【東スポ杯2歳S】9番人気フェスタ大金星 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【東スポ杯2歳S】9番人気フェスタ大金星

 第13回東京スポーツ杯2歳S(22日、東京11R、GIII、2歳オープン、馬齢、芝1800メートル、1着本賞金3200万円=出走14頭)蛯名正義騎乗の9番人気ナカヤマフェスタが、好位追走から1番人気ブレイクランアウトとの叩き合いを制してV。新馬戦→重賞連勝の快挙を遂げた。1分47秒7(良)。次走は未定。

 グッと突き出したクビの差を、決して抜かせない。抜群の勝負根性を見せたナカヤマフェスタが、大本命をねじ伏せる金星だ。

 「流れに乗れて折り合いがついたし、後ろから来ても並ばれてからの勝負根性がありましたね。まだ2戦目で大したものですよ」

 蛯名騎手が褒め称えるように、好位の外めを追走して、直線は追い出しを待つ余裕。返し馬やゴール後に止まろうとしない激しい気性の持ち主だが、「それが実戦でいい方に出ている」とマサヨシは評価する。

 「いいところがあったら(朝日杯挑戦を)考えようと思ったけれど、ありすぎたのでじっくり考えます」と笑みを浮かべる二ノ宮敬宇調教師は、想像以上の好走に軌道修正を表明。朝日杯FS(12月21日、中山、GI、芝1600メートル)挑戦は白紙に戻されたが、クラシックに向けて楽しみな若駒の登場だ。23日のマイルCSにもショウナンアルバで挑む二ノ宮&蛯名コンビ。「もっと気難しい馬だけど、頑張りますよ」と爽快な笑顔を残してマサヨシは京都へ旅立っていった。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。