外回りコースが力勝負を生み出す。一時不振だった1番人気馬が近年再び活躍するようになっているのも心強い。加えて、その年の毎日王冠馬がマイルCSに出走した場合、8頭中4頭がV、残り4頭も4着以内というデータもある。

 「たくさん一緒に走ってきたので、思い入れが強いんです。安田記念(1番人気で8着)は勝ちを意識しすぎましたが、まだ人馬ともにGIを勝っていないし、攻める気持ちを忘れずに競馬をしたいですね」

 コンビを組んで今回が12戦目。悲願達成に向けて、藤岡佑も言葉に力を込めた。一昨年9着、昨年2着のスーパーホーネットが、3度目の正直で大願成就を目指す。


By サンスポ
[ 2008/11/18 06:21 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター