FC2ブログ

【JCダート】カジノ遠征反動なし12秒2 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【JCダート】カジノ遠征反動なし12秒2

 JCダートに登録しているカジノドライヴ(美・藤沢和、牡3)が26日、輸入検疫中の阪神競馬場で1週前追い切りを行った。レーティングによる出走順位で4位となり、賞金順最下位(41位)から“逆転出走”が可能となったカジノ。新装・JCダートの目玉となりそうだ。

 BCクラシックで初めて味わった12着大敗。そのショックを引きずることなく、カジノドライヴはJCダートの舞台となる阪神競馬場で躍動感あふれる動きを披露した。

 北村宏騎手(レースは安藤勝騎手)を背に、ともに米国遠征したシャンパンスコール(牡3、500万下)を4馬身ほど追走。4コーナー手前で並びかけると、最後は鼻づらを並べてゴール。6ハロン78秒8-63秒5-50秒6-37秒7-12秒2を馬なりでマークした。

 藤沢和調教師は「予定より時計ひとつくらい速かったけど、元気のいい証拠。前走のあとは少しバテていたが、アメリカに少し残っていたので、かえって疲れが取れたみたい」と元気いっぱいの愛馬を確認してホッとした表情。騎乗した北村宏騎手も「終いの反応も良かった。追い切り後もすぐ息が整っていましたよ」と好感触を伝えた。

 前走の敗因はオールウェザー(AW)コースに尽きる。「(2走前の)一般戦でAWを勝ったとはいえ、最後は引き離せなかった。ダートでは底を見せていないし、期待は大きい」と藤沢和師が話すように、“砂”のレースでは新馬戦、ピーターパンSともに圧勝している。「準オープンの身だけど、レーティングで出られた。出られなかった馬のためにも、恥ずかしくない状態で頑張りたい」とトレーナーは好レースを誓った。

 来週は安藤勝騎手が跨り追い切りが行われる予定のカジノ。阪神で行われる新装JCダートを大いに盛り上げる。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター